営業スキルアップ

「テレアポがきつい…」と思う理由と上手く向き合う方法を紹介

「テレアポがきつい、辛い」という悩みを抱えている営業パーソンの方も多いのではないでしょうか。
そこで今回は、テレアポがきついと感じてしまう理由と、上手にテレアポと向き合う方法を紹介します。

なぜ、テレアポはきつい仕事なのか?

相手から冷たく断られることの連続だから

そもそも、テレアポは成功率が非常に低い営業手法です。1000件電話してやっと1件アポを獲得できるという場合も珍しくありません。中には冷たい言葉をかけられたり、罵声を浴びせられたりした経験のある方もいらっしゃるでしょう。

日常生活を送る上で、ここまで多くの人に冷たくあしらわれ続けることはまずありません。仕事だと分かっていても、相手の冷たい反応が辛いのは当たり前のことです。

ノルマによる精神的負担があるから

成功率の非常に低いテレアポであっても、多くの場合アポイント獲得数において結果を出すことが求められます。ノルマを達成せねばならないという精神的負担は非常に大きく、達成できなかった場合は自己嫌悪に陥ることも考えられます。
ノルマに対するプレッシャーを感じることで、前向きな気持ちで仕事に取り組むことができなくなってしまう恐れがあります。

相手に対して申し訳ないという気持ちがあるから

テレアポをしている営業パーソンの中にも、自分がテレアポの電話によって仕事を中断せざるを得なくなり、不快な気分になった経験を持つ人も多いのではないでしょうか。その際に抱いた不快感は、自分がテレアポをする立場になったときに、相手に対して申し訳ないという気持ちにつながります。
相手に不快感を与えているという思いから、自己嫌悪に陥ってしまう点においても、テレアポはきつい仕事であるといえます。

同じ作業の繰り返しのように思えるから

一日に何件もテレアポを繰り返していると、「電話をかける→すぐに断られる」という作業を繰り返しているように感じます。こうした単純な作業を毎日繰り返している気分になり、仕事に対して達成感を感じることが困難であるといえます。
やりがいを見いだすのが難しいために、テレアポがきつい仕事だと感じている営業パーソンは多く存在します。

きついテレアポと上手に向き合うには、どうすればいいのか?

ゲーム感覚で取り組むという意識を持つ

テレアポに取り組むにあたって、ノルマや相手に対する良心の呵責は避けて通れません。しかし、その中でもゲーム感覚を忘れないことが大切です。

例えばテレアポを、自己紹介をする、商品の説明をするといったトークの項目を一つ一つクリアしてゴール(アポイント獲得)を目指す、というRPGに見立てることも可能です。テレアポをゲーム感覚で楽しむということを意識すると、精神的負担の軽減が期待できます。

自分の成長の機会であると考える

テレアポの本来の目的は、アポイントを獲得して自社の売り上げに貢献することです。しかし、テレアポによって営業パーソン自身も成長することができます。

電話による円滑なコミュニケーションは、営業をする上で非常に大切な要素であり、テレアポではその練習の機会が無限に用意されています。辛いと感じるテレアポであっても、将来的には自分の力になると考えると、前向きに向き合えるようになります。

PDCAサイクルを活用して、単純作業から脱却する

テレアポはリストやスクリプトの作成、ロールプレイングを経て実施しますが、こういった過程をただ作業としてこなしていると、テレアポは単調に感じられてしまいます。

そこで、PDCAサイクルを活用することをおすすめします。PDCAサイクルとは、Plan(計画)、Do(実行)、Check(評価)、Action(改善)の頭文字をとったもので、業務の改善に役立つフレームワークです。毎回電話の記録を取り、自分のテレアポの課題を洗い出して改善するプロセスを踏むと、単調な作業からの脱却を図ることができます。

PDCAサイクルに関しては、以下の記事が参考になります。

あわせて読みたい
【徹底解説】PDCAとは?机上論ではなく実務に落とし込むためにすべきことPDCAとは、プロジェクトや業務を効率的に実行できる、W・エドワーズ・デミングが提唱したフレームワークです。しかし、実際にこのPDCAを...

 

まとめ

いかがでしたか?テレアポは辛い仕事であると感じる人が多い一方で、向き合い方によってはやりがいを見いだすことができるのも事実です。今回紹介したポイントを参考に、前向きな気持ちでテレアポに取り組めるようになりましょう。

新規営業の業務効率化にお困りではありませんか?
5万社以上が活用する企業情報サービスで、時間や手間を削減しましょう!