組織マネジメント

課長代理の仕事とは|2つの役割や課長補佐・代行との違いも解説

企業によっては課長代理という役職が置かれていることがありますが、実際にはどのような仕事をしているのか知らない、という方もいるのではないでしょうか?

今回は課長代理について、その役割や課長補佐・課長代行との違いを解説します。

課長代理とは、課長と同等の権限を与えられて代役を務める役職のこと

課長代理とは、課長と同等の権限を与えられており、主として課長の代役を務める役職のことです。
立場としては係長より上であり、地位の高い順から部長→課長→課長代理→係長となります。管理職ではありますが、労働法上残業代が支払われない「管理監督者」ではないため、通常の従業員と同じく残業代が支給されることの多い役職です。

課長補佐・課長代行との違い

課長補佐は文字通り課長の職務を補佐する役職であり、課長の代役としての権限は与えられていない場合が一般的です。対外的な仕事も担う課長に対し、課長補佐は課の内部の統括や部下の指導・育成など、内部的な仕事を主に行います。

一方、課長代行は課長代理と同義である場合もあります。ただし、単に課長と同等の権限を持った役職のことを課長代行と呼んでいることもあります。この場合の課長代行は課長と上司・部下の関係に立たず、どのくらいの地位であるかは会社によって異なります。

課長代理の役割

課長が不在の場合の代役

課長が一時的に不在の場合や、新しい課を立ち上げた際に課長を置かずに課の動向を見極めたい場合など、課長不在時の代役として課長代理が置かれることがあります。

この場合は、課長代理は実質的に課長と同じ地位であり、上司も所属部署の部長となります。本来の課長が戻ってこなかった場合や、新しい課が軌道に乗ってきた場合などには、課長代理がそのまま課長に任命されることもあります。

課長の見習い

課長代理は、次期課長候補が課長としての職務の経験を積むためのポストとして置かれていることもあります。この場合は課長の見習いとして、課長のもとで仕事の進め方を学んでいくことになります。
部下の指導・育成やプロジェクトの管理など、課長と同様の職務を行うことにはなりますが、最終的な決裁権限は課長にあります

課長のポストが空いていないときの代わりの枠

課長となるにふさわしい能力を持っているにも関わらず、課長のポストが空いておらず昇進できない人のために課長代理という役職が用意されていることもあります。能力のある人は、適切な評価を得られなかった場合退職してしまうおそれがあるため、代わりのポジションを用意して昇進させます。

実質的には課長と同じ立場であるため、課長の部下という立場ではないこともあります。

課長代理は、中間管理職としてマネジメントを行う

課長代理は係長より上の立場であり、中間管理職のひとつです。課を総括する課長の職務をサポートする一方で、自身もリーダーとして部下の指導・育成に積極的に取り組む必要があります

また、中間管理職にとっては上司と部下のパイプ役を務めることも重要な仕事です。課長や経営陣の考えた施策などの周知・理解促進を行うとともに、現場で働く部下からの意見・要望を上司に伝えることも必要になります。
中間管理職の働きによって、上司は現場に配慮することができ、部下は目的意識を持って仕事に取り組むことができます。そのため、企業において中間管理職の働きはとても重要です。

中間管理職については、次の記事も参考にしてみてください。

あわせて読みたい
「中間管理職」が企業で担う役割とは?|必要なスキルも解説中間管理職は、組織にとって欠かせないポジションです。しかし、担っている役割などを明確に説明できる人は少ないのではないでしょうか?また、ス...
まとめ

いかがでしたか?

課長代理には、課長の代役を務める場合と、課長の見習いとして業務を行う場合の2つの役割が存在します。

この記事を参考に、課長代理の役割や課長補佐・課長代行との違いを押さえておきましょう。

新規営業の業務効率化にお困りではありませんか?
5万社以上が活用する企業情報サービスで、時間や手間を削減しましょう!