この記事は 2 分で読めます

オプトアウトとは|営利目的のメールを配信する際に注意すべき法律を解説

URLをコピーする

オプトアウトという言葉をご存知ですか?オプトアウトに関する知識がなければ、営利目的のメールを配信する際に知らぬ間に法律を犯してしまう可能性があります。
そこで今回は、オプトアウトに関する解説と、営利目的のメールを配信する際に気を付けるべき法律の説明を行います。

オプトアウトとは、ユーザーの承諾を受けずに営利目的のメールを配信すること

オプトアウトとは、ユーザーからメール受信の許可を得ずに、営利目的のメールを配信することです。また、ユーザーが営利目的のメールの受け取りを拒否し、配信を停止することもオプトアウトと呼ばれます。選択するという意味の「opt」と、外に出るという意味の「out」から「会員を脱退する」という意味を持ちます。

オプトアウト方式で営利目的のメールを配信することは、現在法律で禁じられているため注意しましょう。

オプトインとは、ユーザーの承諾を受けた場合にのみ営利目的のメールを配信すること

オプトインとは、ユーザーからの受信許可を得た場合にのみ、営利目的のメールを配信することであり、オプトアウトの対義語に当たります。つまり、オプトインではユーザーが主体として受信し、オプトアウトでは法人が主体として配信するという点で異なっています。

日本では、営利目的のメールを配信する際にはオプトインの方式に従う必要があるので頭に入れておきましょう。
オプトインに関する詳細は、以下の記事をご覧ください。

合わせて読みたい記事
オプトインとは?宣伝メール配信時の注意点やポイントを解説「オプトイン」という言葉をご存知でしょうか? 広告・宣伝メールを行う企業の場合、「オプトイン」を正しく理解できていないと法律を犯してし...

オプトアウトは、「特定電子メールの送信の適正化等に関する法律」で厳しく規制されている

「特定電子メールの送信の適正化等に関する法律」とは、迷惑メールを制限するための規制が示された法律で、世間では「迷惑メール法」と呼ばれています。特定電子メール法には、ユーザーが望まない営利目的のメールを対象として、義務や罰則などが記載されています。

特定電子メール法は、2002年に施行された後、複数回の改正が行われています。そのため、法律に遵守できているかを定期的に確認することが大切です。

特定電子メールとは、営利を目的として送信する広告・宣伝メールのこと

特定電子メールとは、団体および個人が製品・サービスの広告や宣伝を目的として配信するメールを指します。また、広告や宣伝目的でWebサイトへのリンクを添付したメールも特定電子メールの対象です。

加えて、電話番号を用いたSMSでのやりとりや、海外から送信される広告・宣伝メールも対象になっているため注意しましょう。

営利目的のメールは、原則オプトイン方式でのみ配信が可能

2008年に行われた特定電子メール法の改訂で、営利目的のメールをオプトアウト方式で配信することが原則禁止となりました。これにより、営利目的のメールはオプトイン方式でのみ配信が許可されるため、ユーザーからの承諾が必須になります。

営利目的のメールを配信する際に生じる主な義務

営利目的のメールを配信するには、オプトイン方式をとること以外にも様々な義務が生じます。まず、ユーザーから承諾を得る際には、同意に関する説明を分かりやすく示さなければなりません。ユーザーに不親切な説明だと判断されると罰則の対象となるので注意しましょう。また、承諾を得たときの記録を保持することも義務の一つです。

さらに、営利目的のメールを送受信する際には、送信者の氏名や住所などの送信者情報に加えて、問い合わせ先である電話番号やメールアドレスの明記が義務付けられています。オプトアウトするためのWebサイトのリンクや連絡先を添付することにも留意しましょう。

違反行為への罰則

特定電子メール法では、オプトアウト方式で営利目的のメールを配信したり、送信者情報を明記しないなど義務違反があったりする場合には処罰の対象となります。メール受信の同意を得ていないユーザーに営利目的のメールを配信した場合には、百万円以下の罰金が科せられます。

特定電子メール法(特定電子メールの送信の適正化等に関する法律)についての詳細は、以下の記事をご参照ください。

合わせて読みたい記事
特定電子メール法とは|メルマガ運用で守るべきポイントを解説「特定電子メール法」についてご存知ですか?特定電子メール法はメルマガ配信をする上で知っておくべき重要な法律です。 この記事では、特...

営利目的のメールを送信する際に注意すべき法律

個人情報保護法

個人情報保護法は、個人情報を扱う際には必ず遵守しなければならない法律ですが、営利目的のメールを配信する際には特に気を使わなければなりません。オプトインを取得する際には、個人情報を利用する目的や、本人の承諾なしに第三者に個人情報を提供しないことを明示する必要があります。

また、各メールアドレスも個人を識別できるようなものは個人情報保護法の対象であるため、メールを一斉送信する場合には受信者に他の人のメールアドレスが見えないようBCCに設定しましょう。

特定商取引法

特定商取引法とは、消費者が消費活動を行う際に悪質な不利益を被らないようにするための法律で、訪問販売や電話勧誘、マルチ商法などに関する制限が記載されています。

特定商取引法では、営利目的のメールに対する規制として、通信販売の広告メールが対象となっています。通信販売による広告メールを配信する際にもオプトインが求められ、ユーザーからの承諾を受けなければなりません。

マーケティングおすすめの記事

2020年7月22日

【マーケティングに必須】市場分析とは?フレームワークも併せて紹介

2020年4月28日

製品戦略(プロダクト戦略)とは?具体的なフレームワークも紹介

2018年8月1日

無料のマーケティングオートメーション(MA)ツール4選!簡単に使いこなそう