この記事は 3 分で読めます

ヒューマンエラーを減らすには?原因と5つの対策方法を解説します

URLをコピーする

ヒューマンエラーという言葉をご存知ですか?ヒューマンエラーはビジネスにおいて、大きなリスクになり得る1つの要因です。完全になくすことはできませんが、適切な対策によって発生数の低下が見込めます。
この記事では、ヒューマンエラーの意味と原因、具体的な対策方法について解説します。

ヒューマンエラーとは、人間の行動によって生じる失敗のこと

「うっかり作業工程を飛ばしてしまった」「思い込みによって誤った見積書を送ってしまった」など、人間が行動することで生まれる失敗をヒューマンエラーと言います

ヒューマンエラーは様々な場面で起きており、些細なミスでも大問題に発展し、会社の業績悪化や倒産を引き起こす危険性があります。ヒューマンエラーの発生率を少なくする対策や損害を軽減する対策を行ない、業績悪化や倒産のリスクを減らさなければなりません。

ヒューマンエラーは2種類ある

過失的行動によるヒューマンエラー

過失的行動とは、意図せず行なった行動を指します。以下のような例が、過失的行動によるヒューマンエラーに分類されます。

  • 工程のやり忘れ
    メールの確認忘れにより、取引先の追加注文を発注できなかった。
    配送車両の手配を忘れ、納期に間に合わなかった。
  • 思い込みによる勘違い
    今週は取引先との会議がないと思い込み、欠席してしまった。
    計算式が間違っていると思わず、誤った見積書を提出した。
  • 工程の見落とし
    機器のマニュアルにおける注意事項を見落として、壊してしまった。
    確認項目を見落とし、事故を起こしてしまった。
  • 不慣れや知識不足による判断ミス
    取引先とのトラブルを上司に報告せず、独断で対処してしまい契約を打ち切られてしまった。
    押してはいけないボタンを押してしまい、製造ラインを止めてしまった。
  • 疲労による注意力の低下
    徹夜で仕事をしていたため、発注数を間違えてしまった。
    居眠り運転により、交通事故を起こしてしまった。

故意的行動によるヒューマンエラー

故意的行動によるヒューマンエラーとは、意図した行動によって起こるヒューマンエラーのことを言います。次のような例が、故意的行動によるヒューマンエラーとして挙げられます。

  • 仕事に対する手抜き
    楽をするために手順を省いた結果、破損事故が起こってしまった。
    ミスを見逃した結果、全製品が基準以下のクオリティになってしまった。
  • 悪意のある行為
    会社の機密情報を他社に渡す。
    会社の信用を貶めるために、製品に細工する。

ヒューマンエラーの対策方法

人間は必ず間違いを起こす生き物なので、不注意や性格をヒューマンエラーの原因として結論付けてしまうのは短絡的です。ヒューマンエラーを引き起こす本当の要因は、働く環境や作業工程の中に隠れています。労働環境や作業工程を改善し、ヒューマンエラーの発生率低下や損害の低減を図りましょう

作業工程を簡略化する

作業工程が多く複雑であるほど、ミスを起こす確率は大きくなります。改善策として、人間が行なっていた業務を機械に任せ、工程を少なくすることが挙げられます。また、作業内容を簡単にすることも効果的です。例えばフォーマットを作り従業員の入力項目を減らすことで業務をシンプルにでき、入力ミスを防げます。

タスク管理ツールやワークフローツールを用いる

個人でToDoリストを作ったり、組織でワークフローツールを用いたりすることで、やり忘れや見落としによるヒューマンエラーを減らせます。特に、ワークフローツールを用いて組織でタスク管理をすると、担当者間で作業工程のダブルチェックが行ないやすくなります。お互いの進捗を管理し、組織全体でヒューマンエラーを減らしましょう。

各工程ごとにチェックポイントを設ける

作業工程のチェック体制が整っておらずミスを放置してしまうと、深刻な問題へと発展する可能性があります。全業務を終えてからチェックするのではなく、業務を工程分けし細かくチェックしましょう

チェックポイントを増やすことで、ミスを早期に発見でき損害の低減に繋がるほか、次の工程の相談や期限の調整がしやすくなります。

組織内での情報共有を活発化させる

判断ミスや勘違いによるヒューマンエラーは、過去の例や防止策などの情報を共有することによって減らせます。各部署におけるヒューマンエラーの例を共有する、疑問に思ったことを質問する、といったヒューマンエラーに対する情報共有を気軽にできる体制を整えましょう。また、共有したエラー例や疑問点をマニュアルに記載し、新入社員教育に生かすこともできます。

危険予知トレーニングを実施する

危険予知トレーニングとは、ある状況の写真を見てこれから起こりそうな問題を予測し、対策方法を考えるトレーニングです。このトレーニングによって、見落としや判断ミスといったヒューマンエラーの発生件数を減らせます。また、これから行なう業務におけるリスクをグループで確認し、対策方法を共有することも効果的です。

ダウンロード ダウンロード
ダウンロード

まずはこれだけ。新規開拓営業を始める時の心得

無料でダウンロードするために
以下のフォーム項目にご入力くださいませ。

経営・マネジメントおすすめの記事

2020年3月12日

魅力的なブランドコンセプトとは?事例や作る際のポイントを紹介!

2018年8月8日

無料のグループウェア5選!求める機能に応じて選ぼう

2018年7月5日

ニッチ市場とは?戦わないことで成功した企業の事例を紹介