この記事は 2 分で読めます

経営戦略を解説|基礎知識や策定する際のポイントを紹介

URLをコピーする

皆さんは経営戦略の目的や、必要とされている理由をご存知でしょうか?変化の多い時代を生き残るためには、経営戦略の立案が不可欠です。

今回は、経営戦略の基礎知識や、策定する際に留意すべきポイントを紹介します。

経営戦略とは、企業の長期的な経営目標を達成するために定める方針のこと

経営戦略とは、企業が中長期的な経営目的・目標を達成するために定める方針や計画を指します。会社が保有するヒト・モノ・カネという経営資源には限りがあります。経営目的・目標を達成するためには、それらを可能な限り有効活用しなければなりません。よって、経営戦略は経営資源を最適に分配し、有効活用するための指針となります。

また、綿密な経営戦略を立てることで、従業員に企業の目標を共有でき、モチベーション向上につながります。そのほか、社外にも企業の姿勢を示せるため、共感や理解を得て支援を得ることも可能となります。

経営戦略が必要とされる背景

従来は高度経済成長期や人口増加などから、高品質で低単価な商品の大量生産・販売というビジネスモデルが成り立っていました。そのため、自社の分析に基づいた経営戦略がなくとも企業を存続させることが可能でした。

しかし近年では、グローバル化やITの普及、ニーズの多様化など、市場の変化のスピードと複雑性が加速度的に増しています。そういった中で企業が生き残るためには、自らの強みや競合他社・市場の状況を把握し、行うべき事業の優先順位を付けた上でしっかりとした戦略を立案する必要があるのです。

経営戦略の3段階

経営戦略は、対象・範囲などから企業戦略、事業戦略、機能別戦略の3段階に分けられます。

上図のように、企業戦略をもとに事業戦略を決定し、それをさらに細分化して機能別戦略を立案します

企業戦略

企業戦略とは、会社の方向性を定める中長期的な戦略です。全社戦略や成長戦略、企業戦略と言われることもあります。経営戦略の軸となる戦略であり、経営ビジョンや重視する事業の領域、経営資源の配分方針などを決定します。

事業戦略

事業戦略とは、それぞれの事業ごとに立てる戦略を指します。近年、企業では事業の多角化や事業部制の導入が増加したことから、各事業ごとの経営戦略が重要視されています。こういった背景があり、事業戦略という概念が生み出されました。

事業戦略では、企業戦略を踏まえた上でターゲットや提供する商材の設定、市場・顧客の分析と戦略立案、事業モデルの設定などを行います。なお、単一の事業のみを行う企業であれば、企業戦略と事業戦略は同一のものとなる場合もあります。

機能別戦略

機能別戦略は機能戦略とも呼ばれ、社内の営業や生産、物流といった機能レベルの経営戦略のことを指します。事業戦略を踏まえた上で、機能間で整合性の取れた戦略とすることが重要です。

また、機能別戦略は事業戦略・企業戦略達成の基盤となるため、細部まで詳しく定める必要があります。

経営戦略を策定する際のポイント

優先順位を決定する

資金や人材などの経営資源には限りがあるため、より大きなリターンが得られるものに投資する必要があります。そのため、経営戦略を策定する際は、まず解決すべき課題に優先順位を付けることがポイントとなります。優先順位が高い課題を解決でき、かつビジョンや中期目標も達成できるように経営戦略を組み立てましょう

経営理念に基づいたものにする

経営理念とは、企業が事業を通して何を実現したいかということを定めたものです。経営戦略は企業の目的、つまり経営理念の実現を目的として立てるものであるため、必ず経営理念に基づいたものでなくてはなりません

もし経営理念が明確でない場合は、まず経営理念を固めてから経営戦略を立案する必要があります。

必要に応じてIT投資を行う

自社に合ったIT設備を取り入れることで、業務効率化や販売力の向上につながります。例えば、営業支援ツールや顧客管理システムを導入すれば、業務効率化や成約率増加が見込めます。

導入には大きなコストがかかることから、慎重な見極めが必要になりますが、うまく取り入れれば大きなメリットが得られるため、経営戦略に盛り込むとよいでしょう。

ダウンロード ダウンロード
ダウンロード

まずはこれだけ。新規開拓営業を始める時の心得

無料でダウンロードするために
以下のフォーム項目にご入力くださいませ。

ビジネススキル・知識おすすめの記事

2020年9月17日

【新人必見!】効率のよい仕事の進め方とは?手順に沿って紹介します

2020年3月24日

ビジネスにおける定量分析とは?定性分析との違いも解説

2018年10月1日

無料の営業日報用アプリ・ツール5選!課題を見える化して売上を伸ばそう