組織マネジメント

同族経営・家族経営はなぜ嫌われる?社員から信頼される秘訣を解説

同族経営・家族経営の体制をとる企業は非家族社員への待遇が悪いなど、マイナスなイメージを持たれてしまうことが多々あります。実際、経営陣の構成からワンマン経営が横行しやすいことも事実です。
そこで今回は、同族経営・家族経営が嫌われてしまう理由と、そうならないための秘訣を解説します。

同族経営・家族経営とは「特定の親族が会社を所有し、経営を支配している組織」である

同族経営・家族経営とは「特定の親族が会社の経営権を所有し、経営方針を独占的に決めている企業」です。同族経営を行う企業の中には、会社の意思決定権をもつ社長から役員まで、一部の親族でほとんど埋め尽くされている場合もあります。

同族経営は日本企業のうち9割以上を占め、大手企業の中にもトヨタ自動車やサントリーなど、同族経営に当てはまる企業が多々あります。

同族経営・家族経営では、経営陣の一体感が強く経営が安定しやすい

多くの企業が同族経営・家族経営の体制をとっている理由には、創業時からの経営理念が浸透しやすいことや、不況時に家族社員にかかる人件費を削減しやすいことが挙げられます。また、元々信頼関係のある親族が会社に属するため、会社への忠誠心が高いことも特徴的です。

そのほか同族経営では、会社の存続が経営陣にとって家族を守ることにもつながるため、長きに渡って安定するような経営を行うことが多く、これは他の社員のメリットとしても挙げられます。

同族経営・家族経営が社員から嫌われる要因

同族経営・家族経営を行う企業では、経営陣が身近な親族で構成されているため、非家族社員から嫌われてしまうこともよくあります。

コーポレートガバナンスが行き渡っていない

同族経営では公私混同が起こって、法令遵守が疎かになってしまうことがあります。会社の経費をプライベートで使用したり、社内への報告が杜撰になったりすれば、社員からの信用を失いかねません。また、取締役会が機能せずワンマン経営が横行すれば、社外からの信頼も失ってしまいます

家族社員と非家族社員で格差が生まれている

家族社員と非家族社員で待遇が異なってしまうことも、同族経営が嫌われてしまう原因のひとつです。同じ程度の実績を上げたにもかかわらず家族社員よりもボーナスが低い、昇進する機会が与えられないと、非家族社員のモチベーションは上がりません。また、非家族社員の意見が企業体制に反映されにくいことも不満を買ってしまう原因です

知識不足・スキル不足の人物が経営陣の中にいる

同族経営では経営陣の子息などを後継者にするため、知識やスキルが伴っていない人が会社のトップに立ってしまうこともよくあります。知識不足・スキル不足の人材が経営権を握れば、会社が存続の危機に陥るかもしれないという、社員の不安を煽ってしまいます

伝統にとらわれ、社内改革が生まれない

同族経営では伝統にとらわれすぎるあまり、社内改革が生まれず時代の変化に対応できないことも少なくありません。特に、社内における働き方改革が起こらなければ、社員のモチベーションを維持することができず、生産性も向上しません

同族経営・家族経営で社員からの信頼を得るための秘訣

取締役会を機能させ、会社の透明性を保つ

取締役会が機能してワンマン経営を防ぐことができれば、会社の透明性が保たれて社員や取引先からの信頼を得られます。特に、第三者からの監視を受けるために社外取締役を導入することは、信頼を得るのに有効な手段のひとつです
また、監査役を設置すれば法律に関する監査も行われるので、コーポレートガバナンスの遵守にもつながります。

全社員に対する福利厚生を整え、昇進する機会を与える

現場で働く社員がいなければ、会社を存続させることはできません。そのため、全社員に対する福利厚生を整えて、働きやすい労働環境を保証する必要があります。また、家族社員だけでなく非家族社員にもボーナスや昇進する機会を十分に与え、モチベーションを高めて生産性を向上させることが重要です。

積極的に会社の革新を試みる

先代のやり方が上手くいったからといって、同じやり方を継続しても成功を収め続けられるとは限りません。新規事業で顧客のニーズに応えたり、M&Aを積極的に行うなどして会社を成長させ続けることが大切です。また、働き方改革や新規システムの導入などによる業務効率化を常に心掛け、社員の満足度を維持し続けることも非常に重要です。

まとめ

いかがでしたか?

同族経営・家族経営はワンマン経営が横行したり、社員に対する差別的な待遇をしたりすることで、社員からの信頼を失ってしまいます。それらを防ぐために、会社の透明性を確保することや、全社員に昇進させる機会を与えること、社内改革を常に試みることが非常に重要です。

新規営業の業務効率化にお困りではありませんか?
5万社以上が活用する企業情報サービスで、時間や手間を削減しましょう!