ビジネスメール

名刺交換のお礼メール|印象を残すためのポイントと例文を紹介

初対面の人との名刺交換は、ビジネスシーンにおける基本の一つです。しかし、ただ名刺を交換しただけでは、相手とのやり取りはその場限りで終わってしまうかもしれません。
そこで、名刺交換後のお礼メールが重要になります。

今回は、名刺交換の後に必要なお礼メールについて解説します。

名刺交換のお礼メールは、自分を印象付けるために大事

大規模な交流会などで名刺を交換した場合は、一度に多くの人と名刺を交換することもあります。たくさんの名刺の中で自分のものを印象付けるために、名刺交換の後のお礼メールが有効です

お礼のメールでは、名刺を交換した際の話題や相手への印象について触れるなど、相手への関心を示すとより効果的です。

相手との関係をより確実にビジネスに繋げたいなら、インターネットで相手の情報を集めることも有効です。ただしこの場合は、相手のプライベートに踏み込んでしまわないように気を付けましょう。

名刺交換のお礼メールを送る際のポイント

お礼メールは当日中に送る

お礼のメールは、名刺交換の際の自分の印象が薄れる前に送りましょう。当日中に送るのがベストですが、遅くとも翌日には送るべきです
もし翌日以降にお礼メールを送ることになった場合は、「ご連絡が遅くなって申し訳ございません」と一言添えておきましょう。

いつ・どこで名刺を交換したかわかりやすい件名にする

名刺を交換する機会の多い人の場合、お礼のメールをもらっても、いつ名刺を交換したのか思い出してもらえない恐れがあります。
お礼メールの件名は、いつ・どこで名刺を交換したかがわかりやすいものにしておくと親切です。

例)

「懇親会での名刺交換のお礼 田中太郎」
「ご面談のお礼 田中太郎」(営業で交換したときなど)

名刺交換のお礼メールの例文

例1)交流会で名刺を交換した場合

件名:交流会での名刺交換のお礼 田中太郎

〇〇株式会社 □□様

お世話になっております。
本日の交流会で名刺を交換させていただきました、
株式会社△△の田中太郎でございます。

□□様のお仕事のお話やご趣味のサッカーについて気さくにお話しいただき、
ありがとうございました。
私もサッカーをやっておりましたので、共通の趣味についてお話することができ、
とても楽しい時間を過ごすことができました。

ぜひ一度趣味の話や仕事の話も含めてゆっくりお話ができますと幸いです。
今後とも何卒よろしくお願い致します。

メールにて恐縮ですが、まずは名刺交換のお礼を申し上げます。

田中太郎

 

例2)営業で名刺を交換した場合

件名:名刺交換のお礼 株式会社△△営業部 田中太郎

〇〇株式会社 □□様

お世話になっております。
本日は名刺交換をさせていただき、誠にありがとうございました 。
お忙しいところ、お時間をいただき心よりお礼申し上げます。

今回ご紹介した商品についてご不明な点がございましたら、
何なりとお申し付けください。

今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。

田中太郎

 

まとめ

いかがでしたか?

せっかく名刺を交換したのに、その場限りの関係で終わってしまってはもったいないですよね。
是非この記事を参考にお礼のメールを送って、相手とよりよい関係を築くきっかけにしてください。

新規営業の業務効率化にお困りではありませんか?
5万社以上が活用する企業情報サービスで、時間や手間を削減しましょう!