ビジネスマナー

【例文付き】英語ビジネスメールでのお礼表現を状況別に紹介

ビジネスでは相手にきちんとお礼の気持ちを伝えることが大切ですが、英語メールの場合も同様です。そんな時「Thank you」以外の言い方が出てこなくて困ってはいませんか?
今回は状況別に英語での「お礼」の表現を細かくご紹介します。

「Thank you」以外のよく使う言い回し

お礼を言いたい時はもちろん「Thank you」を使って構いませんが、それ以外にも英語にはお礼の気持ちを伝える言い回しがたくさんあります。

たとえば「I appreciate ~(~に感謝する)」や「Many thanks for ~(~を本当にありがとう)」などを用います。また、何に感謝しているのかも具体的に付け加えることで、丁寧に気持ちを伝えましょう。

・I appreciate ~
・I am very grateful for ~
・Many thanks for ~
・Thank you for ~

(~に心から感謝します、~をありがとうございます)

・Please accept my deepest thanks.
(深く感謝いたします)

メールを送る相手との親しさによって、言い回しを使い分けよう

メールを書く際、最初に注意するのは、フォーマルな文体にするかカジュアルな文体にするかということです。

英語圏ではビジネスの場でも比較的カジュアルな文体が一般的ですが、あまり面識もなく、改まった対応が必要な相手にはフォーマルな言い回しを心がけましょう。
逆に、何度も面識があり気心が知れた同僚などには、カジュアルな表現を意識しましょう。

よく使う「Thank you」は比較的カジュアルですが、「I thank you for ~」ときちんと主語を入れることでフォーマルな言い回しになります。

フォーマルな表現とカジュアルな表現を簡単にまとめたので、状況に応じて参照してみて下さい。

フォーマルな表現

・I am much obliged for ~ ※かなりかしこまった表現
(~をしていただき誠にありがとうございます)

I appreciate ~
・I am so grateful for ~
(~に感謝します)

・I thank you for ~
・Many thanks for ~
(~をありがとうございます)

カジュアルな表現

・Thanks for ~
・Thank you for ~
(~をありがとう)

・I  appreciate ~ ※カジュアルな相手にも〇
(~をありがとうございます)

・Thank you so much.
・Thank you very much.
(どうもありがとう)

また「Thank you」は本文ではカジュアルですが、フォーマルなメールであっても件名ではよく使われるので注意しましょう。

打ち合わせや会議、面接に対するお礼

【件名 】

件名では、たとえ文章の形になっていても文末に「. 」はいらないので注意しましょう。

・Thank you for your invitation
(ご招待ありがとうございます)

・Thank you for today’s meeting
(今日の打ち合わせに関するお礼)

・Today’s meeting
・Thank you:Today’s meeting
(本日の打ち合わせについて)

・Your visit to our office
(来社について)

・Thank you for your time today
(本日はお時間いただきありがとうございます)

・Thank you for the intreview today
(本日の面接に関するお礼)

・Today’s interview
(本日の面接について)

【書き出し・本文】

・Thank you for inviting me to this meeting.
・Thank you for your invitation.
(ご招待いただきありがとうございます。)

・Thank you so much for attending today’s meeting.
(本日の会議にお越しいただき、ありがとうございます。)

・I really appreciaate your time to visit us today.
(本日はお時間いただきまして誠にありがとうございます。)

・Many thanks for your time.
・I appreciate your making time for me.
(お時間いただきありがとうございます。)

Thank you for taking time from your schedule to talk to me.
(お忙しい中お時間割いて頂き、ありがとうございます。)

・Many thanks for the opportunity to meet with you.
(お会いしてくださり、ありがとうございます。)※面接のときなどに

【結び】

結びの「Sincerely,」や「Best regards,」などの前に、改めて一文付け加えると丁寧な印象になります。

・Thank you again.
(重ねてお礼申し上げます。)

I am looking forward to seeing you again.
(またお会いできるのを楽しみにしています。)

・Thank you once again for your visit.
(重ねて、来社に感謝申し上げます。)

・Please keep in touch.
(今後ともよろしくお願いします。)

相手の行動に対するお礼

【件名 】

・Thank you for your e-mail
(メールをありがとうございます)

・Thank you for your quick reply
(すぐのご返信ありがとうございます)

・Thank you for your inquiry
(お問い合わせありがとうございます)

・Thank you very much for your documents
(書類をありがとうございます)

・Thank you for your quick response
(迅速な対応ありがとうございます)

・Thank you for your help/support
(ご助力いただきありがとうございます)

【書き出し・本文】

・Thank you very much for your e-mail.
・I appreciate your prompt e-mail.
・Thank you for replying.

(メールをどうもありがとうございます。)

・I appreciate your kind reply.
(ご親切なお返事に感謝いたします)

Thank you for contacting us/me.
(お問い合わせ下さりありがとうございます。)
※企業に対する問い合わせの場合は「us」個人に対する問い合わせは「me」

Thank you for the information.
(教えて下さりありがとうございます。)

・I am grateful for your support.
・I appreciate your assistance.
・Many thanks for your help.
(ご尽力いただきありがとうございます。)

・Your support in this discussion is greatly appreciated.
ご検討いただき誠にありがとうございます

・Thank you for your understanding.
(ご理解いただけますと幸いです。)

・I appreciate your cooperation in advance.
(ご協力に前もって感謝します。)

Thank you for raising your concerns.
(気にかけて下さりありがとうございます。)

・I appreciate your consideration.
(ご配慮をありがとうございます。)

・I appreciate your guidance.
(ご指導ありがとうございます。)

【結び】

・Thank you again.
(重ねてお礼申し上げます。)

・Thank you again for your help.
・Thank you again for your cooperation.
・Once again I really appreciate your support.
(重ねてご協力に感謝いたします。)

・Once again I appreciate your consideration.
(改めてご配慮をありがとうございます。)

まとめ

きちんと相手に感謝の気持ちを伝えることは、ビジネスの場においても大切です。表現の仕方はシチュエーションや相手によって様々ですが、例文を活用しながら丁寧に伝えていきましょう。

新規営業の業務効率化にお困りではありませんか?
5万社以上が活用する企業情報サービスで、時間や手間を削減しましょう!