この記事は 3 分で読めます

コーポレートアイデンティティ(CI)とは?設定の目的と手順を紹介

URLをコピーする

コーポレートアイデンティティという言葉をご存じですか?
コーポレートアイデンティティは企業のイメージを打ち出す方法として効果的であるため、企業経営に取り入れたいと考えている方も多いのではないでしょうか。
この記事では、コーポレートアイデンティティの基本的な知識や目的、設定手順について解説します。

コーポレートアイデンティティ(CI)とは、市場における企業イメージの統一化を図る戦略のこと

コーポレートアイデンティティとは、企業の特性や個性を明確にして、企業イメージの統一化を図る戦略のことです。企業理念やロゴを策定し、企業と社会のよりよい関係の構築を目的とします。

コーポレートアイデンティティとMI・BI・VIの関係

コーポレートアイデンティティは、マインドアイデンティティ(MI)、ビヘイビアアイデンティティ(BI)、ビジュアルアイデンティティ(VI)の三つの要素からなります。

  • マインドアイデンティティ(MI)
    ビヘイビアアイデンティティ(BI)、ビジュアルアイデンティティ(VI)の基準となる概念で、企業の存在理由など精神的な要素を言語化したものです。企業の経営理念やミッションなどがマインドアイデンティティに当たります。
  • ビヘイビアアイデンティティ(BI)
    マインドアイデンティティを行動に落とし込んで表現したもので、従業員の行動指針を指します。マインドアイデンティティに基づいた従業員の一貫した行動は、企業のアイデンティティの1つになります。
  • ビジュアルアイデンティティ(VI)
    マインドアイデンティティをロゴなどの目に見える形に表現したものです。マインドアイデンティティを適切にロゴなどのデザインに落とし込むことで、視覚的な企業のイメージを獲得できます。

コーポレートアイデンティティを設定する目的

競合する企業と差別化するため

コーポレートアイデンティティを設定する目的には、競合他社との差別化があります。差別化できると自社商品の認知度が向上し、たくさんの商品がある中で消費者の目を引けるようになります。

企業価値を向上させるため

コーポレートアイデンティティを設定すると、統一された企業のイメージが消費者など企業の外部に浸透し、企業に対する信頼感が得られます。信頼のある企業というイメージが社会に定着することは、企業価値の向上につながります。
企業価値の向上は、商品を積極的に選んでもらえたり、投資を受けられたりといったメリットにもつながります。

従業員のモチベーションを向上させるため

従業員が高いモチベーションを維持して業務を行うためには、意識が統一されている必要があります。コーポレートアイデンティティを設定することで企業理念や方針を明確に共有できるため、従業員の意識統一に役立ちます。

消費者や社会とコミュニケーションを取るため

企業イメージが明確に認識されると、消費者や社会とコミュニケーションを取れるようになります。企業の外部の人々とコミュニケーションを取ることで、市場でどのような商品・サービスが求められているかを推察できます。

コーポレートアイデンティティの設定手順

1. 企業理念やビジョンを見直す

まずは、コーポレートアイデンティティの基盤となるマインドアイデンティティを設定しましょう。自社の企業理念やビジョンを見直し、変えられない部分と変えてもよい部分を分けて考え、市場のニーズに応じて変える必要性を検討します。
また、企業内の幅広い意見を取り入れ、コーポレートアイデンティティの方向性を決めていきます。

2. 企業イメージを表現するデザインを検討する

次に、ビジュアルアイデンティティを設定します。企業理念やビジョンなど、企業が築きたいイメージを伝えられるようなロゴやスローガンを考えましょう。このとき、色やフォントなども検討してデザインすることが大切です。また、ロゴやスローガンの作成を専門の企業に依頼するのも方法の一つです。

3. ビジョンやロゴなどを社内に浸透させる

決定した企業理念やビジョンを、それを表現したロゴやスローガンとともに社内に浸透させます。これらが従業員に浸透することで、従業員の行動がビヘイビアアイデンティティとなり、コーポレートアイデンティティを確立できます。

4. コーポレートアイデンティティを発信する

コーポレートアイデンティティは、社外に浸透させなくては意味がありません。コーポレートアイデンティティを確立できたら、それを社内外に発信します。一度のみ発信するのではなく、継続的にアピールしていくことで企業のイメージを確立できますまた、定期的に市場における企業イメージを調査して、自社のコーポレートアイデンティティを客観的に見直すことが大切です。

まとめ

いかがでしたか。

コーポレートアイデンティティは、市場での企業イメージを確立するために重要な戦略です。統一された企業イメージを浸透させることは、他社との差別化や企業価値の向上などのメリットをもたらします。

この記事を参考にして、コーポレートアイデンティティのメリットや設定する手順をおさえておきましょう。

ダウンロード ダウンロード
ダウンロード

これからはじめるBtoBマーケティング施策入門書

無料でダウンロードするために
以下のフォーム項目にご入力くださいませ。

合わせて読むならコチラ

2018-05-18 10:55:19

「潜在顧客」と「見込み顧客」の違いは?最適なアプローチを理解しよう

2019-01-08 10:00:34

【ビジネス向け】日程調整メールの書き方と状況別のテンプレを紹介

2020-02-03 16:54:06

テレアポが成功しやすい時間帯・時期って?業種別に解説します

2020-04-02 16:04:27

市場占有率(マーケットシェア)とは?意味や種類を簡単解説!

経営・マネジメントおすすめの記事

2020年3月12日

魅力的なブランドコンセプトとは?事例や作る際のポイントを紹介!

2018年8月8日

無料のグループウェア5選!求める機能に応じて選ぼう

2018年7月5日

ニッチ市場とは?戦わないことで成功した企業の事例を紹介