業務改革・改善

在庫回転率の2つの計算方法とは|算出のメリットも解説します

在庫回転率は、販売業における在庫管理のために重要な指標のひとつです。
しかし、具体的な計算方法や在庫管理への役立て方を知らない方もいらっしゃるのではないでしょうか?

今回は在庫回転率について、2つの計算方法と算出のメリットを紹介します。

在庫回転率は、適正な在庫の量を把握するために必要

在庫回転率とは、一定期間内に在庫がどのくらい入れ替わったかを表す指標です。
基本的には、在庫回転率が高いほど販売効率が良いとされます。一方、在庫回転率の低い商品は売れていないものがほとんどで、極端に単価が高い商品を除いて売上には貢献していないといえます。

在庫回転率は、適切な在庫の量(適正在庫)を把握するために必要です。在庫が多すぎた場合、売上に対して仕入れ・管理の費用がかさんでしまいます。また、長期間保存していると商品が劣化することもあります。逆に在庫が少なすぎると、顧客がいても販売する機会を逃してしまいます。
このように、適正在庫を把握することは、販売業におけるリスクを避けるために必要です。

在庫回転率の適正値は業種によって異なる

基本的に高いほどよいとされる在庫回転率ですが、その適正値は業種によって異なります。例えば飲食業や食品販売業の場合、商品を新鮮な状態で売り切る必要があるため高い在庫回転率が求められます
一方、家電や業務用機器を販売する場合は、単価が高く劣化しにくい商品を扱うため、在庫回転率が低くても利益をあげられます

つまり、在庫回転率の適正値を知りたいなら、利益率の高い同業他社を参考にするのが良いといえます。

在庫回転率を算出するメリット

需要の予測を立てられる

在庫回転率は1週間や1か月などの好きな単位で算出でき、定期的に調べることで在庫の動きを把握できます。そのため、在庫回転率の変化から需要の予測を立てられ、仕入れ量を決定するのに役立てられます

商品の売れ行きを把握できる

在庫回転率の高い商品は入荷から販売までのサイクルが短く、売れ行きが好調であることを意味します。反対に、在庫回転率の低い商品は売れ行きが悪い、もしくは単価が高いため多くを売る必要がないものであるといえます。
このように、在庫回転率から商品の売れ行きを把握することによって、どの商品を優先的に仕入れるべきかを判断できます。

在庫の管理方法を見直せる

商品ごとの在庫回転率を知れば、倉庫内での在庫管理方法を見直すことができます。例えば、在庫回転率が高く売れ行きの良い商品は、取り出しやすい位置に配置することで品出し作業の量を減らすことが可能です。
作業しやすい環境を整えることで、業務が効率化され、接客などの他の業務に余裕を持って対応できます。

在庫回転率の計算方法

金額ベースの計算方法

次のような計算式で、金額ベースの在庫回転率を求めることができます。

在庫回転率(金額ベース) = 売上原価 ÷ 平均在庫額

売上原価とは一定期間で使った在庫の金額のことで、期首在庫金額+仕入れ在庫金額-期末在庫金額で求められます。また、平均在庫額は期首と期末の棚卸資産の金額を平均したものを指します。棚卸資産とは販売目的で所有している商品のことです。
決算書の数値をベースに計算されるため、1年を期間として計算されるのが一般的です。

売上原価ではなく売上高(販売で得た総額)を用いて計算されることもあります。しかし、平均在庫額が売上原価をベースに算出されるため、売上高で計算すると販売者が上乗せした利益分が計算に含まれ、実態に比べて高い数値が出るおそれがあります

個数ベースの計算方法

次のような計算式で、個数ベースの在庫回転率を求めることができます。

 在庫回転率(個数ベース) = 出庫数 ÷ 平均在庫

出庫数はその期間内での日々の出庫数の合計を、平均在庫数は期首と期末の在庫数の平均を指します。一般に、個数ベースの計算の方が実務的であり、金額ベースの計算方法は経営陣向けであるといわれています。

商品の価格変動が計算に影響を与える金額ベースに比べ、個数ベースだと純粋に個数のみで計算でき、実態を把握しやすいといえます。

在庫回転率を高めるためには、不要在庫を減らす必要がある

在庫回転率を高めるためには、まず商品を運転在庫と不要在庫に分ける必要があります。運転在庫とは売上や利益に貢献している商品の在庫のことを、不要在庫とは売上や利益に貢献していない商品の在庫のことをいいます。

この2つの在庫のうち、不要在庫を減らすことが在庫回転率の向上に繋がります。不要在庫となっている商品については、次のような流れで処分していきます。

  1. 店舗において販売促進や値下げを行う
  2. 転売や転用などを検討する
  3. 商品価値がなくなったものについては廃棄処分する

 

まとめ

いかがでしたか?

在庫回転率を計算することで、適正な在庫を把握し、仕入れ量などにも反映させられます。

この記事を参考に、在庫回転率の2種類の計算方法についても押さえておきましょう。

新規営業の業務効率化にお困りではありませんか?
5万社以上が活用する企業情報サービスで、時間や手間を削減しましょう!