この記事は 3 分で読めます

レジリエンスとは?意味や重視されている理由、高める方法を紹介

URLをコピーする

レジリエンスという言葉はご存知でしょうか?耳にする機会は増えていますが、詳しく知らない方も多いのではないでしょうか。この記事では、レジリエンスの意味や重視されている理由、レジリエンスの高め方を解説します。

レジリエンスとは、環境変化に適応したりストレスから復活したりする力のこと

レジリエンスとは、逆境や困難に負けることなく環境に適応する力や、ストレスをはじめとする外圧から復活する力を指す心理学の用語です。

元々は物理学などで用いられる用語で、「弾力」「復元力」「回復力」という意味があります。これが転じて、心理学でも用いられるようになりました。

なぜレジリエンスが重視されているのか

現代ではビジネス競争が激化し、個人や組織を取り囲む環境が目まぐるしく変化しています。それに伴い、仕事の中で強いストレスにさらされる機会が増加していることから、レジリエンスが重要視されるようになりました。

ストレスに上手く対処できるようになるため

レジリエンスを高めることで、ストレスに上手く対処できるようになります。
近年、一度の失敗で心が折れてしまい、離職したり不調をきたしたりする若手社員が増えています。また、上司であっても、多忙さや業務上の関係者の多さからストレスを抱えやすい状況にあります。そこで、若手社員でも上司でもレジリエンスを高めることが重要になっているのです。

困難な課題に取り組み、成長できるため

レジリエンスを高めれば、困難な課題であっても前向きに取り組むことができます。これにより、逆境やストレスを成長する機会へと変えられるのです。

レジリエンスが低い人と高い人の特徴

レジリエンスが低い人

  • 目の前の状況に一喜一憂する
    その場の状況や結果、周囲の反応に一喜一憂してしまい、物事の本質を捉えることが難しくなってしまいます。
  • すぐに諦めてしまう
    レジリエンスが低いと、少しの失敗でも挫折して目標を諦めてしまいます。

レジリエンスが高い人

  • 自分の感情をコントロールできる
    目の前の状況に一喜一憂せず、物事の本質を捉えることができます。
  • 自尊心がある
    成功体験を積み重ねることで自尊心が形成されます。自尊心が高いと、困難に直面しても挫けずに挑戦できます。
  • 楽観的である
    「きっとできる」と楽観的に物事を考えられるため、困難に直面しても前向きに行動することができます。

個人のレジリエンスを高めるには

レジリエンスは生まれ持ったものではなく、後天的に高めることができます。レジリエンスを高める方法をいくつか紹介します。

自分の思考の癖を見つける

自分が陥りやすい思考の癖を客観的に見つめることで、思考の癖によるストレスを避けることができます。思考の癖として、全てに白黒をはっきり付けたがる、常に完璧を求めてしまう、などがあります。

ABC理論を活用して感情をコントロールする

ABC理論とは、論理療法という心理療法で用いられる、「人ごとに出来事に対する受け取り方が違うために、見えている世界が異なる」という考え方です。

A(Activating event) 出来事
B(Belief) 信念:出来事の受け取り方や感じ方
C(Consequence) 結果として生じる感情や行動

ABC理論では、A(出来事)とC(結果)の間にB(信念)による解釈があると考えられています。不適切なBを持っていると出来事がネガティブな結果につながってしまうので、健全なBへと修正することを目指します。

例えば、「上司にミスを注意される」というAがあった時、「自分がダメだからだ」と不適切なBを持っていると「自分はこの仕事には向いていない」とネガティブな感情を生んでしまいます。しかし、「自分は上司に期待されている」とBを変えると、「改善に取り組む」といった前向きな結果に繋げられます。

このように、出来事に対する受け取り方を変えることで、結果として生じる感情をコントロールできます。

レジリエンスを高められる職場環境を構築する

メンバーが周囲を過度に気にせずに行動でき、恐れずに失敗できるような環境を作ることで、レジリエンスを高めることができます。失敗を非難せずに解決策を探る、失敗は必ずフォローするなどの取り組みが有効です。

また、レジリエンス研修を実施することでもメンバーのレジリエンスを高められます。レジリエンス研修では、グループワークやディスカッションなどを通して、感情のコントロールやポジティブ思考を身に付けます。

組織においてもレジリエンスが重要視されている

組織におけるレジリエンスとは「組織が存続するために、変化や混乱に対して準備、対応する能力」を意味します。
様々なリスクがある現代では組織にもレジリエンスが必要になります。組織のレジリエンスを高めることで危機やリスクへの対応力が得られ、企業価値も高くなります。

組織のレジリエンスを高めるには

組織のレジリエンスを高める手法として、以下が挙げられます。

  • 長期的視点で、複数のシナリオを考える
    長期的な視点で物事を捉えることで、組織のレジリエンスを高められます。将来起こりうる事態を複数想定し、どのシナリオが現実になっても対応できるように準備を整えます。
  • 業界の情報への感度を上げる
    「業界の動向に常に目を配る」「新たな技術を積極的に取り入れる」など、業界の情報への感度を高めることも重要です。これにより環境の変化に調和し、組織として生き残ることができます。
  • 独自性やブランド力を持つ
    独自性やブランド力を持っていると、他の企業との差別化が可能です。独自性やブランドを守りながら、環境の変化に応じて変えるべき部分を変えることで変化が激しい時代であっても対応することができます。

 

まとめ

変化の激しい現代では、ストレスから復活する力であるレジリエンスを高めることが重要です。ぜひこの記事を参考に、レジリエンス向上に取り組んでみてください。

ダウンロード ダウンロード
ダウンロード

まずはこれだけ。新規開拓営業を始める時の心得

無料でダウンロードするために
以下のフォーム項目にご入力くださいませ。

経営・マネジメントおすすめの記事

2020年3月12日

魅力的なブランドコンセプトとは?事例や作る際のポイントを紹介!

2018年8月8日

無料のグループウェア5選!求める機能に応じて選ぼう

2018年7月5日

ニッチ市場とは?戦わないことで成功した企業の事例を紹介