業務改革・改善

在庫管理の効果的な方法とは|メリットやおすすめのシステムも紹介

在庫管理の適切な方法を知っていますか?在庫管理は無闇に実行してもあまり効果がありません。

今回は在庫管理の効果的な方法やメリット、おすすめシステムを紹介します。

在庫管理とは、「現金化を待っているもの」を管理すること

在庫管理とは、原材料や部品、製品など企業が所有する在庫を、最適な状態で保管できるように管理することをいいます。

ここでは、販売前の商品だけではなく、後に現金化されるのを待っているものも総じて「在庫」と呼びます。

具体的な業務例として、以下のものが挙げられます。

  • 現品管理:在庫の荷受や検品、清掃などを行う業務
  • データ管理:在庫の入庫日や商品情報などのデータを管理する業務

在庫管理のメリット

作業の効率化による生産性の向上

在庫管理を行うことで在庫の場所が明確になるので、在庫を探し出す時間が短縮でき、作業を効率的に進めることができます

また、在庫をすぐに取り出すことができるので、別の作業に時間を使えるほか、納期の短縮にもつながり、生産性の向上が見込めます

余剰在庫の軽減

販売機会を失わないために、欠品状態になることを避けた結果、多めに在庫を抱えてしまうことがあります。

しかし、在庫管理を行うと、販売状況や仕入れの実績が把握できるので、今後の注文の予測を立てられ、適切な量の在庫を仕入れることが可能になります

品質の安定

長期的な保管を伴う商品だと、倉庫に保管してある商品が劣化してしまう恐れがあります。しかし、在庫管理を行うと古い在庫から商品のサイクルを回せるので、商品の劣化を減らすことができます

また、商品を劣化させず、安定した品質で提供できるので、顧客からの信頼にもつながります

倉庫のスペース確保

在庫管理を行うと、商品の配置場所が明確になり、倉庫を整理整頓することができます。在庫管理で削減できた無駄なスペースを、他の用途に使うことも可能です。

在庫管理にはルール作りが必要不可欠

在庫管理を行うには、まずルール作りが必須です。その中でも、ロケーション管理は特に重要です。

ロケーション管理とは、在庫を保管する場所を決めて管理するという方法です。ロケーション管理を行うことで、在庫が混在せず、適切な在庫管理を実現できます。

他にも、在庫数のデータ入力方法や作業手順などのルールも定めておくことが大切です。

在庫管理の方法

エクセルでの管理

在庫管理で一番利用されているのがエクセルです。

エクセルは、すでに社内で導入されている会社が多く、追加でソフトをダウンロードしなくても、簡易的な在庫管理であれば手軽に利用できます。また、インターネット環境がなくてもデータの編集が可能というメリットもあります。

しかし、簡単な在庫一覧だけでなく、データの相互参照のように複雑な機能を追加してしまうと、エラーが発生してしまったり、シートを作成した本人しか修正できなかったりするなど、手間やミスの増加につながるというデメリットもあります。

クラウド型システムでの管理

クラウド型システムとは、インターネット上で在庫管理を行うシステムのことで、エクセルよりも簡単に在庫管理を行うことができます。人件費など在庫管理に必要なコストと比較すると、プランによっては低コストでシステムを導入できるというメリットがあります。また、システムを利用すると同時に在庫数を入力することができ、場所を問わずリアルタイムで状況を把握できるという強みもあります。

しかし、インターネット上で在庫管理が行われているので、インターネット環境がないと利用できないという注意点もあります。

おすすめクラウド型在庫管理システム2選

 ZAICO

【公式サイト】
https://www.zaico.co.jp/

ZAICOは、手元のパソコンやスマートフォンを使用し、手軽に在庫管理が行えるクラウド型システムです。

▼特徴
・複数人で同時に利用できる
・QRやバーコードをスキャンするだけで、棚卸しや在庫の出入を管理できる
・仕入と納品のデータをクラウド会計ソフトfreeeと連携できる
・専用機器の購入が必要ない

▼料金
・無料プラン:0円/月
・エントリープラン:980円/月(2週間無料体験あり)
・スタンダードプラン:2980円/月(2週間無料体験あり)
・シッピングプラン:9800円/月(2週間無料体験あり)

WMS THOMAS(クラウドトーマス)

【公式サイト】
https://xn--gckr5a9ce1k1c3h.jp/

クラウドトーマスは、手元の物流ロボットとの連携が可能なクラウド型在庫管理システムです

▼特徴
・CSVによる出荷データの入出力が可能
・システム導入支援や物流コンサルティングがある(別途料金発生)
・複数の物流倉庫のデータ管理が可能

▼料金
・基本利用料(1〜5端末):75000円/月
・追加料金(1端末あたり):5000円/月

まとめ

いかがでしたか?今回は在庫管理の適切な方法や、おすすめの管理システムについて紹介しました。この記事を参考に、効果的な在庫管理を実行しましょう。

新規営業の業務効率化にお困りではありませんか?
5万社以上が活用する企業情報サービスで、時間や手間を削減しましょう!