この記事は 2 分で読めます

リブランディングとは?必要な場面や実施手順、ポイントを解説

URLをコピーする

リブランディングという手法をご存知ですか。時代の変化に応じて顧客のニーズは変化するため、ブランドもそれに合わせて変えていかなくてはいけません。このようなときにリブランディングは有効になります。
この記事では、リブランディングが必要な場面や実施手順、ポイントについて解説します。

リブランディングとは、ブランドの在り方を再考し、新たなブランドイメージを確立すること

リブランディングとは、ブランドの在り方を時代に合わせて変えることを言います。リブランディングにおいては、ロゴやパッケージなど見た目だけを見直すのではなく、自分たちの提供したいブランドは何かを問い直し、新たなブランドイメージの定着を目指します。

時代の変化により消費者のニーズも変化していきますが、リブランディングでの新たなブランドイメージの確立により、引き続き支持を得られるようになります。

リブランディングが必要な場面

設定したターゲットに魅力が伝わっていないとき

ターゲットとして設定した層にブランドの魅力が伝わっていないとき、リブランディングは効果的です。このような場合、想定しているターゲットのニーズと実際のニーズがズレているということが考えられるため、再度ターゲットを分析してブランドを構築しなおす必要があります。

時間の経過によりブランドが受け入れられにくくなっているとき

時間が経過するにつれて競合他社が成長したり、類似した商品・サービスが現れたりするため、顧客がブランドに対して魅力を感じにくくなる場合があります。このようなとき、ブランドに対し古いイメージを抱かれてしまう恐れがあるので、リブランディングにより新鮮なイメージを与える必要があります。

自社の他ブランドとターゲットが被っているとき

自社で複数のブランド展開を行っている場合、自社ブランド同士のコンセプトが類似していると、ターゲットが被ってしまい売り上げを向上させることが難しくなります。このような問題が生じた場合、ターゲットが似たブランドを統合して新たなブランドを設定したり、被らないコンセプトを設定して差を明確にしたりする必要があります。

新たな顧客の獲得を目指すとき

ネガティブな場面だけではなく、新たな顧客の獲得を目指すときのようなポジティブな場面にもリブランディングは有効です。既存のブランドに共感していない層の顧客を獲得すると、新たな市場に参入し事業を展開できます。ただし、新規層に向けてリブランディングを行う際は、既存顧客が離れてしまわないよう注意しましょう。

リブランディング実施の手順とポイント

1. 企業の現状を分析し、把握する

リブランディングを実施するにあたっては、まず社内外でアンケートを取るなどして、自社のブランドイメージについて分析し、把握することが大切です。そうすることで、打ち出している自社のブランドイメージがその通りに受け取ってもらえているか、他社と比較して独自性が認識されているかを客観的に捉えられるようになります。

2. 新たに提供したいブランド価値を明確にする

現状が把握できたら、自社が提供しているブランド価値を再認識し、顧客に対して新たにどんな価値を提供するのかを考えます。このとき、顧客からの支持を失ってしまわないように、既存のブランドイメージとかけ離れた変更はしないようにしましょう。既存のブランド価値を評価しつつ、新たな価値を模索することが大切です。

3. ターゲットを設定する

次に、新たなブランド価値を提供するターゲットを具体的に設定します。より多くの顧客を手に入れようとターゲットの幅を広く設定しすぎないようにしましょう。ターゲットを具体的に設定し、絞ることで、ブランドの魅力を伝えやすくなります。

4. リブランディングの具体的な方法を考える

リブランディングにより、理想とするブランドイメージを作り上げるために必要な方法を考えます。具体的な例としては、ロゴや商品のパッケージデザインの他、スローガンの変更といった方法が挙げられます。これらを作成する際は、新たに設定したブランドのコンセプトを表現できるように統一感をもたせることで、新しいブランドイメージを強くアピールできます。

5. 新たなブランドイメージを浸透させる

最後に、新たなブランドイメージを浸透させます。ブランドイメージを浸透させる際は、企業の内部への浸透と外部への浸透を分けて考えましょう。まず、内部に浸透させることで、実際に従業員が社外の人と接するときに自社のブランドについて伝えられるようになるため、統一感のあるイメージの構築につながります。社内報や研修などを利用するのが効果的です。

次に外部への浸透を行います。外部への浸透は、CMなどを利用して浸透させましょう。リブランディングを行う前からの顧客にもしっかりと説明して、引き続きブランドを支持してもらえるようにしましょう。

経営・マネジメントおすすめの記事

2020年3月12日

魅力的なブランドコンセプトとは?事例や作る際のポイントを紹介!

2018年8月8日

無料のグループウェア5選!求める機能に応じて選ぼう

2018年7月5日

ニッチ市場とは?戦わないことで成功した企業の事例を紹介