Webマーケティング

ランディングページの特徴と集客効果を高めるポイントを紹介します!

ランディングページという言葉を聞いたことはあるけれど、どのようなものか分からないという方もいらっしゃるのではないでしょうか?

今回は、ランディングページのメリットと、どのようなランディングページを作成すれば効果的な集客ができるかについて紹介します。

ランディングページとは、問い合わせを促すための独立したページのこと

広義のランディングページは、ユーザーが最初に訪問するWebページのことです。また、狭義ではWeb広告から飛べる、縦長1ページで問合せ・資料請求・購入を促す独立したページのことです。購入してもらいたい商品と関係ないことは書かず、訪問者に商品を詳しく見てもらえるように作成します。今回は、狭義の意味でのランディングページについて紹介します。

ランディングページとホームページはよく混同されますが、「1ページだけで構成されているものはランディングページ」、「複数のページで構成されているものはホームページ」という違いがあります。

ランディングページ ホームページ
ページ数 1ページ 複数ページ
目的 集客数を増やす 情報提供
集客方法 検索エンジン Web広告

 

あわせて読みたい
ホームページと何が違う?ランディングページ(LP)の目的とは?皆さんは「ランディングページ(LP)」をご存知ですか?LPとは、広告やSNSのリンクから流入したユーザに向けて作成されたページのことです...

ランディングページの役割

ランディングページは、ユーザーに行動を起こさせるために、興味を喚起する広告としての役割を持つページです。そこで、ユーザーに離脱されないように、あえてリンクは必要最低限にとどめ1ページで完結させる必要があります。

ランディングページの特徴

・縦長のレイアウト
通常のページだと、読者は知りたい情報をページ内から探し出す手間ができ、途中離脱してしまう恐れがあります。ランディングページは訪問者に伝えたい内容を縦長の1ページにまとめているので、他のページに移ることなく必要な全ての情報を得られるというメリットがあります。

・他ページへのリンクが少ない
1ページで問合せ・資料請求・購入を促すコンバージョンを目的としているので、他のページのリンクが少ない点が特徴です。ただし、問い合わせを得るためには入力フォームへの記入が必要なので、リンク先は入力フォームの1箇所に限定しましょう。

・派手でインパクトが大きい
ランディングページにはレイアウトの制限が無いため、イメージ画像を利用したり、文字サイズの調整をしたりできるので訪問者に強いインパクトを与えられます。通常ページよりも訴求力が高いのでコンバージョンを獲得しやすい点がメリットがあります。

ランディングページをまとめたサイトを紹介します。ランディングページ作成の際に参考にしてみてください。
(参考リンク:「ランディングページ集めました。」http://lp-web.com/

効果を高められるランディングページのポイント

目的に合わせたページを作成する

ユーザが持つニーズに最適化したページを作るためには、商品やサービスの特性、目的に応じてページのレイアウトや構成を変える必要があります。

目的 レイアウト・構成
【BtoC】商品を売りたい 写真や画像が多く商品情報に特化している
【BtoB】商品を売りたい 商品の機能や特徴などが比較できる
サービスを売りたい サービスによいイメージを与える写真が多い
【無料】会員数を増やしたい 情報量が少なく短い
【有料】会員数を増やしたい 説明が多く長い
資料請求を増やしたい 簡潔な説明で興味を喚起する

通常ページとランディングページの連携を行う

通常ページとランディングページを組み合わせ構成すると、全体のコンバージョン率をあげることができます。通常ページはSEOに強いため集客力に特化したものを設置し、ランディングページは訪問者にアクションを起こしてもらえるようにしましょう。

例えば、教育系のコンテンツなどはページの閲覧のみで満足することが多く、問い合わせや注文に結びつけづらいというデメリットがあります。そのため、教育系コンテンツの下部にランディングページへ誘導するボタンを設置すると、注文やお問い合わせの獲得につながります。

スマートフォンでの閲覧に対応する

スマートフォンが普及している昨今では、ランディングページがスマートフォンでの閲覧に対応していることが重要です。

スマートフォンに対応していないと、ページが見にくく訪問者が途中で離脱してしまうため、コンバージョンを獲得できなくなります。

現状を把握しページの改善を行う

ユーザーの行動パターンを分析し、離脱につながっているボトルネック箇所を把握しましょう。離脱が多いコンテンツの配置変更や、離脱箇所でのコンテンツの追加などページの修正を行います。

一般的に訪問数1,000~3,000前後を目安に改善を行うとよいでしょう。

あわせて読みたい
コンバージョン率を向上させる!ランディングページの具体的な改善方法を紹介マーケッターの皆さんは、ランディングページ(LP)を日々改善していますか? もしLPを改善せずに放置しておくのは非常にもったいないです...

 

まとめ

いかがでしたか?

今回は、ランディングページの特徴と集客効果を高めるためのポイントを紹介しました。コンバージョンを得るために、ページのレイアウトなどのデザインを工夫しましょう。現状を把握し修正を繰り返すことでコンバージョンが上がります。この記事をランディングページの作成の参考にしてみてください。

新規営業の業務効率化にお困りではありませんか?
5万社以上が活用する企業情報サービスで、時間や手間を削減しましょう!