この記事は 2 分で読めます

顧客のデータベースを管理するCRM(顧客管理)ツール導入のメリット

URLをコピーする

営業やビジネスにおいて非常に大切なのが、顧客との良好な関係づくりですよね。
顧客との関係づくりの際に、よく用いられているマネジメント手法にCRMがあります。

今回は、CRMツールと導入するメリットについて紹介していきます。

CRMツールとは?

CRMは「Customer Relationship Management」の略で、顧客関係管理と訳されます。顧客情報を管理・共有し顧客のニーズに応えることで、顧客との信頼関係を構築するマネジメント手法です。

その顧客管理を行うためのツールがCRMツールです。CRMツールには、顧客情報のマネジメント以外にもさまざまな機能が存在します。特に、近年のCRMツールは従来よりも効率的かつ効果的に、顧客との関係構築をサポートしてくれます。

CRMツール導入のメリット

では、CRMの概要が分かったところで、実際にCRMツールを導入することにより、どのようなメリットがあるのか紹介していきます。

大量の顧客情報をリスト化して管理できる

CRMツールの効果を最大限に生かすために、まずは顧客情報を入力しましょう。
顧客情報は、展示会や営業の際にもらった名刺や、キャンペーンの際に記入してもらった情報を利用します。ツールを使用することで、大量の基本的な顧客情報(名前、会社名、部署、年齢、メールアドレスなど)をリスト化できます。

エクセルのような表計算ソフトでも顧客リストは作成できますが、顧客数の入力に限界があります。取引が多い大企業やBtoCの企業では、必然的に取り扱う顧客情報が多いため、CRMツールを使用する必要があります。

グラフ・図を自動で作成できるため、営業パーソンはセールスの仕事に注力できる

CRMツールを用いると、顧客情報や営業データなど様々なデータの組み合わせを設定するだけで、自動で分析・集計を行い、グラフや図を作成してくれます。そのため、営業パーソンは関数などを入力する必要性がなくなり、営業の準備に注力することができます。

顧客への急な資料提供もすぐに対応できる

すぐに資料を作成することができるため、営業や商談にかける時間を削減し、多くの顧客への営業を行えます。クラウド型のCRMツールであれば、出先でツールを使用することもできるため、その場での資料作成・提供も可能です。

既存顧客の属性や傾向を分析し、質の高い見込み客を狙って営業アプローチができる

顧客リストの情報から自社の既存顧客にどのような傾向があるのかを考えてみましょう。
自社の既存顧客はどの業界でどの部署の人と契約が多いのか、顧客の傾向が判明したら、その傾向に似た見込み客に営業アプローチをかけましょう。
質の高い見込み客なので、不特定多数にアプローチをするよりも効率良く契約がとれます。

1対1の顧客対応が可能になり、顧客満足度が高められる

CRMツールにはタイムライン(社内SNS)の機能があり、顧客のデータや分析した結果を即時に社内で共有することができます。
社内の部署でデータを共有することで、その顧客に対して「特別感」を与えるようなおもてなしの対応ができます。こうした取り組みにより顧客の満足度を与えることができると、自社のファンになり優良顧客になる可能性があります。

いかかでしたか?

CRMツールを自社でうまく活用することで、顧客情報の管理や社内共有、顧客分析を行い、顧客の満足度を高め、自社のファンを増やしていきましょう。

ダウンロード ダウンロード
ダウンロード

業務効率を上げる営業・マーケティングツール「MA・SFA・CRM」

無料でダウンロードするために
以下のフォーム項目にご入力くださいませ。

ビジネススキル・知識おすすめの記事

2020年9月17日

【新人必見!】効率のよい仕事の進め方とは?手順に沿って紹介します

2020年3月24日

ビジネスにおける定量分析とは?定性分析との違いも解説

2018年10月1日

無料の営業日報アプリ・ツール5選!課題を見える化して売上を伸ばそう