組織マネジメント

リーダーシップとマネジメントの違い|それぞれに必要なスキルも紹介

リーダーシップやマネジメントという言葉はよく耳にするけれど、具体的にどのようなものかはよく知らない、という方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、リーダーシップとマネジメントそれぞれの意味や違い、必要なスキルなどを紹介します。

リーダーシップとは、組織を導く能力のことを指す

リーダーシップとは、目標達成のために組織を導く力のことを指します。「統率力」とも言い換えられ、組織のビジョンを明確に示してチームをまとめ上げられる力のことも意味しています。そのため、リーダーシップは会社の経営者や管理職の立場にある人や、将来のリーダー候補にも求められる能力であるといえます。

リーダーシップという言葉は、ピーター・F・ドラッカー博士やスティーブン・R・コヴィー博士などの多くの著名な学者によって定義されていますが、「組織の方向性を示すこと」や「結果を出すこと」が共通項として挙げられます。つまり、目標とする結果の実現のために、長期的な見通しを立てたり、新しいアイデアを創造したりすることが求められているといえます。

マネジメントとは、組織の秩序を維持する能力のことを指す

マネジメントとは、組織の維持や発展のために人的資源をはじめとした経営資源やリスクの管理を行うことを指します。ピーター・F・ドラッカー博士は、マネジメントのことを「組織として成果を上げさせるための道具、機能、機関」と定義しています。

組織に属するメンバーひとり一人の管理や短期的な見通し、組織内の規則や秩序の遵守などがマネジメントの具体的な内容であり、目標達成のために必要な手段を模索したり、組織を管理したりすることが求められています。

リーダーシップとマネジメントの違い

・役割
リーダーシップに求められている役割は、組織の将来的な方向性を示すといったように、定性的な考えのもとでメンバーを導いていくことです。
一方でマネジメントに求められている役割は、リーダーが示した組織の方向性を実現するために、定量的でより細かな戦略立案を行うことです。

・視野
リーダーは組織の将来に関するビジョンを描く立場にいるため、未来について長期的な視野を持つ必要があります。
それに対してマネジメントでは、「ビジョンを現実にするためには、現時点で何をすべきか」という短期的な視野が重要になります。

・必要とされるタイミング
リーダーシップは、組織が停滞し、新たなアイデアが求められている時などに現状を打破する存在として必要とされます。
それに対してマネジメントは、新しく始めたことを確実にやり遂げようとする時など、適切な業務管理が求められるタイミングで必要になります。

リーダーシップとマネジメントは、ビジネス上ではどちらも重要

リーダーシップとマネジメントはそれぞれ異なる意味や役割を持ちますが、どちらも経営者や管理職の立場でビジネスを行う上では必要なものです。リーダーシップにも一定のマネジメント能力が求められるなど、両者は相互に関連し合い、しばしばその境界が曖昧になるような場合もあります。

リーダーシップやマネジメントに必要なスキル

リーダーシップやマネジメントにおいて、コミュニケーション力や人材育成力といったスキルは共通して必要とされます。以下では、両者に特に必要なスキルを紹介します。

リーダーシップに必要なスキル

リーダーは組織の先頭に立ち導いていく存在です。そのため、メンバーから慕われ、行動を共にしてもらえるような人間的な魅力が重要です。このように組織に影響を与えるためには、経済や業界のトレンドの変化や動向を予測する先見性が欠かせません。時代の流れを的確に読み取り、次の需要を予測して組織を導く力が、リーダーシップには求められているといえます。

以上を踏まえて、リーダーシップに必要なスキルを磨くためには、以下を意識して仕事に取り組むと効果的です。

  • 明確な組織のビジョンをメンバーに伝えること
  • 積極的で風通しの良いコミュニケーションを組織に取り入れること
  • 適切な権限委譲や評価によって信頼関係を構築し、メンバーのモチベーションを向上させること

マネジメントに必要なスキル

マネジメントでは、組織の現状を分析し、目標達成に向けて組織を維持していくことが重要です。具体的には、必要なタスクを洗い出して細分化し、適切な役割分担や責任所在の明確化などを行うことで計画通りの進捗を目指す必要があります。そのため、組織のマネジメントには「論理的な思考による管理調整能力」が求められます。

以上を踏まえて、マネジメントに必要なスキルを磨くためには、以下を意識して仕事に取り組むと効果的です。

  • 決められた目標に向かうためのプロセスをタスクに落とし込み、期間や責任の所在を明確にすること
  • タスクを成し遂げるために必要な経営資源を調達すること
  • マニュアルを整備し、仕事の環境を仕組み化すること

 

まとめ

いかがでしたか?リーダーシップとマネジメントは混同されることも多いですが、両者の役割には違いがあります。今回紹介したポイントを参考にして、組織の中でリーダーシップやマネジメント能力を発揮できるようになりましょう。

新規営業の業務効率化にお困りではありませんか?
5万社以上が活用する企業情報サービスで、時間や手間を削減しましょう!