ブランディング

ブランドイメージを理解してブランディングに活かそう

あなたは「ブランドイメージ」の本当の意味をご存知でしょうか?自社のブランドイメージを理解することはブランディングの第一歩であり、他社との差別化や長期的な売上向上に必要不可欠です。

この記事では、ブランドイメージの意味や向上させるメリット、コツをご紹介します。

ブランドイメージとは?

ブランドイメージは顧客の頭の中にある

ブランドイメージは、企業が自由に作り出せるものではありません。それは、ブランドイメージが顧客の頭の中で自然と形成されるものだからです。企業が自社ブランドに「高品質」「おしゃれ」といったイメージを持ってもらいたくても、顧客がそのように感じなければブランドイメージを定着させることはできないのです。

したがって、ブランドイメージは短期間で簡単に生み出せるものではありません。「高品質」というイメージを顧客に抱いてもらうには、長期間に渡って高品質な製品を提供し、それをアピールしたプロモーションを発信し続ける必要があるのです。

ブランドイメージを定着させる際にはこのことを念頭に置き、自社の製品やプロモーションがどのようなイメージを持たれているのかを顧客目線で考えるようにしましょう。

自社のイメージ理解はブランディングの基本

「ブランディング」は、自社のブランドを形作り、市場における優位性を確保する活動です。効果的なブランディングを行うためには、現在の自社イメージを理解することが第一歩となります。

イメージを把握するには、顧客からのアンケートやSNSによって生の声を集めるなど様々な方法があります。常にアンテナを立てて、自社ブランドに対して顧客がどのようなイメージを連想しているのか把握しましょう。

ブランドイメージを向上させるメリットは?

独自の魅力が生まれ、他社と差別化できる

市場において自社のブランドイメージを確立できれば、それだけで他社との差別化ができます。例えば「おしゃれ」というイメージが根付けば、おしゃれな製品を求めている顧客は数多く存在する競合製品の中でも自社のブランドを選ぶことが多くなるでしょう。このように、ブランド自体が購入のきっかけとなります。

また、独自の魅力を持った製品は価格競争にも巻き込まれづらくなります。無理に値段を下げずに強気の価格設定をしても安定して売上を伸ばし、高い利益率を維持できるのです。

顧客ロイヤリティが確保され、利益を長期的に得られる

「顧客ロイヤリティ」とは、顧客が企業に対して感じる信頼や愛着のことです。ブランドイメージが向上すれば、おのずと顧客ロイヤリティが確保されます。

それによって顧客単価やリピート率の向上などの効果が得られ、長期的に安定した利益を生み出すことが可能です。

ブランドイメージを定着・向上させるためには?

ブランドイメージを定着・向上させる活動(ブランディング)には様々な方法があります。ここでは、良いブランドイメージを市場に根付かせる方法として最もわかりやすい「情報発信」というテーマに絞って解説していきます。

誰に対してどのような価値を提供できるのかを考え、発信する情報を決める

前述したように、ブランドイメージは顧客の頭の中に形成されるものです。極端な例ですが、主婦や学生などをターゲットにして高品質で低価格を売りにしている企業がハイブランドのような高級路線のプロモーションをしても顧客の心には響きません。このように、自社の提供できる価値と顧客のニーズが一致するようにしましょう。

情報発信をする前に、自社が顧客に提供できる価値は何か、競合に負けない強みは何かを分析しましょう。そうして分かった自社の強みをアピールしたプロモーションを行うことで、顧客の間にもブランドイメージが定着するようになります。

常に現状と理想のギャップを把握しながら継続的で一貫した情報発信を行う

ブランドイメージは企業の製品やCM、ロゴやキャッチコピーなどを長期間見るうちに次第に形成されるものです。情報発信を少ししただけではなかなか効果を実感しにくいかとは思いますが、継続的に発信を続けることが肝心です

また、発信する情報に一貫性を持たせることも重要です。顧客に与える印象が頻繁に変わるようでは、いつまでたってもイメージが定着することはありません。どのような価値を提供するブランドが理想なのか常に考え、現状とのギャップを把握しながら、そのギャップを埋められるような情報発信を続けていきましょう。

いかがでしたか?

顧客の頭の中にあるイメージを把握し、良いイメージを定着させることは容易ではありません。常に顧客に与えている印象を分析し、継続的なイメージ向上に取り組みましょう。

新規営業の業務効率化にお困りではありませんか?
3万社以上が活用する企業情報サービスで、時間や手間を削減しましょう!