メールマーケティング

【クラウド型・有料】メルマガ配信ツールのおすすめ5選を紹介

メルマガを配信する際に有効となるのが「メルマガ配信ツール」です。メールの作成機能や一斉配信機能などが使えるほか、様々なメリットもあります。
今回は「クラウド型・有料」で利用できるメルマガ配信ツールを集めました。料金や機能の比較を行ない、自社に合ったツールの導入を検討してみてください。

メルマガ配信ツールの主な機能

  • メールの作成
  • 一斉配信・予約配信
  • 配信結果の分析

メルマガ配信ツールは、上記のものを含めたメルマガに関わるほとんどの作業を一貫して行なえます。また、動画や画像が組み込まれたHTMLメールが作成できる機能や、「メールアドレスを登録した」などのある行動を取った顧客に対して事前に用意していたメールを配信できるステップメール機能を持つツールもあります。
さらには、配信したメルマガの効果測定も行なえます。開封率やクリック率が悪い場合は、件名や内容などの改善点を考えるきっかけになります。
機能はツールによって違うため確認を行い、選ぶ際の基準のひとつにしましょう。

クラウド型メルマガ配信ツールのメリット

メルマガ配信ツールには、インターネットを経由して利用できるクラウド型とソフトウェアをインストールして利用するオンプレミス型があります。
以下では、クラウド型のメリットを解説します。

コストが抑えられる

特徴のひとつは、初期費用とも言われるイニシャルコストが低いことです。また、クラウド型は企業が利用する規模や期間に応じて料金を支払うため、ランニングコストも抑えられます。無料お試し期間があるサービスやコストが比較的安価なものが多くあり、自社に合わせたオプションの追加などを行うことで費用対効果(ROI)の向上にも繋がります。

しかし、ランニングコストは継続的に支払うため、長く使い続けるとコストが膨らむ可能性があります。自社の規模などに合わないプランを契約し続けていないか、定期的に見直すことが必要です。

常に最新機能を利用できる

オンプレミス型はソフトウェアのアップデートなどを自社で行なう必要があるため、古い機能をそのまま利用していることも少なくありません。
しかし、クラウド型はサービスを提供する企業側がアップデートやデザインの変更などを行ない、顧客はインターネットを介して利用するため、手間をかけずに常に最新機能を利用できます。

企業側も最新機能の追加や不具合に対しての対応が簡単になり、サービス価値を最大化させられます。

どこからでもアクセスできる

クラウド型はインターネットを介してサービスを利用するため、場所や端末を選ばずにアクセスできます。
そのため、出張先からのアクセスや在宅勤務などのテレワークでも、インターネット環境があれば社内のPCと変わらずに仕事を行なうことが可能です。さらに、万が一PCに不具合が起きたり、壊れてしまったりしても別の端末からアクセスできます。

クラウド型メルマガ配信ツール5選

クラウド型のメルマガ配信ツールを5つ挙げ、料金や機能を簡単に比較しました。

blastmail WiLL Mail 配配メール ワイメール メール商人
料金
初期費用  ¥10,000 ¥20,000~ 非公開  ¥10,000 ¥5,000
月額  ¥3,000~ ¥4,000~ 非公開  ¥4,980~ ¥3,980~
無料期間の
有無

7日間

14日間
×
14日間

30日間
機能
HTMLメールの作成
ステップメール配信 ×

(2020年4月時点)
※「△」はプランによって配信可能です。

 

  • blastmail

https://blastmail.jp/

約20年の実績を持ち、9年連続法人導入数シェアNo.1を謳っているツールです。規模や業種を問わず全国の企業や官公庁からも支持を得ています。
メールアドレスの登録数でプランが設定でき、3,000件までの登録数であれば月額3,000円で利用できます。さらに、独自に開発した高速配信エンジンを持ち、1時間に280万通を配信する技術を有している点が特徴です。

 

  • WiLL Mail


https://willcloud.jp/

HTMLメールをマウス操作だけで作成できるエディターを持ち、知識に自信がない担当者でも直感的に操作を行なって作成することができます。また、1か月単位で契約できるため、メール配信が多い繁忙期のみの利用も可能です。

 

  • 配配メール


https://www.hai2mail.jp/

メールマーケティングを行なう上で重要な「誰に・何を送るか」を考えることに時間を使えるよう、操作と機能はシンプルにデザインされている点が特徴です。また、自社スタッフで運用に沿った提案やサポートに対応することで継続利用率98%、サポート満足度95%を実現しており、初心者にオススメです。
料金はメールアドレス数によって変動しますが、公開されていないため問い合わせが必要です。

 

  • ワイメール


https://www.y-ml.com/

1番の特徴は完全定額制の料金で利用できる点です。初期費用10,000円+月額4,980円でメールアドレス数・配信数共に無制限で利用することができます。
また、契約者ごとの専用サーバを立ち上げ配信を行なうため、サーバやIPアドレスなどが共用される心配がなく、配信先で迷惑メールフォルダに振り分けられてしまう現象を防ぐことも可能です。

 

  • メール商人


https://mshonin.com/

メールマーケティングに必要な機能を網羅しており、初期費用も一律5,000円と他のサービスよりも安価な点が特徴です。また、30日の無料お試し期間があるため、有料版を試してみたいという方にもオススメです。

 

まとめ

いかがでしたか?
クラウド型のメルマガ配信ツールは、コストを抑えながら常に最新の機能を利用できるメリットを持ちます。料金や機能を比較し、自社に合ったツールを選びましょう。

新規営業の業務効率化にお困りではありませんか?
5万社以上が活用する企業情報サービスで、時間や手間を削減しましょう!