ビジネスマナー

身だしなみはビジネスマナーの基本!第一印象アップのポイントを解説

身だしなみを整えることは社会人として必須のマナーです。外見を良くすれば相手に好印象を与えられるようになり、仕事の成果にも繋がります。

この記事では、身だしなみの重要性や気をつけるべきポイントを解説します。また、身だしなみのチェックリストもご用意しましたので、ご自身の身だしなみを見直す際にも役立ててください。

身だしなみは最低限のビジネスマナー

ビジネスにおける身だしなみは、「おしゃれ」や「自己表現」の手段である以前に、相手に不快感を与えないための最低限のマナーです。

第一印象は外見で決まる

「人は見た目が9割」という有名な言葉があります。多くの人は初対面の人を外見で判断しており、第一印象はほんの数秒で決まるものです。交渉や営業を行うビジネスの場でもそれは同様です。身だしなみによって「仕事ができそう」「信頼できそう」といった好印象を与えることができれば、その後のビジネスをスムーズに行えます。

逆に身だしなみによってマイナスのイメージを持たれてしまった場合、そのイメージを消すことは非常に難しくなります。もちろん実際に大切なのは能力ですが、その能力を最大限発揮するためにも身だしなみを整えて好印象を与えることは重要です。初対面では最初の数秒が勝負だと考え、完璧な身だしなみを目指しましょう。

外見はその人の内面も反映する

仕事に対するやる気や自己管理能力などの内面は、外見にも現れるものです。また、身だしなみを整えていることはビジネスパートナーに対する誠意の表れでもあります。外見のせいで内面まで誤解されることのないように、身だしなみには常に気を配りましょう。

逆に言えば、外見を良くするだけで内面についても良い印象を与えられるということです。性格や能力はすぐに変えられるものではありませんが、身だしなみを整えることはいつでもできます。自分の身だしなみに少しでも改善できる点があれば、すぐにでも直すようにしましょう。外見を整えることで自然とやる気や自信が身について、内面までも良くなる場合もあります。

身だしなみで気をつけるべき3つのポイント

ビジネスマナーとしての身だしなみで気をつけるポイントは大きく分けて「清潔感」「TPO」「機能性」の3つあります。

清潔感

「清潔感」は業種・職種に関わらず重要な要素です。毎日入浴することやシワの無い服を着るのは基本ですが、爪や小物などの細かい要素にも気を配って、清潔感を保ちましょう。

不潔な身だしなみは相手に不快感を与えてしまい、仕事の成果にも大きく影響します。どのようなファッションが適切かは会社によって異なりますが、どんな服装においても、気持ちよく仕事をするためには清潔感が欠かせません。

TPO

ビジネスの身だしなみでは、TPOをわきまえた服装をすることも大切です。社風や他の社員の雰囲気、シーンに合わせて、臨機応変に服装を変えましょう。

職場の雰囲気を壊したり場違いな印象を与える服装をしていると、会社全体としての調和やイメージが乱れてしまいます。単に自分が正しいと考える服装をするのではなく、周りの状況に合わせた格好をすることが重要です。

機能性

ビジネスシーンでは、単に見た目の良い服を着るだけでなく、仕事に必要な機能性を兼ね備えた服装が求められます。例えば「動きやすさ」はあらゆる仕事において必要不可欠な機能性です。

必要な機能性が備わっていない服装をしていると、仕事に支障をきたしたり周囲に迷惑をかけてしまいます。そのようなことの無いように、自分の仕事に適したスタイルを心がけましょう。

身だしなみチェックリスト

ここでは、身だしなみで気をつけるべき基本的なポイントを箇条書きでご紹介します。ぜひ、自分の身だしなみをチェックしてみてください。また、職場の人と相互にチェックし合うのもおすすめです。

髪・スキンケア

  • 髪は毎日洗い、傷んでいないか
  • フケや寝癖はついていないか
  • 職場に適した髪型・髪色か
  • 髭の剃り残しはないか
  • 顔のテカりはないか
  • 爪はきれいに整えられているか
  • 体臭や口臭をケアしているか

服装

  • シンプルで落ち着いたデザインのスーツやシャツを着ているか
  • 服や靴のサイズは合っているか
  • 服やネクタイにシワ・汚れはないか
  • 靴はきちんと磨かれているか
  • 紺色か黒色のシンプルな靴下を履いているか
  • かばんや名刺入れなどの小物にも手入れが行き届いているか

メイク・アクセサリー(女性)

  • ビジネスにふさわしいナチュラルメイクか
  • 不自然なつけまつげやカラーコンタクトをつけていないか
  • ネイルはピンクやベージュなどの上品なものか
  • 匂いの強すぎる香水をつけていないか
  • アクセサリーは上品で控えめなものか

 

いかがでしたか?

適切な身だしなみは業種やシーンによって異なりますが、今回ご紹介したのはどんな人でも最低限守るべきマナーばかりです。誰にでも好印象を与える身だしなみを意識して、仕事の成功に結びつけてください。

新規営業の業務効率化にお困りではありませんか?
3万社以上が活用する企業情報サービスで、時間や手間を削減しましょう!