経営

フランチャイズチェーンとは?ボランタリーチェーンについても解説!

フランチャイズチェーン店の開業を検討しているけれど、仕組みや開業のメリットなどがわからないという方もいるのではないでしょうか。

今回は、フランチャイズチェーンの仕組みや、開業のメリット・デメリットなどについて紹介します。

フランチャイズチェーンとは、フランチャイズ本部と加盟者が契約して店舗運営を行う経営形態のこと

フランチャイズチェーンとは、事業の本部と契約して、本部と同一のブランドで店舗を展開・運営する経営形態のことです。

フランチャイズの加盟店は、フランチャイズ本部のブランド力や看板、運営のノウハウなどを利用する代わりに、本部に加盟金やロイヤリティ(=看板やノウハウの利用料)を支払います

コンビニエンスストアなどの小売業の他に、学習塾や理美容店、飲食店など様々な種類のフランチャイズチェーンがあります。

フランチャイズチェーンに加盟するメリット

ブランド力を利用できるので、顧客が気軽に入店しやすい

初めて利用する店よりも、見慣れた看板の店の方が入店しやすいと感じる方も多いのではないでしょうか。

フランチャイズチェーンに加盟し開業すると、一般的に知られているチェーン店の看板を利用することができるので、フランチャイズ本部の知名度を活用でき、独立開業よりも高い集客効果があります

知識がなくても起業しやすい

フランチャイズチェーンで開業すると、フランチャイズ本部のノウハウを教えてもらうことができるので、経営の知識がない方でも安心して起業することができます

その他、多くのフランチャイズチェーンでは、開業前に数日から数ヶ月程度の研修を受けることができるので、経営知識がない方や開業経験がない方でも不安なく開業できます。

フランチャイズチェーンに加盟するデメリット

収益の一部をロイヤリティとして支払い続けなければならない

店舗の売上が芳しくない場合でも、フランチャイズチェーンに加盟している期間は、収益の一部をロイヤリティとして支払い続けなければなりません。その場合、ロイヤリティの支払いで手一杯になり、手元に残る収益が少なくなることも想定されます。

フランチャイズチェーンでの開業を考える際には、ロイヤリティを将来的に支払えるかどうかについてもしっかりと検討しましょう

自由な店舗運営が行いにくい

フランチャイズチェーンには、本部のノウハウを共有できるように、店舗運営のマニュアルが導入されている場合が多くあります。そのため、マニュアルに従わなければならず、独自開業に比べて、自由な店舗運営が行いにくいのです

店舗運営を自由に行いたい方は、独立開業も視野に入れておくといいでしょう

レギュラーチェーンやボランタリーチェーンとの違い

レギュラーチェーンとは企業が直接店舗を運営する形式

フランチャイズチェーンは、フランチャイズ本部とフランチャイズ加盟者との契約を行う経営形態であるのに対して、レギュラーチェーンとは、直営店とも呼ばれ、企業が直接店舗を運営・管理する経営形式です

店舗の売上や経費などを全て企業が直接管理するので、店舗の収益が直接企業の利益となります

ボランタリーチェーンとは店舗同士が契約を行う形式

ボランタリーチェーンとは、複数の店舗や事業者が、共同で資材を仕入れるために契約を結ぶ経営形式です。

フランチャイズチェーンとは違い、契約を結んでいる店舗同士が対等な関係であることが大きな特徴です。そのため、フランチャイズチェーンよりも自由に店舗運営が行える上に、仕入れる資材や設備投資にかかるコストを削減できることが大きなメリットです。

さらに、ボランタリーチェーンに加盟している店舗同士で、顧客のニーズなどの情報を共有できるので、ニーズに沿った品揃えや価格に設定することができるというメリットもあります。

しかし、フランチャイズチェーンとは違い、マニュアルがないので経営知識をつけるのに時間がかかるというデメリットがあります。また、知名度のあるブランドが利用できないので、集客には経営者の手腕が問われます

まとめ

いかがでしたか?
今回はフランチャイズチェーンの仕組みや、よく比較されるレギュラーチェーンやボランタリーチェーンについて紹介しました。
この記事を参考にして、フランチャイズチェーン店の開業を検討してみてください。

新規営業の業務効率化にお困りではありませんか?
5万社以上が活用する企業情報サービスで、時間や手間を削減しましょう!