組織マネジメント

ストレスマネジメントとは?管理職向けのマネジメント手法も紹介

ストレスマネジメントという言葉を聞いたことはありますか?
私生活だけでなくビジネスの場面においても、ストレスとうまく付き合うことが重要になっています。

今回はストレスマネジメントについて、個人ができる方法に加えて、企業の管理職向けに社員のマネジメント手法も紹介します。

ストレスマネジメントとは、ストレスが蓄積しないように適切に管理・対処すること

ストレスマネジメントとは、ストレスが蓄積してしまわないように、適切な管理・対処を施すことを指します。適度なストレスは必要な緊張感を与えてくれますが、過度なストレスがかかると心身ともに悪影響を受けます。適度な範囲内に保つために、ストレスを管理する必要があります。

ストレスの主な原因

ストレスの原因(ストレッサー)は、大きく次の5つに分類することができます。

  • 身体的ストレッサー:病気や体調不良、睡眠不足や身体的な疲労など
  • 心理・社会的ストレッサー:人間関係や仕事でのプレッシャー、経済的不安など
  • 物理的ストレッサー:気温、照明や騒音など
  • 科学的ストレッサー:有害物質、大気汚染など
  • 生物学的ストレッサー:ウイルス、花粉など

ストレスへの管理・対処法

個人ができるストレス管理・対処の方法には、次のようなものがあります。

セルフモニタリング

セルフモニタリングとは、自分の気持ちや体調の変化を継続的に記録することです。日常的に変化の記録をとることで、自分の心身の変化に気づきやすくなり、早期に対処できるようになります
また、客観的に自分の変化を見直すことで、ストレスの原因がどこにあるのかを探しやすくなります。さらに、自分の心境を見つめ直すこと自体が気持ちを楽にする場合もあります。

代表的な方法は、ストレスを感じたときにその内容を書き留めるというものです。「明日のミーティングのことを考えると憂鬱だ」といったように「いつ・どこでストレスを感じたか」もメモに残しておくことで、ストレスの原因の特定に繋がります。

ストレスコーピング

ストレスコーピングとは、ストレスを軽減させるための方法・スキルのことです。ストレスマネジメントと混同されやすい言葉ですが、ストレスマネジメントの一手法であるとされています。
ストレスコーピングは、次の4種類に分けることができます。

  1. 問題焦点型コーピング
    ストレスの原因となっている問題そのものの解決を図る方法です。
    例)業務・目標の難易度を下げる、職場の環境を整える
  2. 情動焦点型コーピング
    ストレスの原因に対する怒りや悲しみといった感情を外部に出し、気持ちを整理する方法です。
    例)友人に相談する、カウンセリングを受ける
  3. 認知的再評価型コーピング
    問題の解決を図るのではなく、その問題に対する自分の考え方・捉え方を調整する方法です。
    例)難易度の高い業務を割り当てられたことを、自分が期待されている証拠だと捉える
  4. ストレス解消型コーピング
    自分に合ったストレスの発散を行う方法です。
    例)ストレッチを行う、睡眠時間を増やす

企業が社員に対してストレスマネジメントを行うことも重要

技術革新や経済状況の変化により労働者を取り巻く環境が不安定となっている現代では、ストレスを原因に心身に不調をきたす人も少なくありません。社員に対するストレスマネジメントは、業務の効率維持だけでなく、休職・退職を防ぐためにも必要となっています。
現在、企業にはストレスチェックテストの実施が義務付けられています。ストレスチェックテストは、社員の精神的なストレスを把握することを目的に、次のような流れで実施されます。

  1. 質問票の配布・記入
    事前に告知を行い、社員のプライバシーに配慮して調査を実施します。
  2. 調査結果の評価
    調査結果をもとに、大きなストレスを抱えている「高ストレス者」を見つけます。
  3. 調査結果の通知
    医師から調査結果が通知され、必要に応じて個人面談などが実施されます。

管理監督者によるラインケアが必要

ラインケアとは、チームリーダーや部長・課長などの管理監督者が行うストレスマネジメントのことです。日常的に部下の様子に気を配り、面談や職場環境の改善によってストレスの軽減・解消を図らなければなりません。
有効なラインケアを行うためには、部下との間に信頼関係を築くことが必要です。意識的にコミュニケーションを行い、相談を受けやすい体制を作りましょう。

この他に企業ができる取り組みとしては、社員のセルフケアの促進などがあります。また、必要に応じて専門家によるカウンセリングを実施してもらうことも有効です。

まとめ

いかがでしたか?

ストレスマネジメントとは、ストレスを蓄積させないように管理することであり、ビジネスでも個人・企業のどちらにとっても重要な考え方です。

この記事を参考に、ストレスの原因と対応方法について押さえておきましょう。

新規営業の業務効率化にお困りではありませんか?
5万社以上が活用する企業情報サービスで、時間や手間を削減しましょう!