メールマーケティング

HTMLメルマガが簡単に作れる!初心者でも使えるサービス3選

会社でメールマガジンを配信しているけれど、もっとデザイン性が高いメルマガが作りたい!効果測定がしたい!と思うことはありませんか?それらを叶えるためにはHTMLという形式のメールを作成する必要があります。

そこで今回は、HTMLメールについて解説します!
記事の最後では、初心者でも簡単にHTML形式でメールが作成できるツールを紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

テキストメールとHTMLメールの違いとは

テキストメールとは、文字のみが使用可能なメール形式です。作成や編集が簡単に行えますが、画像の挿入や装飾はできません。

HTMLメールとはHTMLタグを使用してメールを作成する形式です。
作成するには専門的な知識が必要になりますが、文字の配置やレイアウト、画像の挿入など様々な装飾が行えます。

HTMLメールのメリット

HTMLメールのメリットを詳しく解説していきます。

開封率が測定できる

HTMLメールのメリットとしてまずあげられるのは、「開封率が測定できる」ということです。
開封率を把握することで、タイトルや配信タイミングなどが適切であるかどうかを判断することが可能になります。仕組みとしては、HTMLメール内の画像データが読み込まれた回数から開封された割合を算出しています。

デザイン性が高い

もう一つのメリットは、デザイン性の高いメールが作れることです。
訴求力の向上が狙えることに加え、統一感のあるデザインにすることでブランドのイメージを持ってもらいやすくなります。

HTMLメールのデメリット

では反対に、HTMLメールのデメリットとしてはどんなものがあるのでしょうか。

専門的な知識が必要

HTMLタグを使用してメールを作成しなければならないため、専門的な知識やスキルが必要となります。HTMLメールを導入するためには知識を持った人を探すか、自分でいちから勉強しなければなりません。
ただし配信ツールを使用することで、簡単にHTMLメールを配信することもできます。

メールのデータ量が大きくなる

画像を挿入できるからといって多くの画像を使用すると、メールのデータ容量が大きくなり表示に時間がかかってしまいます。また、メーラーによってはメールのデータ容量が大きすぎると、コンテンツの一部が省略化されて表示される場合もあります。

どちらも離脱率に関わってくるため、できるだけメールのデータ容量が大きくなりすぎないよう注意が必要です。

環境によって正しく表示されない恐れがある

受信者の環境によって、送信者が想定していたメールレイアウトが崩れてしまうこともあります。スマホや携帯、タブレット、PC、また使用するメーラーによっても受信結果が異なってしまうため、送信前には各環境でどのように表示されるか検証が必要となります。

受信端末に合わせてレイアウトを自動的に変更する「レスポンシブデザイン」にしたり、受信者の環境に応じてHTMLメールとテキストメールのどちらか適切なものを表示する「マルチパート配信」の設定を行うことで、この問題を回避することもできます。

初心者でも簡単にHTMLメルマガが作れる!配信サービス3選

今回はHTMLメルマガ配信に対応する配信サービスを3つご紹介します。無料トライアルもありますので、気になったサービスがあれば体験することも可能です。
値段や機能がそれぞれ違いますので、目的に合ったものを選んでみてください!

blastmail

https://blastmail.jp/
月額:1800~(初期費用0円)
無料体験:無期限(機能制限あり)

・特徴
直感的に操作できるHTMLメールエディタはもちろん、レスポンシブ対応や登録・解除フォーム、宛先データ管理、各種効果測定など、HTMLメルマガを配信する上で必要な機能が揃っているサービスです。厳選された使いやすいテンプレートが用意されているため、多くのテンプレートの中からどれを選ぶかを悩む必要はありません。また、配信件数に制限がないことも特徴です。

その他、登録アドレス数10000件以上のプランに限られますが、送信したメールが受信先で迷惑メールと誤判定されないための迷惑メール対策にも対応しています。

める配くん

https://www.meruhaikun.com/index.html
月額:1886円~(初期費用8000円)
無料体験:無期限(フリープランあり)

・特徴
登録アドレス数や配信数などに制限はありますが、全ての機能を無期限で使用できるフリープランがあります(サポートや障害対応などに関しては対象外)。デザイン済みのテンプレートも用意されており、画像や文章を変更するだけでHTMLメールを作成することができます。また、受信者の属性を設定できるほか、属性自体のカスタマイズも可能です。

その他、登録・解除に関する機能が多く、フォームの作成・デザイン変更やいたずら登録を防止する画像認証機能などもあります。フォームからの登録があった際は、その内容をメールで通知することも可能なため、登録フォームを問い合わせフォームとして使用することもできます。

BENCHMARK

https://www.benchmarkemail.com/jp/
月額:1800~(初期費用0円)
無料体験:無期限(機能制限あり)

・特徴
500種以上のテンプレートがあり、ベースカラーを変更することもできるので、イメージに合わせたメールが作成できます。また、実際にコードを入力しHTMLメールを作成するHTMLコードエディター機能で、ゼロからの作成も可能です。コーディングを行いながらプレビューを確認することができるため、HTMLタグを勉強している方にも使いやすくなっています。

そのほか、細かい効果測定を行えることも特徴です。開封数やエラー数、クリック数、配信停止数などがリアルタイムで確認できます。また、グループごとに異なる件名やコンテンツ、送信時間を設定し送信することで、どちらの方が良い反応を得られるかをテストするA/Bテストを行えます。

まとめ

いかがでしたか?

HTMLメールをいちから自分で作ることは難しいですが、配信サービスを利用すれば簡単にデザイン性が高く、効果測定も可能なメールマガジンが作成できます。

是非この記事を参考に、試してみてください!