ビジネスメール

英語でのビジネスメールの結びは?状況別に例文付きで紹介

グローバル化の昨今、英語でビジネスメールを送る機会も増えてきています。
そんな時、内容はうまく英語で書けても、結びの言葉で迷ってしまう人も多いはずです。
今回は英語での結びの言葉を、状況別に詳しくご紹介いたします。

英語のビジネスメールにも結びの言葉は必要!

日本語のビジネスメールでは「よろしくお願いします」が一般的な結びの言葉ですが、英語のビジネスメールにも結びの言葉を入れる必要があります。

しかし、英語の結びの言葉は日本語に比べて多くあるため、状況に応じて使い分けなければいけません。
特に丁寧なものからカジュアルな言い回しまで、しっかりと押さえて使いこなしましょう。

フォーマルな言い回しなら「Sincerely」を使い、よりカジュアルな場合は「Best regards」が一般的

英語圏では日本ほど、ビジネスにおいて堅苦しい言い回しは使用されません。

しかし、会ったことのない上司や顧客に、いきなりカジュアルな言葉を使うのは躊躇いますよね。
そんなフォーマルな場合に使えるのが「Sincerely」という言葉です。
「Sincerely」
は「心から、本当に」などを意味する副詞ですが、これ単体で日本語で言う「敬具」と同じ意味の結びの言葉として使用できます。

結びの言葉を使う時は以下のようにして、下に名前を添えましょう。

Sincerely,
Hanako Tanaka

た、Sincerelyに「yours」を付け加えることで、さらにフォーマルな言い回しに出来ます。

何回かやり取りをしたことのある相手の場合は、「Best regards」を使います。
日本語で言う「よろしくお願いします」に相当するもので、丁寧かつスタンダードな言い方です。

その他にも、以下のように様々な言い回しがあるため、相手や自分の好みなどで使い分けていきましょう。

〇最上級にフォーマル

・Respectfully,
(何卒よろしくお願い申し上げます・敬白)

〇フォーマルなビジネスシーン(面識のない上司や目上の人に)

・Yours Sincerely,  ※イギリス式
・Sincerely yours,  ※アメリカ式
・Sincerely,

(よろしくお願い致します・敬具)

〇ややカジュアルなビジネスシーン(面識のある上司や同僚に)

・Best regards,
・Kind regards,
・Regards,
・With regards,

(よろしくお願いします・敬意をこめて)

〇カジュアル(同僚や友人)

・All the best,
・My best,
・best wishes,
・Best,
 (ごきげんよう・幸運を祈ります)

【状況別】英語での結びの言葉

日本語のメールでは、一般的な結びの言葉を使う時もあれば、状況に合った結びの言葉を使う時もありますよね。英語でも同様に、状況別で使える結びのフレーズをご紹介します。

感謝を伝えたい場合

お礼のメールの場合「Thank you」などのシンプルなものでも構いませんが、丁寧に言いたい時は以下の言い回しがあります。

・Thank you for your help.
・Thank you for your cooperation.
・I really appreciate your support.
(ご協力に感謝します)

・Thank you in advance.
(前もって感謝します→よろしくお願いしますの意)

謝罪の場合

日本語と同様に、謝罪のメールを送る時は結びの言葉にも謝るフレーズを添えるようにしましょう。

I apologize for any inconvenience this may have caused.
・I am sorry for any inconvenience.
・My apologies for any inconvenience.
(ご迷惑をおかけし申し訳ありません)

・Hopefully this is not an inconvenience for you. 
(あなたのご迷惑にならないことを祈ります)

・Thank you for your understanding.
(ご了承ください、ご理解いただき感謝いたします)

・I regret the delay in writing to you.
・Thank you very much for your patience.
(連絡が遅くなり申し訳ありません)

相手を気遣う場合

相手が体調を崩していたり、助けを必要としていたりする時は、気の利く一言を添えるとよいでしょう。

〇体調を気遣う

Best wishes for your health and happiness.
(あなたの健康と幸せを祈っています)

・Take care of yourself.
(気を付けて・お大事に)

〇いつでも質問や助けが必要なら言ってくださいと伝えたい時

・Please let me know if you have any comments.
・If you have any questions, please don’t hesitate to contact me.
(ご不明な点があればいつでもお問い合わせください)

Please let me know if you need any further assistance.
・Please contact me if there are any problems.
(助けが必要な時はいつでもお知らせください)

「今後ともよろしくお願いします」と言いたい場合

「貴方に会えるのを楽しみしています」など、これからの関係性に言及する場合は、以下のようなフレーズを使いましょう。

I look forward to working with you.
(一緒に仕事をするのを楽しみにしています)

It’s nice to be working with you.
(一緒に仕事ができてうれしいです)

・I look forward to seeing you soon.
(近々会うのを楽しみにしています)

・Please keep in touch.
(今後ともよろしくお願いします)

相手に行動を促したい場合

返信が欲しい時や対応してほしい時は「look forward to(~を楽しみにしています)」や「hope to(~したいと望む)」などを使って、相手に行動を促しましょう。

〇メールの返信が欲しい時

・I look forward to hearing from you.
・Looking forward to your reply.
(ご連絡お待ちしております)

〇メールの内容を確認してほしい時

Please check it.
(確認よろしくお願いします)

〇すぐに対応してほしい時

Please take care of this issue.
(対応をよろしくお願いします)

・I would appreciate your immediate response.
(すぐに返事をいただけると嬉しいです)

・I would appreciate your immediate attention to this matter.
(本件迅速に対応していただけると幸いです)

まとめ

英語のメールの締めくくりには、様々なバリエーションがあります。日本に比べて、欧米のビジネスシーンではあまり堅苦しい表現をしない傾向にありますが、状況に応じて使い分けるよう意識しましょう。

新規営業の業務効率化にお困りではありませんか?
3万社以上が活用する企業情報サービスで、時間や手間を削減しましょう!