経営戦略・事業戦略

【徹底理解】フランチャイズとは?仕組みや開業までの流れを紹介

コンビニエンスストアや飲食店など、フランチャイズで開業を行なっている店舗は数多くあります。しかし、フランチャイズの仕組みや開業の流れを知っている人は少ないのではないでしょうか?

今回は、フランチャイズの意味や仕組み、開業の流れなどをご説明します。

フランチャイズとは、フランチャイズ加盟店が本部の看板を使用して店舗運営を行なう仕組みのこと

フランチャイズとは、フランチャイズに加盟している一般の個人や法人が、フランチャイズ本部の看板を借りて、店舗運営を行なう仕組みのことです。

加盟店は、フランチャイズ本部のブランド力や店舗運営のノウハウなどを得る代わりに、本部に、フランチャイズの加盟金や看板の利用料(=ロイヤリティ)を支払います。

フランチャイズ開業にかかる費用とは

フランチャイズといっても、コンビニエンスストアなどの小売業や、ファーストフード店などの飲食業、学習塾などのサービス業のように、業種は多種多様です。

そのため、フランチャイズの店舗開業にかかる費用も、業種によって様々です。

また、本部に支払うロイヤリティも、毎月一定の金額を支払う定額方式や、売上によって支払う金額が変動する売上歩合制など、様々な形態があるので、契約をする際には注意しましょう。

フランチャイズ開業のメリット

本部のブランド力を活用できるので、集客しやすい

初めて見た看板の飲食店よりも、見慣れた看板の飲食店の方が気軽に入店しやすいという経験をしたことがある方も多いのではないでしょうか。

フランチャイズ加盟店として開業すると、顧客にとって見慣れているフランチャイズ本部の看板を使用することができます。そのため、本部の知名度を利用でき、独立開業に比べて、集客効果が高いことが大きな特徴です。

未経験でも開業しやすい

フランチャイズでの開業は、店舗運営のマニュアルがある場合が多く、経営未経験者でも安心して開業することができます。

また、本部のノウハウを活用できるほか、数日から数ヶ月間程度の研修制度が設けられていることが多いので、開業未経験の方だけでなく、新しい分野に進出してみたい方にも安心です。

フランチャイズ開業のデメリット

売上にかかわらず、ロイヤリティを支払わなければならない

フランチャイズ加盟店として営業している期間は、本部にロイヤリティを支払い続けなければなりません。そのため、店舗の売上が思うように振るわない場合も、ロイヤリティが請求され、手元に残る利益が少なくなる場合も考えられます。

フランチャイズ開業の契約をする際には、将来的にロイヤリティを支払い続けられるかどうかも判断しなければなりません。

店舗のオリジナリティを出しにくい

フランチャイズでは、店舗運営のためのマニュアルを導入している場合が多く、経営方針や取り扱う商品の価格など、本部の意向に従わなければなりません。そのため、独立開業に比べて自由度が低く、オリジナリティのある店舗運営は行ないにくいものです。

自由に店舗運営をしたい方は、独自開業の方向でも検討してみましょう。

フランチャイズ開業の流れ

下の図は、フランチャイズ開業までの一例です。フランチャイズ本部によって、順番や内容が異なりますので、詳細は本部に確認するようにしてください。

説明会では、質疑応答の時間を設けられている場合が多いので、事前に情報収集を行なって、質問事項を考えておくことが大切です。説明会に参加して、開業する際の不安や疑問点を解消しましょう。

また、開店後だけでなく、開店までの流れも、フランチャイズ本部の担当者にサポートしてもらえる場合も多くあります。開業までの流れに不安を抱いている方は、フランチャイズ契約をする前に、サポートの有無を確認するようにしましょう。

日本フランチャイズチェーン協会が公開しているJFAフランチャイズガイド(http://fc-g.jfa-fc.or.jp/)に、加盟店を募集しているフランチャイズ本部の一覧が掲載されています。フランチャイズ開業に興味を持った方は、このページからご自身に合った本部を探してみてください。

まとめ

いかがでしたか?
この記事では、フランチャイズ開業の仕組みや流れについて紹介しました。
メリット・デメリットを踏まえて、ご自身に合った独立を目指しましょう!

新規営業の業務効率化にお困りではありませんか?
5万社以上が活用する企業情報サービスで、時間や手間を削減しましょう!