この記事は 5 分で読めます

ビジネスメールで年末の挨拶!場面ごとに例文を紹介

URLをコピーする

一年の締めくくりには、年末の挨拶メールを送りましょう。
どのようなことを書けばよいのか悩んでいる方もいるかもしれませんが、「来年もよろしくお願いします」という気持ちを伝えるためにも年末の挨拶は大事です。

今回は、年末の挨拶メールを送る際のポイントや場面ごとの例文を紹介します。

年末の挨拶のビジネスメールを送る際のポイント

年末の挨拶としてビジネスメールを送る際には、

  • 一斉送信は避け、一件ずつ送る
  • 件名には名前を入れる 例:年末のご挨拶(△△会社○○○○)
  • 問い合わせを受けることが多い業務の場合は、年末年始の営業日を連絡

などのポイントに注意する必要があります。

送るタイミング

年末の挨拶では送るタイミングが重要です。適切なタイミングは送る相手との関係性によって異なります。

取引先など、社外の人に年末の挨拶メールを送る場合は、先方の年内最後の営業日から逆算して、1週間前から3日前に送るのがベストです。
先方の年末の最終営業日を把握していない場合は、一般的な会社の年末の最終業務日(仕事納め)となる12月28日を基準に考えて、12月28日の1週間前から3日前に送るのが無難でしょう。

上司や同僚など、社内の人向けに年末の挨拶メールを送る場合は、年末の最終営業日の朝から昼までに送るのがよいでしょう。遅い時間に送るとメールを見てもらえない恐れがあるので、午前中に送るのが理想です。

入れるべき季節の挨拶

年末の挨拶メールには季節の挨拶が欠かせません。12月下旬に使える季節の挨拶の例を紹介するので、参考にしてみてください。

【12月下旬の季節の挨拶】
・年の暮れのご多忙の折、ますますご繁栄のこととお慶び申し上げます。
・師走の侯、お忙しき日々をお過ごしのことと存じます。
・余日少なくなりました歳晩のこの頃、いかがお過ごしでしょうか。

【社外向け】年末の挨拶のビジネスメール

取引先への年末の挨拶メール例文

件名:年末のご挨拶 株式会社○○ 佐藤大介

△△株式会社 □□様

いつも大変お世話になっております。
株式会社○○の佐藤大介です。

師走の侯、お忙しき日々をお過ごしのことと存じます。
本年は格別のご愛顧を賜り、厚く御礼申し上げます。

来年も弊社一同、よりご満足頂けるサービスをご提供できますよう邁進する所存でございますので、何とぞ変わらぬご支援を賜わりますようお願い申し上げます。

なお、年末年始の営業予定は下記の通りとなっております。
年内営業:12月28日(月) 17時まで
年始営業:1月4日(月) 9時より
12月29日(火)~1月3日(日)は休業とさせていただきます。

健やかに新年を迎えられますよう、心からお祈り申し上げて、歳末のご挨拶とさせていただきます。

新年もよろしくお願いいたします。

佐藤大介

お客様への年末の挨拶メール例文

件名:年末のご挨拶と営業時間のお知らせ

お客様各位

いつもお世話になっております。
株式会社○○の佐藤大介と申します。

今年も残すところあとわずかとなりました。
本年も格別のご愛顧を賜り厚くお礼申し上げます。

誠に勝手ながら、弊社では、下記の期日を年末年始の休業とさせていただきます。

年末年始休業:12月29日(火)~1月3日(日)
休業中のお問い合わせにつきましては、1月4日(月)以降に対応させていただきます。
ご迷惑をおかけしますが、ご了承頂けますようお願い申し上げます。

時節柄、ご多忙のことと存じます。
くれぐれも体調を崩されませぬよう、お気をつけくださいませ。
新年も変わらぬご愛顧を頂けますようお願い申し上げて、
年末のご挨拶とさせていただきます。

株式会社○○ 佐藤大介

【社内向け】年末の挨拶のビジネスメール

上司への年末の挨拶メール例文

件名:年末のご挨拶 佐藤大介

○○部長

2020年も残すところあと僅かとなりました。
○○部長には今年もご迷惑おかけして、公私ともに大変お世話になりました。
今年一年、誠にありがとうございます。

来年も何かとご迷惑をおかけするかもしれませんが、より一層業務に邁進する所存でございます。
ご指導ご鞭撻のほど、どうぞ宜しくお願いいたします。

本日の業務はまだ残っておりますが、取り急ぎ年末のご挨拶とさせていただきます。
それでは、よいお年をお迎えください。

佐藤大介

同僚への年末の挨拶メール例文

件名:年末のご挨拶 佐藤大介

○○部の皆様

今年も残すところあと僅かとなりました。
振り返ると様々なことがありましたが、皆様のご支援のおかげで、無事に一年を過ごすことができました。
誠にありがとうございました。

来年もまたご迷惑をおかけするかもしれませんが、引き続きご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします。

それでは皆様、よいお年をお迎えください。
皆様ご多忙の折、メールにて失礼いたします。

佐藤大介

【番外編】取引先から届いた年末の挨拶メールへの返信例

「件名 Re:年末年始休業のお知らせ」 株式会社〇〇 佐藤大介

△△株式会社 □□様

いつも大変お世話になっております。
株式会社○○の佐藤大介です。

先ほどはご丁寧に、年末のご挨拶をいただき、
誠にありがとうございます。

こちらこそ、本年も格別のご愛顧を賜り、
厚く御礼申し上げます。

来年も弊社一同、さらなるサービス向上を目指して邁進する所存でございますので、変わらぬご愛顧を頂けますよう、お願い申し上げます。

なお、年末年始の休業期間は下記の通りとなっております。
年末年始休業期間:12月29日(火)~1月3日(日)

健やかに新年を迎えられますよう、心からお祈り申し上げて、
歳末のご挨拶とさせていただきます。

新年もよろしくお願いいたします。

佐藤大介

まとめ

いかがでしたか?

感謝を伝えて新年からの関係をよりスムーズにするためにも、年末の挨拶はとても大事なものです。
是非この記事を参考に、挨拶のメールを送ってみてください。

ビジネスマナーおすすめの記事

2020年6月5日

営業での会社訪問のマナーを流れで解説!相手に好印象を与えよう

2020年5月21日

実は失礼?「取り急ぎご連絡まで」の正しい使い方を解説

2020年1月16日

好印象を与える!受注へのお礼メールのポイントと例文を紹介