ビジネスモデル

中堅企業とは?立ち位置や特徴、転職のメリットを紹介します

中堅企業という言葉を聞いたことはあっても、具体的にどのような会社を指すかは知らないという方も多いのではないでしょうか。
そこで今回は、中堅企業の位置づけや特徴、中堅企業に転職するメリットを紹介します。

中堅企業には、明確な定義が存在しない

中堅企業は、大企業と中小企業の中間にあたる

中小企業には法律に定められた定義がありますが、中堅企業という言葉には明確な定義は存在しません。一般的には、大企業と中小企業の中間にあたる企業であると考えられています。おおむね資本金1億以上10億未満の企業が中堅企業に分類されるほか、大企業の中でも中小企業に近い企業や、中小企業の中でも大企業に近い企業を指す場合もあります。

大企業や中小企業の定義について詳しく知りたい方は、こちらの記事を参考にしてください。

あわせて読みたい
大企業・中小企業の定義|区別する基準や組織としての違いを解説大企業と中小企業は、どこで線引きされているのかご存知ですか? 漠然とした規模の大きさの違いでしかないと思われがちですが、実は明確な線引...

独自の技術や製品があり、高い市場占有率を持つ企業である

中堅企業は大企業ほど規模は大きくありませんが、ニッチな分野に精通していて独自の技術や製品を持っている企業が多く存在します。知名度がそれほど高くない企業であっても、高い市場占有率を持っていることも珍しくありません。

このような中堅企業では、自分の仕事の成果が業界全体に影響を与えるという実感を持って働くことが可能です。

中堅企業は、地方経済の中核を担う役割を持つ場合が多い

中堅企業は、地方経済おいて重要な役割を果たしています。中堅企業は中小企業よりも規模が大きく、かつ大企業の工場や支店にはない自律的な意志決定が行うことが可能です。そのため、地域密着型の企業として地域の雇用を創出できるほか、独自の特色ある地域経済を発展させるにあたって中心的な役割を担う場合が多くあります。

中堅企業のメリット

優良企業やホワイト企業も多い

中堅企業は、規模や知名度においては大企業に劣りますが、一方では大企業にも負けない高い技術力や独自製品といった強みを持っていることも多くあります。そのため高い市場占有率を有している中堅企業も多く、大企業にも劣らないくらい業績が安定している優良企業やホワイト企業も数多くあります。

責任ある仕事で、やりがいを感じられる環境である

比較的規模の小さい中堅企業では、若手であっても責任ある仕事を任せてもらえる機会が多く存在します。また、経営者や管理職との距離が近いため、社員一人一人の意見が尊重されやすい傾向にあります。そのため、大企業よりも自分の取り組みが結果に直結しやすく、やりがいを感じられる環境であるといえます。

知名度が高くない場合も多く、転職のハードルが比較的低い

知名度の高い大企業は採用試験の倍率が高い傾向がありますが、中堅企業は優良企業やホワイト企業であっても知名度が低いため、転職へのハードルは比較的低いことが考えられます。

転職によって自身のキャリアアップを図ろうと考えている方にとって、中小企業からいきなり大企業への転職は難易度が高いかもしれません。そこで、中堅企業への転職を一度経ることによって、のちに大企業へ転職する足がかりにするということも可能です。また、中堅企業が扱うニッチな分野に関する専門性を身につける機会は、自分自身の成長にもつながります。

 

まとめ

いかがでしたか?

中堅企業は明確に定義された企業の分類ではありませんが、独自の技術や地域に密着した業務を行えるという強みをもった企業であるといえます。今回紹介したポイントを参考にして、中堅企業について理解を深めましょう。

新規営業の業務効率化にお困りではありませんか?
5万社以上が活用する企業情報サービスで、時間や手間を削減しましょう!