営業スキルアップ

電話営業で苦痛を感じる理由とは?つらい時の対処法も紹介

電話営業を担当していて、「電話営業がつらすぎる」と感じている方も多いのではないでしょうか。

今回は、電話営業がつらいと感じる理由やつらさを軽減させたい時の対処法を紹介します。

電話営業がなぜつらいのか

電話口で怒鳴られるから

電話営業を行なっていると、電話口で怒鳴られたり、きつい口調で断られた経験がある方は多いのではないでしょうか。

普段の生活では経験したことのないほど激しく怒られることで、トラウマになってしまいます。その結果、電話営業がつらいと感じてしまい、恐怖心で電話をかけられなくなってしまうこともあります

冷たい対応をされるから

電話口で冷たい対応をされることも、電話営業がつらいと感じる例のひとつです。

冷たい言葉を投げかけられるだけでなく、営業だとわかった途端に無言で電話を切られたり、何度電話しても担当者に繋いでもらえないなどの経験をしたことがある方も多いでしょう。

このように電話営業は、日常生活では経験しない「自分は人間だと思われていないのではないか?」と感じるような対応をされることが多く、苦痛に感じてしまうのです。

電話営業からアポイントが取れる確率が低すぎるから

新規の電話営業を100件行なって、アポイントが取れるのは1件程度と言われています。場合によっては、1日中電話営業を行なってもアポイントが全く取れないことも珍しくありません

1日中電話をかけ続けても成果がでなければ、誰でも精神的負担を感じます。そのため、電話営業をつらく感じてしまうのは当然のことです。

電話営業がつらすぎる時の対処法

台本を作成する

電話営業を行なう際に、話す内容や質問に対する切り返しを想定した台本を用意しましょう

ただし、用意した台本を機械的に話してしまうと、相手に不快感を与えてしまいます。そのため、様々な状況に対応できるよう、想定される質問をしっかりと用意し、電話の相手とのコミュニケーションを成立させることが大切です

台本の作成の際には、電話口の相手の反応に応じて、最低でも以下の4種類の台本は必ず作成しましょう。

  • 電話口で拒否された場合
  • 用件を問われた場合
  • 担当者に取り次いでもらえた場合
  • 担当者は不在と返答された場合

成功している先輩や同僚からアドバイスをもらう

同じ環境で電話営業に成功している先輩や同僚にアドバイスをもらうことも、電話営業がつらい時の対処法のひとつです。成果をあげている人の方法を学ぶと、自分の改善点や細かいテクニックなどを知ることができます

「なぜアポイントの獲得につながっているのか」「細かい質問への対応の仕方や話の流れはどのようにしているのか」などを、丁寧に分析しましょう。

また、自分の営業電話を先輩や同僚に聞いてもらって、アドバイスをもらうことも効果的な方法です

電話営業の方法のアドバイスだけでなく、同じ環境で働く人ならではのストレス発散法や落ち込んだ時の立ち直り方も参考になるでしょう

先輩や同僚に聞きづらいと感じている方は、こちらの記事をご覧ください。

あわせて読みたい
成功率が上がるテレアポのコツ|事前準備や電話中のポイントを紹介「テレアポが上達せず、全く成功率が上がらない」という悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか。そこで今回は成功率が上がるテレアポのコ...

営業ノルマのことだけを考える

電話営業の多くはノルマが課されています。そのため、ノルマのことだけを考えてひたすら電話をかけ続けることも、精神的苦痛を和らげる方法のひとつです。

電話口の相手に冷たい言葉や態度を取られても、無心でノルマのことだけを見据えることで、ストレスを軽減することができます

電話営業用の別人格を作る

電話営業用の別人格を作り、その役を演じ続けることで、電話営業でのストレスを軽減しましょう

つらいと思いながら業務をし続けていると、ストレスが溜まりどんどんモチベーションが低下してしまうことが多いのです。

そのため、別人格を作り、電話営業での失敗やつらい気持ちを別人格に負担させることで、気持ちを切り替えられ、本来の人格が受けるダメージを減らせます

その他、電話営業が苦手だと感じている人は、「電話営業が上手な人」という人格になりきることで、少しずつ成功につながり、自信を持てたり緊張が緩和できたりするというケースもあります

異動や転職を検討する

電話営業のつらさがどうしても耐えられない場合や、心身に支障が出る場合は、無理をせずに異動や転職を検討しましょう

上司に相談すれば、電話営業のない部署に異動してもらえたり、他に対応してもらえたりするかもしれません。

異動や転職に勇気が持てない人は、「電話営業がいやだから」という考え方ではなく、「キャリアチェンジのため」という考え方に改めてみましょう。勇気が持てるだけでなく、自分のやりたいことや向いている役割が発見できる可能性が高まります

まとめ

いかがでしたか?今回は、電話営業に苦痛を感じている人に向けて、その理由や対処法をご紹介しました。この記事を参考に、電話営業への苦手意識を少しずつ克服しましょう。

新規営業の業務効率化にお困りではありませんか?
5万社以上が活用する企業情報サービスで、時間や手間を削減しましょう!