経営

【社長になるには】社長になるための方法や身につけたいことを紹介

「いつか社長になりたいけど、社長になるにはどうすればいいんだろう」と悩んでいる方もいるのではないでしょうか。今回は、社長になるための方法や、社長になるために身につけておくべきことを紹介します。

社長になるための方法

独立して起業する

自分で起業するのはハードルが高く、難しいと感じている方も多いのではないでしょうか。しかし、法人を設立すること自体は、それほど難しくはありません。

  • 個人口座の開設、資本金の入金
  • 定款や登記申請書類などの作成
  • 会社の判子の作成
  • 個人名の判子の印鑑証明の取得

基本的には、以上の4ステップで法人を設立することができます。

定款などの必要書類を法務局に提出すると、1週間程度で登記が完了します

また、法人設立には多額の資本金が必要だというイメージがありますが、1円でも法人を設立することが可能です

従業員として働き、出世する

新しい会社を自分で一から立ち上げることに不安を感じる方は、現在勤めている会社で出世して社長になるという方法もあります。

資金を自分で準備する必要がない上に、人材や資材などが整っている場合が多いので、安定して会社を経営できます

しかし、必ず社長になれるという保証はない上に、社長まで出世するには膨大な時間がかかるので、「社長」という肩書きにこだわりが強い方は独立起業も視野に入れておくといいでしょう。

社長になるメリット

自分の頑張り次第で大金を稼げる

社長になると、自分の頑張り次第で大金を稼ぐことができます。会社の業績にもよりますが、一般の社員では稼げない額を稼ぐことも可能です

自分の頑張りが給料として反映されることにやりがいを感じる方にとっては、社長になる大きなメリットのひとつと言えます。

仕事の自由度が高い

社長になると、会社の方針だけでなく、勤務地や勤務時間も自分で自由に選択することができます。中にはオフィスに出勤せずにリモートワークを行う社長もいます。

また、会社の業種にもよりますが、服装も自由に選択でき、毎日スーツで出社しなくてもいい環境を作ることも可能です。

社長になるデメリット

大きな責任を負わなければならない

社長になると、自分だけではなく社員の生活を守らなければなりません。時には社員の生活を左右する判断を下さなければならない場合もあります。

社長になると、会社全体の責任を負わなければならないということを覚悟しておきましょう

収入が不安定

社長は、会社の業績に応じて収入が大きく左右されます。そのため、会社の業績が悪ければ、社長の収入も低くなります

社長になると常に大金が稼げる、というわけではないということを把握しておきましょう。

社長になるために身につけたいこと

もちろん経営者として必要なスキルを身につけておくことは当然ですが、他にも以下のことを身につけておくと役に立ちます。

様々なものへの好奇心

経営者には、世間で流行しているものや、これから流行しそうなものなど、様々なものに強い好奇心を持って取り入れる力が必要です

様々なものに興味を持つことで、ビジネスチャンスの獲得につながります。

軽快なフットワーク

社長には、興味を持ったらすぐに実行する力が必要です。そのため、今のうちに、すぐ行動する習慣をつけておきましょう。

また、フットワークが軽いと、会合や紹介などで交友関係を広げることができるので、ビジネスチャンスを逃すことがありません。

強い精神力

社長は大きな責任を負わなければなりません。時には、社員の人事配置やリストラなどの厳しい判断をしなければならないことも多くあります。

しかし、厳しい判断をするたびに落ち込んでいては、精神的に大きな負担になってしまいます。そのため、落ち込んでもすぐに行動できる強い精神力を持っておくことが大切です

決断力と柔軟性

社長は、会社の将来を左右する決断をしなければなりません。そのため、失敗することを恐れず判断する決断力が必要です

また、会社の業績を上げるためには、新しいものに適応する力が求められます。そのため、様々なことに対応できる柔軟性が必要です

まとめ

いかがでしたか?
今回は、社長になるための方法や身につけたいことについて紹介しました。
この記事を参考に、社長になるための準備を進めていきましょう!

新規営業の業務効率化にお困りではありませんか?
5万社以上が活用する企業情報サービスで、時間や手間を削減しましょう!