ビジネスメール

実は失礼?「取り急ぎご連絡まで」の正しい使い方を解説

ビジネスメールでよく見られる言葉に「取り急ぎご連絡まで」というものがあります。
しかし、この表現は場面によっては失礼になってしまいます。

今回はこの「取り急ぎ~」の表現について、正しい使い方を解説します。

「取り急ぎ~まで」は、至急連絡したい場合に用いる表現

「取り急ぎ~まで」は、至急連絡する必要があるが、時間に余裕のないときに用いる表現です。
「取り急ぎご連絡まで」の他にも、「取り急ぎご報告まで」「取り急ぎご案内まで」のような形で用いられます。

後でしっかり連絡しなおすことが前提

「取り急ぎ~」は、時間がないときに「とりあえず」のニュアンスで用いられる表現なので、時間ができた後でしっかり連絡しなおすことが前提となっています。「取り急ぎ~」のメールを送った後は、できる限り速やかに連絡を入れるようにしましょう。

反対に、自分が「取り急ぎ~」のメールを受け取った時は、返信する必要があるのでしょうか。後で連絡が来るということから、返信しなくてもよいとも思えます。しかし、相手に用件が伝わったことを伝えるためにも、「了解しました」「承知しました」などと返信したほうがよいでしょう。

別件の連絡事項は書かない

「取り急ぎ~」は本当に急いで伝える必要がある場合に用いるものなので、本文には重要事項だけを書きます別件で連絡したいことがある際には、メールを改めるようにしましょう

目上の人・社外の人が相手の際には使用しないほうがよい

「取り急ぎ」という言葉には「とりあえず」というニュアンスが含まれるため、目上の人や社外の人に対して使うには丁寧さに欠ける表現です。また、お礼を伝える場合は特に「取り急ぎ」を使うと失礼になります。

さらに、「取り急ぎ」と共に「〜まで」という言葉もよく用いられますが、これも簡略的な言い方であるため、失礼な印象を与えてしまうおそれがあります

そこで、目上の人や社外の人に対して至急連絡する必要がある場合は、「取り急ぎ~」の表現を丁寧に言い換える必要があります。

「取り急ぎ~まで」を丁寧に言い換えるためには

「まずは~」から始める

「まずはご連絡申し上げます」のように、「取り急ぎ」を「まずは」と言い換えることで丁寧な表現になります

「取り急ぎご連絡申し上げます」⇒「まずはご連絡申し上げます」

「取り急ぎお礼申し上げます」⇒「まずはお礼申し上げます」

文末は「〜申し上げます」や「〜のみにて失礼いたします」「〜させていただきます」で締める

文末は「〜まで」ではなく、「〜申し上げます」「〜のみにて失礼します」「〜させていただきます」などと言い換えることができます

取り急ぎご連絡まで」⇒「取り急ぎご連絡申し上げます」

「取り急ぎご案内まで」⇒「取り急ぎご案内させていただきます」

「取り急ぎご報告まで」⇒「まずはご報告のみにて失礼いたします」

 

まとめ

いかがでしたか?

「取り急ぎ~まで」は便利ですが簡略的な表現なので、目上の人などに使うには向きません。
場面に応じて言い換えて、失礼のないようにしましょう。

新規営業の業務効率化にお困りではありませんか?
3万社以上が活用する企業情報サービスで、時間や手間を削減しましょう!