ビジネスメール

新年の挨拶に使えるビジネスメールの例文を場面ごとに紹介

一年の仕事は、新年の挨拶メールを送ることから始まります。ビジネスの場においても良好な関係を築くためには挨拶が大切です。しかし、どのようなことを書けばいいのか悩んでしまうかもしれません。

今回は、新年の挨拶に使えるビジネスメールの例文を場面ごとに紹介します。

新年の挨拶のビジネスメールを送る際のポイント

新年の挨拶としてビジネスメールを送る際には、

  • 仕事絡みのメールとは別にする(1メールには1つの用件のみにする)
  • 一斉送信は避け、1件ずつ送る
  • 件名には名前を入れる
  • (営業開始前にメールを送る場合は)営業開始日を案内する
  • 年賀状が届いた場合は、メールではなく年賀状を返す

などの点に注意しなければなりません。

新年の挨拶メールはいつ送る?

新年の挨拶メールは、年明けの最初の営業日~松の内(1月7日)までに送るのがベストです。松の内は、関西では15日までとされる場合もあります。

仮に松の内を過ぎてしまった場合は、新年の挨拶ではなく「寒中見舞い」としてメールを送るのがよいでしょう。

新年の挨拶をするときに注意すべき表現

新年の挨拶によく用いられる言葉の中には、ビジネスシーンでの使い方に注意が必要なものがあります。

「迎春」「賀正」はNG

「迎春」「賀正」は、相手を敬う意味が含まれないため、取引先や目上の人に使うのはNGです。「謹賀新年」「恭賀新年」といった言葉を使用しましょう

「去年」には忌み言葉が含まれるので使用しない

「去年」という言葉には忌み言葉である「去」が含まれるため、新年の挨拶に使うのは避けるべき表現です。
「昨年」「旧年」といった言葉を使用しましょう

「元日」は1月1日のみを指す

「元日」とは、新年の最初の日、つまり1月1日を指す言葉です。2日以降は使うことができないので注意しましょう。
また、「元旦」は1月1日の朝を表すので、「元日」と同じく2日以降は使えません。

【社外向け】新年の挨拶のビジネスメール

取引先への新年の挨拶メール例文

件名:新年のご挨拶 株式会社○○ 佐藤大介

△△株式会社 □□様

謹んで新春のお慶びを申し上げます。
昨年は格別のお引き立てを賜り、誠にありがとうございました。

貴社のご繁栄を心よりお祈り申し上げますとともに、
本年も倍旧のお引き立てのほど切にお願い申し上げます。

なお、1月4日から平常通り営業いたしております。

皆様のご健勝をお祈りいたします。

佐藤大介

お客様への新年の挨拶メール例文

件名:新年のご挨拶 株式会社○○ 佐藤大介

お客様各位

あけましておめでとうございます。
旧年中は、格別のご愛顧を賜り、厚くお礼を申し上げます。

本年もさらに一層のサービス向上に努め、皆様方にご満足いくサービスが提供できるように、励んで参ります。
昨年同様、変わらぬご愛顧のほど、どうぞよろしくお願いいたします。

なお新年の営業日につきましては、本日より通常営業いたしております。

本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

株式会社○○ 佐藤大介

【社内向け】新年の挨拶のビジネスメール

上司や同僚などに対しては、出社した際に直接顔を合わせて挨拶をするのが基本です。しかし、年始は挨拶回りや業務の調整などで多忙になることも多いですから、直接会う余裕がないときはメールでも問題ありません

上司への新年の挨拶メール例文

件名:新年のご挨拶 佐藤大介

○○部長

謹んで新春のお慶びを申し上げます。

旧年中は公私にわたりご親身なご指導を賜り、
誠にありがとうございました。

新たな年を迎え、気持ちを引き締めて業務に臨む所存です。
本年も引き続き、変わらぬご指導をお願いいたします。

○○部長はじめご家族の皆様には、ご健康で幸多い一年でありますよう祈念いたしております。

佐藤大介

同僚への新年の挨拶メール例文

件名:新年のご挨拶 佐藤大介

○○部の皆様

皆さま健やかに新春をお迎えのこととお慶び申し上げます。

昨年は○○部の皆様には大変お世話になりました。
皆様からの助言にはいつも助けられております。

今年は、より一層の責任感を胸に積極的な姿勢で業務にあたりたいと思っております。

本年も変わらぬご支援をどうぞ宜しくお願いいたします。

佐藤大介

まとめ

いかがでしたか?

気持ちよく仕事を始めるためにも、新年の挨拶はとても重要です。
是非この記事を参考に、取引先や上司など、相手に合わせた新年の挨拶メールを送ってみましょう。

新規営業の業務効率化にお困りではありませんか?
5万社以上が活用する企業情報サービスで、時間や手間を削減しましょう!