ビジネスマナー

ビジネスマナーの基本!「当社・弊社」「御社・貴社」の使い分け

ビジネスシーンでは、自分の属する会社のことを「当社」や「弊社」と表現しますが、どのように使い分けられるのかご存知ですか?
また、相手の会社の表現には「御社」「貴社」といったものがあります。これらの表現を正しく使い分けることは、社会人として必須のビジネスマナーです。

今回は、この「当社・弊社」「御社・貴社」の使い分けについて解説します。

「当社」と「弊社」の使い分け

「当社」は丁寧語で、主に社内で使う

「当社」という表現は丁寧語で、多くの場合社内で用いられる言葉です。自分の会社の中では無理にへりくだる必要がないので、このような表現が自然です。

自社の社員に向けての文書やスピーチなどで使われるほか、報道やクレームへの回答の際に用います。その他に、 自社の実績や調査結果などを発表する場合にも用いられます。

さらに、社外の人との会話の中でも、交渉の場や抗議したい時など、毅然とした態度で主張したい場合には「当社」という表現を用います

「弊社」は謙譲語で、主に社外で使う

「弊社」という表現は謙譲語で、相手に対してへりくだった・謙遜した言い方にです。主に取引相手や顧客など、社外の人との会話の中で用います

これは自分の会社を卑下して謙遜を表す表現なので、社内では用いずに「当社」とした方がよいでしょう。

その他の表現:「自社」「我社」「小社」

「当社」「弊社」以外にも、自分の会社を示す表現がいくつか存在します。

「自社」は、自分と対等な立場の人と話す場合に使う表現です。社内で直属の上司や同僚などと話す場合はこの表現を用いるのが適切です。ただし社内の人であっても、役員のように立場が離れた相手と話す場合には「当社」と丁寧語を使いましょう。

「我社」という表現は、立場が上の人が下の人に向けて話す際に使います。そのため、誤って目上の人に対して使わないように注意しましょう。

「小社」も謙譲語で、へりくだった言い方です。「当社」よりも謙遜した表現ですが、大きな会社の場合はかえって違和感があるので使わないほうがよいでしょう。

「御社」と「貴社」の使い分け

「御社」は話し言葉

「御社」は話し言葉なので、会話や交渉などの場で用います。就職・転職活動での面接でもこちらを用いるので、「貴社」と混同しないように注意しましょう。

「貴社」は書き言葉

話し言葉である「御社」に対して、「貴社」は書き言葉です。主に履歴書・エントリーシートなどの文書や、メールの中で使用します。

「御社様」「貴社様」という表現はNG

「御社」「貴社」という表現はどちらも敬語なので、「御社様」「貴社様」といった表現は二重敬語になってしまいます。かえって不適切な表現になってしまうので注意してください。

会社以外の組織に対する表現は?

「当社・弊社」や「御社・貴社」といった表現は、自分や相手の所属する組織が会社である場合のものです。
よって、銀行や病院・学校など、会社以外の組織が相手の場合にはその呼び方も変わってきます。例えば以下のようなものがあるので、ぜひ覚えておきましょう。

銀行⇒当行・弊行・御行・貴行
病院⇒当院・弊院・御院・貴院
学校⇒当校・弊校・御校・貴校(大学の場合は「弊学」など)
協会⇒当協会・弊協会・御協会・貴協会
組合⇒当組合・弊組合・御組合・貴組合
社団法人・財団法人など⇒当法人・弊法人・御法人・貴法人
法律事務所・税理士事務所など⇒当事務所・弊事務所・御事務所・貴事務所

 

まとめ

いかがでしたか?

「当社・弊社」や「御社・貴社」の使い分けは、ビジネスマナーの基本です。

紛らわしいかもしれませんが、いざという時のために正しく覚えておきましょう。

新規営業の業務効率化にお困りではありませんか?
3万社以上が活用する企業情報サービスで、時間や手間を削減しましょう!