ビジネスマナー

営業メールの5つのポイント!アポが取れるメールを作るには

電子化の時代、メールで営業を行っている企業も少なくないのではないでしょうか。
効率のいい営業メールですが、「どうやったら返信がくるのか?」「どうやったら読んでもらえるのか?」など悩みも尽きないはず。
今回はそんな営業メールのポイントをご紹介します!

営業メールのポイント5つ

件名はわかりやすく読みたくなるようなものを

件名はメールボックス内で一番最初に目につくものです。それゆえ、開封されるかどうかも件名によって決まると言っていいでしょう。

件名は、本文の内容が一目でわかるようなものにしたうえで、なるべく短くするように心がけましょう。
営業メールの場合は、「『○○(商品名)』快適夏スーツのご提案」のように、商品名や印象的なフレーズを盛り込むなどして、相手にしっかりアピールし、読みたくなるようなものを考えましょう。

本文は簡潔に

メールは好きな時に読めるものですが、それゆえ「必要ない」とか「読むのが面倒」などと判断されたものは後回しにされるか、最悪読んでもらえません。
本文は言いたいことをなるべく2,3個にまとめ、一文は短く簡潔に書くようにしましょう。できるならスクロールすることなく一画面に収まるボリュームで書くのが理想的です。

特に、アウトバウンドの営業メールの場合、商品やサービスを売り出そうとしすぎて、文量が多くなってしまいがちです。要点をまとめて、シンプルな言葉で相手に伝えることが大切です。

初めて営業メールを送る相手にはきちんとした挨拶を

初めてメールを送る取引先などには、そのメールが第一印象ですので、きちんとした挨拶やマナーを心がけて送りましょう。

まず冒頭には「はじめてご連絡させていただきます」などの断りの文面が必須です。
そのあとには自分の所属と名前を明記し、素性を明らかにします。
自己紹介を終えてから、簡潔に本文を書くようにしましょう。

ここで注意したいのは、件名です。「はじめまして」のみだとスパムと勘違いされてしまうおそれがあります。なるべく「はじめまして」などの単語は使用せず、かわりに会社名と名前を表記しましょう。

相手のニーズを把握しそれに合わせた内容にする

営業メールにありがちなのが、自社製品を売り込もうとしすぎて、相手の目線に立てていない内容になっていることです。ただ、アピールばかりしてもそれがどう相手の役に立つのか伝わらなければ意味がありません。

ですから、メールを送る前にある程度相手のニーズを把握しておくことが大切です。
どのような事業を展開しているのか、そこでどのような悩みや課題を抱えているのか。
事前にリサーチできるだけしておくことで、そこに直接響くアピール文が書け、それだけ返信率も高くなるでしょう。
相手にとって自社商品はどうメリットがあるのか?を一番に考えてメールを作成しましょう。

アポ取りの際はこちらから候補日を提示する

メールでアポイントを取りたい場合は、必ずこちらから3~4個ほどの候補日を提示しましょう。

選択肢を提示して「ご都合の良い日をお選びください」と表記することで、向こうも予定を合わせやすくなります。また、その方がアポイントを断られる可能性も減るという利点があります。

 

営業メールの例文

初めてメールを送る場合

件名:『○○(商品名)』に関するご提案【株式会社□□ 田中太郎】

本文:
株式会社△△
ご担当者様

突然のご連絡失礼いたします。
株式会社□□営業部の田中と申します。

この度、貴社のウェブサイトを拝見し、
貴社の事業においてぜひとも
弊社の『○○(商品名)』をご活用いただきたく
ご連絡いたしました次第です。

弊社が提供する『○○(商品名)』は
~~のようなメリットがあり
~~のような実績があります。

貴社の△△事業においても
~~のようにお役に立てるかと存じます。

よろしければ、ぜひ一度
お話をさせていただくお時間を頂戴できますと幸いです。

突然の不躾なご連絡で大変申し訳ありませんが、
何卒よろしくお願い申し上げます。

==============================
株式会社□□ 営業部
田中 太郎
〒123-4567 △△市
TEL:12-3456-7890 / FAX:12-3456-7890
携帯電話番号:12-3456-7890
Mail:abc@defg.co.jp

アポ取りをする場合

件名:『○○(商品名)』のご提案とアポイントのお願い【株式会社□□ 田中太郎】

本文:
株式会社△△
鈴木様

お世話になっております
株式会社□□営業部の田中です。

先日は展示会にてお時間を頂戴し
誠にありがとうございました

その際にお伺いした貴社の
~~という課題に関して
弊社の『○○(商品名)』がお役に立てるかと思い
ご連絡いたしました。

よろしければぜひ一度
お時間を取らせていただいて
ご説明できればと思っております。

下記日時のご都合はいかがでしょうか?
なおご説明には一時間ほどを予定しております。

・○月×日(曜日) 00:00〜00:00
・○月×日(曜日) 00:00〜00:00
・○月×日(曜日) 00:00〜00:00

当日は『○○(商品名)』の詳細と
貴社でのご活用イメージなどを
お伝えしたいと考えております。

上記日程で差し障りがございましたら、
大変お手数ですがご都合の良い日程を
お知らせいただければ幸いでございます。

ご多忙の折大変恐縮ですが、
どうぞよろしくお願いいたします。

==============================
株式会社□□ 営業部
田中 太郎
〒123-4567 △△市
TEL:12-3456-7890 / FAX:12-3456-7890
携帯電話番号:12-3456-7890
Mail:abc@defg.co.jp

お礼メールの場合

件名:昨日のアポイントのお礼【株式会社□□ 田中太郎】

本文:
株式会社△△
鈴木様

お世話になっております
株式会社□□営業部の田中です。

昨日はお忙しい中、
貴重なお時間をいただき
誠にありがとうございました。

鈴木様からお伺いした
課題やご要望に関しまして、
弊社で新たな対策を検討しつつ
次のご提案に活かしていきたいと思います。

もし、追加のご要望や
ご質問などがございましたら
遠慮なくご連絡くださいませ。

それでは、今後ともよろしくお願い申し上げます。

==============================
株式会社□□ 営業部
田中 太郎
〒123-4567 △△市
TEL:12-3456-7890 / FAX:12-3456-7890
携帯電話番号:12-3456-7890
Mail:abc@defg.co.jp

 

営業メールは少し工夫を凝らすだけで、返ってくる反応も全く違うはずです。
状況別に相手の立場に立って考えながら、簡潔な文章を心がけましょう。
メールでしっかりと目的やメリットを伝えられるようになれば、これまで以上に効率的な営業活動ができること間違いなしですので、しっかりとポイントを押さえましょう!

新規営業の業務効率化にお困りではありませんか?
5万社以上が活用する企業情報サービスで、時間や手間を削減しましょう!