ビジネスメール

好印象を与える!受注へのお礼メールのポイントと例文を紹介

新規案件を受注した際には、お礼のメールを送りましょう。
お礼のメールはビジネスにおいては礼儀としても大切な一方で、顧客との関係をより良くするきっかけにもなります。

どのようなメールを送れば失礼がなく、また好印象を持ってもらえるでしょうか?

今回は、受注へのお礼メールを送る際のポイントと例文を紹介したいと思います!

受注へのお礼メールを送る際のポイントは?

お礼メールはできるだけ早く送る

感謝を伝えるためのメールですので、案件を受注してからあまり日をあけてしまうのは好ましくありません。感謝の気持ちが新鮮なうちに、また相手にとっても取引の記憶が新しいうちにメールを送りましょう。

具体的には、可能なら受注当日に、遅くともその翌日にはメールを送ると好印象でしょう。

また、注文があれば入金の前にお礼のメールを送ってしまって差し支えありません。

感謝を込めて丁寧に

メールを早く送ろうとすることは大事ですが、急ぐあまり文章が雑にならないようにしましょう。そっけない書き方になってしまったり、誤字や脱字の見られるメールを送ってしまったりすると、かえって印象を悪くしてしまうかもしれません。

感謝を表すためのメールですから、気持ちが伝わるよう丁寧に文章を作成するように心がけましょう。

テンプレの使用には注意して

メールの文章作成には時間がかかることも多いので、あらかじめテンプレートを作成しておいて活用するのも一つの手です。

ただし、テンプレをそのまま使い続けるのは味気ないですし、同じ相手から受注を受けるたびに同じ文面を使用していては、作業感のあるメールになってしまい気持ちも伝わらないでしょう。

テンプレを使用する場合も、多少文章を書き換えたり、ひとこと付け加えたりするようにしましょう。
自分の言葉でメールを作れば、より感謝も伝わりやすくなるはずです。

件名と内容は具体的に

「〇〇の注文の御礼」「○○のご注文ありがとうございました」などのように、一目でメールの内容が分かるような件名を設定しましょう。

本文の内容についても、単に「注文をありがとうございました」などと書くのでは感謝が伝わりにくいものです。

「数ある商品の中から弊社の製品を選んでいただき、誠にありがとうございました」のように、何に対し、どのように感謝しているのかが分かるような文章が好ましいでしょう。

また、納品の予定などが決まっている場合には、それらの情報も記載しましょう。

受注お礼メールの例文を紹介

件名:〇〇ご注文のお礼

株式会社△△△
営業部 △△ △△様

いつも大変お世話になっております。
株式会社□□□営業部の□□ □□でございます。

このたびは、弊社の〇〇をご注文いただき、誠にありがとうございます。

数ある製品の中から弊社の製品を選んでいただき、大変嬉しく思っております。
貴社のご期待に沿えますよう、誠実に対応させていただきたいと思います。

ご注文いただきました○○につきましては、〇月〇日までに納品させていただく予定ですので、もうしばらくお待ちください。

なお、今後の連絡は、私、△△が担当いたしますのでよろしくお願い申し上げます。
商品につきましてご要望やご不明な点などがございましたら、いつでもご連絡ください。

取り急ぎメールにてお礼申し上げます。
どうぞ今後ともよろしくお願いいたします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
株式会社□□□ 営業部
□□ □□
〒000-0000 京都府京都市XX区XX XXビル XF
TEL: 00-0000-0000 FAX: 00-0000-0000
Email: shikaku@shikakuservice.com
URL: http://shikakuservice.com/
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

まとめ

いかがでしたか?

感謝の伝わるお礼メールを送ることができれば、顧客とのより良い関係を築くのに役に立つでしょう。
心地よい関係を作り上げることができれば、新しい契約に繋がるかもしれませんね。

是非、本記事を参考にしてメールを作成してみてください!