業務改革・改善

「在庫管理システム」おすすめ5選を紹介|導入する際の注意点も

これまで商品の在庫管理は専門知識が必要な上、手間がかかる作業の1つでした。しかし、店舗やECサイトなど販売方法が多様化し複雑になっている現代では、在庫管理システムを導入し、効率的に行う企業が増えてきています。

そこで今回は、在庫管理システムを導入した際に得られるメリットや注意点、おすすめのシステムも紹介します。

在庫管理システムを導入するメリット

在庫管理とは、自社の商品やその在庫などの数量・状態の管理を行うことです。在庫管理を行うことで、売れ残りの商品が余ってしまうなどの損失を未然に防げます。この作業を自動で管理するなど効率的に行えるのが、在庫管理システムです。

在庫管理はExcelを使って手作業で入力する方法がありますが、手間がかかるなどのデメリットがあります。そこで近年では、在庫管理システムを導入する企業が増加しています。
在庫管理システムを利用すると、手作業で入力するよりも正確な数値を算出することができます。また、効率的な管理により人件費や時間のコスト削減も可能です。

在庫管理システムを選ぶ際の注意点

在庫管理システムを導入する場合は、以下の3点に注意して選びましょう。

自社の目的・ルールに合うシステムなのか確認する

在庫管理システムの機能は、サービスによってそれぞれ違います。そのため、「システムを導入してどのような目的を達成したいのか」「自社のルールに合わせて運用が可能か」などを確認する必要があります。

また、自社が利用している他のシステムと同期が可能であり、相性がいいことも重要です。会計システムなど他の基幹システムと同期できることで、在庫管理で蓄積した情報を他の業務にも活用できます。自社の目的やルールに合うシステム・機能を選びましょう。

コストに見合うシステムなのか検討する

在庫管理システムは無料で使えるものもありますが、利用する機能・サービスによっては有料になるものがあるため、導入することでシステム維持の費用が大きくなるおそれもあります。そのため、在庫管理システムを導入した費用よりも効果を得られるのかなど費用対効果を検討する必要があります。

トラブルに対応できるかを確認する

在庫管理システムを初めて導入する際は、使い方や設定の仕方、トラブルが発生した際の対応が自社だけでは難しい場合があります。そのような場合に、迅速に手厚くサポートしてもらえる体制があるのかを確認しておきましょう。

おすすめ在庫管理システム5選

ロジクラ

(参考:https://logikura.jp/

基本機能は無料で利用できるため、自社の目的と合えばコストの削減が可能です。また、有料プランではfulfillment by amazonやスマレジと連携が可能なため、店舗用在庫・EC用在庫などを一括で確認することができます。納品ミスや欠品の防止が容易に行えます。

ZAICO

(参考:https://www.zaico.co.jp/

無料プランの他、3種類の有料プランがあり、企業の規模に合ったものを選ぶことができます。また、PCだけでなくスマートフォンでも簡単に利用ができる点が特徴です。クラウド会計ソフトfreeeと連携することが可能なため、販売管理の結果をfreeeに転記する作業を削減できます。

Aladdion Office

(参考:https://aladdin-office.com/

基本となるパッケージシステムを基にオプション機能を組み合わせることで、ファッションや食品、衣料など様々な業種・業態で利用でき、柔軟性が高い点が特徴です。そのため、5,000社を超える企業が導入しています。また、独自のシステム「CROSS-OVERソリューション」で、ECサイトと実店舗の在庫管理を同時に行うことも可能です。

flam

(参考:https://www.flamsv.com/

販売・仕入・在庫を一元管理することができます。また、画面ごとに読み取り・書き込み・削除・実行の権限を設定することが可能です。「見積りの入力は営業担当者のみ書き込みできる」というように担当者別で設定できるため、セキュリティ対策が優れています。また、クラウド会計ソフト「MoneyFowardクラウド会計」とデータの連携が可能な点も特徴の1つです。

楽商

(参考:https://www.rakusyo.jp/

業種・業態に合わせた在庫管理システム「楽商シリーズ」を展開しているため、自社の業種に合わせたものを選ぶことができます。また、標準機能に必要な機能がない場合は、カスタマイズも可能な点が特徴です。さらに、導入を担当したSEが専任でサポートに就くため、アフターサポートも充実しています。

まとめ

いかがでしたか?
商品の在庫量や状態を管理するには、在庫管理システムを導入することがおすすめです。導入する際には、費用・目的を明確にしておきましょう。この記事を参考に、導入を検討してみてください。

新規営業の業務効率化にお困りではありませんか?
5万社以上が活用する企業情報サービスで、時間や手間を削減しましょう!