組織マネジメント

企業のビジョンはなぜ必要なのか?メリットやビジョンの作り方も解説

日常でしばしば耳にするビジョンの正しい意味をご存知ですか?効果的なビジョンの作成は企業の成長や業績拡大につながる可能性があります。

今回はビジョンの必要性やメリット、作成方法について解説します。

ビジョンは企業が目指すべき未来や理想像のこと

ビジョンは、企業が目指すべき未来や実現したい理想像を言語化したものを指します。ビジョン(Vision)はもともと「視覚、見ること」などの意味があり、そこから展望や将来の構想を指すようになりました。

社会において企業が果たすべき使命を実現した姿が理想像であるので、ビジョンはミッションをより具体化したものであるといえます。

ミッションとは企業の存在意義や果たすべき使命のこと

ミッションとは企業の存在意義や社会において果たすべき使命を言語化したものを指します。つまり、「企業がなぜ存在するのか?」「社会において何をすべきなのか」などに対する答えがミッションであるといえます。

ビジョンは中長期的な目標であるのに対し、ミッションは企業の存在意義であるため、普遍的な価値観であるといえます。

バリューとは企業内で共有すべき価値観や価値基準のこと

バリューは社員の行動指針となる価値観のことを指します。ミッションやビジョンを達成するために、社員がどのような行動を取るべきかを考える際の基準となるので、バリューはより具体的な内容であるといえます。

また、ミッションやバリューは1つである場合が多いのに対し、バリューは複数掲げられている傾向にあります。

ビジョンを掲げるメリット

社会に対し、どのような未来をもたらすかをアピールできる

社会や自社のステークホルダーに対しビジョンを提示することで、自社が提供するサービスの延長線上にどのような未来があるのかをアピールでき、信頼の向上につながります。また、ビジョンはミッションをより具体化したものであるため、ミッションだけでは抽象的で伝わりきらない部分を補えるというメリットも存在します。

行動や判断の指針となる

ビジョンがしっかりと社員に浸透すると、判断に迷った場合でも、ビジョンに基づいて意思決定できるようになります。また、社員によって取り組む業務や部署が違っても、共通のビジョンがあれば同じ目標に向かっているという自覚をもって働けるため、モチベーションの維持や組織の結束力の強化にもつながります。

ビジョンの作成方法

ビジョンの作成方法は以下の通りです。

  1. ビジョンを作成するチームを結成する
    様々な部門の社員で構成されたビジョン作成チームを結成することが理想です。
  2. 社歴を振り返り、自社を取り巻く環境の分析を行う
    ビジョンは自社のなりたい姿を言語化したものであるため、ビジョンの作成には今までの姿、すなわち過去の振り返りが必要です。その上で、自社を取り巻く環境を分析し、将来の市場を予想して理想像を作成する際のヒントとします。
  3. ビジョンを創出し言語化する
    自社の現在の事業、将来取り組みたい事業を明確にした上で、今後自社が変革していくための課題を洗い出します。その課題のうち、社会とも共有できる課題を選び抜いて体系化し、自社がやりたいこと、かつ社会に対してやるべきことを明確にして言語化します。
  4. 事業計画に反映させる
    言語化したビジョンを、事業計画に反映させ、目標を設定していきます。
  5. ビジョンを社内外に定着させる
    自社の全てのステークホルダーに対し、ビジョンを共有し定着させていきます。

企業のビジョンの例

最後に、有名企業のビジョンを紹介します。

サイバーエージェント

21世紀を代表する会社を創る

ヤフー

世界で一番、便利な国へ。

ファーストリテイリング

服のチカラを、社会のチカラに。

どの企業も簡潔で分かりやすく、将来の理想像を表しています。

まとめ

いかがでしたか? ビジョンは企業の将来の理想像であり、判断に困った際の指針となります。また、ステークホルダーに対しビジョンを提示することで、自社のサービスの延長線上にどのような未来があるのかをアピールできます。

この記事を参考にビジョンについての理解を深めましょう。

新規営業の業務効率化にお困りではありませんか?
5万社以上が活用する企業情報サービスで、時間や手間を削減しましょう!