業務改革・改善

サプライチェーンマネジメント(SCM)とは?成功事例も紹介!

サプライチェーンマネジメントという言葉を耳にしたことはありますか?この概念を理解し、うまく管理することで会社の売上を増加できる可能性があります。

今回はサプライチェーンマネジメントの詳細や成功事例について紹介します。

サプライチェーンとは商品が消費者に届くまでの一連の流れのこと

サプライチェーンとは、商品の材料の調達から製造、配送、販売までの一連の流れを表します。供給(Supply)の流れを鎖(Chain)として捉えたことに由来します。

サプライチェーンは購買物流・製造・出荷物流の3つに分けることができます。購買物流は原材料の調達過程、製造は原材料の加工過程、出荷物流は商品を販売するまでの過程を指します。また、出荷物流はアウトバウンドロジスティックスと呼ばれることもあります。

サプライチェーンは商品が消費者に届くまでの供給の連鎖を指しますが、この連鎖には押さえるべき流れが2つあります。1つ目は商品の流れで、「生産者→消費者」の流れを指します。この「生産者→消費者」の流れは一般的なサプライチェーンの流れです。2つ目は情報の流れで「消費者→生産者」の流れを指し、これは一般的なサプライチェーンとは逆向きの流れです。

サプライチェーンマネジメント(SCM)とは商品の流通と情報を管理すること

サプライチェーンマネジメント(SCM)とは、「生産者→消費者」の流れである商品の流れと「消費者→生産者」の流れである情報の流れの2つを結び付けて管理する経営手法です。サプライチェーン全体で情報を共有し、全体最適を目指します。

サプライチェーンマネジメントの具体例としては、販売状況や消費者の口コミなどから需要の予測を立てて生産部門に共有し、過不足なく商品を生産する体制を構築することが挙げられます。また、供給を滞らせないために配送体制を最適化することもサプライチェーンマネジメントにあたります。

サプライチェーンマネジメント(SCM)が注目された背景

企業や経済のグローバル化

ITの発達などに伴い、企業や経済のグローバル化が急速に進んでおり、生産・調達・販売などのネットワークも国内外問わず張りめぐらされるようになりました。このような世界経済においては、情報を一元管理して生産・供給を行わなければ、経営の効率化ができません。したがって、情報を一元化し全体最適を目指すサプライチェーンマネジメントの需要が高まっているのです。

テクノロジーの進化

ITなどのテクノロジーの進化に伴って、様々な情報を瞬時に手に入れられるようになりました。このような情報社会では、顧客データなどのビッグデータを上手く企業活動に活用できるかが重要です。したがって、サプライチェーンマネジメントによって、情報と商品の流れを結び付けることが求められています。

労働人口とビジネスモデルの変化

少子高齢化によって人手不足が深刻化している上に、働き方改革で労働時間が減少している現在では、多くの企業が事業の効率化を課題としています。また、ECが普及して販売と配送は独立したものではなくセットとして捉えられるビジネスモデルが台頭してきています。

このような労働人口やビジネスモデルが変化した世界では、サプライチェーンマネジメントにより、全体最適を目指すことが求められています。

サプライチェーンマネジメント(SCM)のメリット

在庫管理を最適化できる

情報と商品を結び付けて管理することで、必要な分だけ商品を製造できるようになるため、在庫管理を最適化できます。不要な在庫を減らすことは、コストやリスクの削減につながります。

リードタイムを削減できる

サプライチェーンマネジメントにより、生産プロセスを最適化することで、商品の製造に必要な時間であるリードタイムを削減できます。これにより、在庫不足による機会損失を回避でき、売上の増加が見込めます。

サプライチェーンマネジメント(SCM)の成功事例

花王

花王は需要予測を中心としたサプライチェーンマネジメントに取り組んでいます。店舗別・商品別の販売状況に季節変動などの要素を組み合わせて分析し、生産計画や販売計画を立てているため、安定的かつ効率的な供給を可能としています。また、花王は輸送コストを製品ごとに管理するという、輸送に関するデータベースも構築しています。これにより、使用する車種や輸送ルートの最適化などを実現しています。

ファーストリテイリング

UNIQLOやGUなどを展開するファーストリテイリングではサプライチェーン改革と称してサプライチェーンマネジメントに取り組んでいます。生産工程では、東レとパートナーシップを組み、素材の備蓄により生産工程を削減しています。また、サプライチェーン全体では、RFIDというタグにより、受発注や在庫管理に関する情報や数値を可視化し、顧客が好きな時間好きな場所で欲しい商品を購入できる「個店経営」を可能としています。

まとめ

いかがでしたか?

サプライチェーンマネジメントに取り組むことで、在庫管理の最適化やリードタイムの削減などが可能になります。この記事を参考にサプライチェーンマネジメントに関する知識を深めましょう。

新規営業の業務効率化にお困りではありませんか?
5万社以上が活用する企業情報サービスで、時間や手間を削減しましょう!