この記事は 2 分で読めます

インプットとは|質を高める方法とアウトプットとの関係を紹介

URLをコピーする

ビジネスにおいて、インプットが必要と言われているけれど、どのようにすれば質の高いインプットができるか分からないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。
今回はインプットとアウトプットの関係と、インプットの質を高める方法を紹介します。

ビジネスにおけるインプットとは、経験を通して自分に必要な知識を吸収すること

インプットとは「入力」という意味で、コンピューターにおいて内部にデータを取り込む場合などに使用される言葉です。これが転じて、ビジネスでは業務に必要な情報を記憶することや、経験によって知識を吸収することを意味します。

ビジネスにおけるインプットの例には、以下のものが挙げられます。

  • 本や新聞を読む
  • ニュースを見る
  • 研修や勉強会に参加する
  • 仕事の手順をメモして記憶する
  • 営業や接客などを経験する

インプットとアウトプットの関係

アウトプットとは、インプットした知識や情報をもとに成果を生み出すこと

インプットの対義語であるアウトプットは「出力」という意味です。コンピューターにおいては、情報を外部に取り出すという意味で使用されます。このことから、ビジネスにおいてのアウトプットは、インプットで得られた知識や経験を基に何かを生み出すことや、成果・結果を出すことを意味します。

アウトプットするには「書く・話す・行動する」という、3つの方法が挙げられます。

  • 「書く」
    ノートに自分の手で書き出す、自分の考えをメモしてまとめておく、日記をつけるなど
  • 「話す」
    音読する、インプットした内容を他人に教えるなど
  • 「行動する」
    インプットした内容を基に実際に行動する、学んだ言語で日記を書く、資料を作成するなど

アウトプットするには、必ずインプットが必要です。読書の例では「本を読む」ことがインプットで、「本の内容を人に説明する」ことはアウトプットです。この時、本の内容を声に出して人に説明(アウトプット)することで、改めて読書が体験(インプット)できるため、本の内容が記憶として定着し、より理解が深められるというメリットがあります。

アウトプットの詳細は以下の記事をご参照ください。

合わせて読みたい記事
【新人必見】アウトプットとは|方法・ポイントや得られる効果を解説ビジネスでは「アウトプット」が重要であると言われます。しかし、目的や方法がわからないということもあるでしょう。 今回は、アウトプッ...

アウトプットで得られるメリット

アウトプットを繰り返すことで得られるメリットには、以下のものがあります。

  • インプットした内容が整理され理解度が上がる
    インプットした内容を人に教えることで、頭の中が整理され理解度が上がります。
  • 記憶に定着する
    インプットした内容をノートに書き出したり、人に話したりすると記憶に残りやすくなるとされています。
  • 人に教える力がつく
    インプットした内容が言語化できるため、人に分かりやすく伝えられます。

質の高いアウトプットには、良質かつ十分なインプットが必要不可欠

アウトプットで成果や結果を出すためには、必要な情報を整理し十分な量をインプットすることが必要です。ただし、膨大な量の本を読んだり、様々な研修に参加したりなど、量だけを重視したインプットを繰り返しても、成果を生み出せるアウトプットにはつながりません。成果につながるアウトプットには、量だけでなく質も重視したインプットが必要です。

インプットの質を高めるポイント

信頼性の高い情報をインプットする

インプットの質を高めるには、様々な情報の中から信頼性が高く実際に役立つ情報を見つける必要があります。自分自身が目標としている人物が勧めている情報や、業界での成功者が読んでいる本などを参考に選ぶと良いでしょう。

上手くいかなかった経験をインプットする

経験を通してインプットする場合、「上手くできたこと」だけでなく「上手くいかなかったこと」も良質なインプットにつながります。上手くいかなかった理由は何だったのかを考え、次にどこを改善できたら上手くいくのかを考えると良いでしょう。

ダウンロード ダウンロード
ダウンロード

持ち運べる!BtoBマーケティング用語単語帳

無料でダウンロードするために
以下のフォーム項目にご入力くださいませ。

ビジネススキル・知識おすすめの記事

2020年9月17日

【新人必見!】効率のよい仕事の進め方とは?手順に沿って紹介します

2020年3月24日

ビジネスにおける定量分析とは?定性分析との違いも解説

2018年10月1日

無料の営業日報アプリ・ツール5選!課題を見える化して売上を伸ばそう