BtoBマーケティング

プッシュ戦略・プル戦略とは?違いや使い分けを解説します

皆さんはプッシュ戦略・プル戦略という言葉は聞いたことがありますか?言葉は聞いたことがあっても、具体的な意味や実践方法はわからないという方もいるのではないでしょうか。

今回はプッシュ戦略・プル戦略の意味や取り入れ方などを解説します。

「プッシュ戦略」「プル戦略」とは?

「プッシュ戦略」とは取引先に自社商品の販売を促す戦略

プッシュ戦略とは、取引先の流通企業や販売店に自社商品の取り扱い・販売を促す戦略です。取引先に様々な支援を行い、自社の製品を積極的に販売してもらえるよう働きかけます。

「プル戦略」とは生産者が消費者に直接マーケティングを行う戦略

プル戦略とは、広告などを用いて消費者に直接商品の魅力を伝える戦略です。消費者自身が商品を指名買いすることを最終的な目標としているため、消費者のニーズを的確に捉えアピールすることが重要です。

プッシュ戦略とプル戦略の具体的な手法

・プッシュ戦略の具体的な手法
商品の説明や販売方法の指導、さらに店舗への販売員の派遣などを行います。また、販売数に応じた報酬を提供することでモチベーションを上げる手法もあります。

・プル戦略の具体的な手法
テレビなどのCMやWeb広告、折り込み広告などの広告で消費者に商品や企業のアピールを行うことができます。また、SNSアカウントでの情報発信もプル戦略の手法のひとつです。

プッシュ戦略とプル戦略は、うまく組み合わせることが重要

プッシュ戦略とプル戦略はどちらかしか取り入れてはいけない、というわけではありません。自社や競合他社、消費者など様々な状況から、バランスを取りながらうまく組み合わせて実行することが重要です。

例えば、あまりプッシュ戦略に偏りすぎると、取引先に必要以上に配慮しなくてはならない状況に陥ってしまいます。反対にプル戦略に偏りすぎると、消費者間で話題になり店舗に足を運んでもらったとしても、販売店へのアプローチが不十分なため店頭で商品が見当たらないという事態になりかねません。

現在は、消費者の嗜好が多様化していることと、消費者自身で情報を仕入れることができることから、プル戦略の方が重視される傾向にあります。
売りたい商品の特性や自社と競合他社の状況、流通先との関係などを考慮し、取り入れるバランスを決定しましょう。

まとめ

いかがでしたか?

プッシュ戦略とプル戦略では、働きかける先が異なります。自社や他社の状況を考慮し、どちらの戦略もうまく取り入れましょう。

新規営業の業務効率化にお困りではありませんか?
5万社以上が活用する企業情報サービスで、時間や手間を削減しましょう!