組織マネジメント

主幹の役割・仕事内容とは?自治体における役職の序列も紹介

国や地方などの自治体には主幹という役職が置かれていることがありますが、具体的にどのような仕事をしているのかご存知でしょうか?
今回は、主幹の役割と仕事内容、自治体における役職の序列を解説します。

主幹とは、ある事業や業務の中心となっている人のこと

主幹とは、ある事業や業務の中心となっている人のことを指します。簡潔に言えば、仕事の「まとめ役」であるということです。

主に国や地方などの自治体で用いられる役職名である

主幹は、主に国や地方などの自治体において置かれている役職です。自治体によっては「主幹級」「主査」などと呼ばれている場合もあります。
また、一部の民間企業でも主幹が置かれていることがあります。

中間管理職としてチームで結果を残すことが求められる

主幹は中間管理職のひとつです。したがって、部下と上司のパイプ役となり、自身のチームが円滑に機能するように努める必要があります
また中間管理職としては、「チームの行動・成果に対する責任を持つ」「部下の育成・指導を行う」といったことも重要になります。

中間管理職については、次の記事も参考にしてみてください。

あわせて読みたい
「中間管理職」が企業で担う役割とは?|必要なスキルも解説中間管理職は、組織にとって欠かせないポジションです。しかし、担っている役割などを明確に説明できる人は少ないのではないでしょうか?また、ス...

民間企業における課長クラスに該当することが多い

主幹は、民間企業における課長クラスに該当する立場であることが一般的です。ただし、自治体によっては立場が異なる場合もあります。

民間企業でも主幹が置かれていることがありますが、企業によってその立ち位置は異なります。一部の企業では、取締役クラスなどの社員が主幹を務めていることもあります。

主幹の年齢・年収

管理職である主幹には、45歳以上の職員が就くといわれています。民間企業において課長になるのは40代後半であるのが一般的であることを考えれば、昇進スピードに関しても主幹は課長と同等であるといえるでしょう。

また、主幹の平均年収は、所属組織にもよりますが約900万円~1200万円であるといわれています。

自治体における役職の序列

国や地方などの自治体においては、主事・主任・主査・主幹・主務といった役職が存在します。すべての役職が置かれているとは限りませんが、主事や主任は多くの自治体において置かれています。
これらの役職は一般的には次のような序列となっており、立場が上の順に主務>主幹>主査>主任>主事となっています。ただし、自治体によっては序列や各役職の立場が異なる場合もあります。

  • 主務
    民間企業における部長クラスの役職です。担当部署を取りまとめる長となって業務にあたることになります。
  • 主幹
    民間企業における課長クラスの役職です。所属部署の業務を取りまとめるリーダーとして働きます。
  • 主査
    民間企業における係長クラスの役職です。中間管理職であり、課長補佐のように主幹の補佐を行うこともあります。
  • 主任
    民間企業における主任と同じく、職員の中での熟練者を指す言葉です。管理職ではなく、業務上の主力となることが求められています。
  • 主事
    特に役職を持っていない職員のことです。民間企業における平社員を指します。

補足 : 専門幹とは、専門的な決定への助言を行う役職のこと

主幹に関連する役職として、専門幹というものがあります。専門官は、専門的な決定を行う際の助言・提案や、専門的な業務の処理を行う役職です。専門的な知識・技術・能力を組織的に継承するための業務も担います。

専門幹は、民間企業における課長クラス、もしくは課長補佐クラスであることが一般的です。

 

まとめ

いかがでしたか?

主幹は、主に国や地方の自治体に置かれている役職で、事業や業務の中心となっている人を指します。

この記事を参考に、主幹の仕事内容や自治体における役職の序列についても押さえておきましょう。

新規営業の業務効率化にお困りではありませんか?
5万社以上が活用する企業情報サービスで、時間や手間を削減しましょう!