この記事は 3 分で読めます

【競合サービス比較】Musubuはどのような場面で使うのが効果的?

URLをコピーする

弊社サービスMusubuは、140万件ある企業リストから項目を絞込むだけで簡単に営業リストを作成することができます。

しかし、世の中には名簿リストを販売するサービスはいくつも存在します。

それでは、どういった場合にMusubuを使うべきなのでしょうか。
競合サービスと比較しながら、Musubu活用が効果的な場面をご紹介いたします。

フリープランに登録する

クラウド型企業情報データベースMusubuとは?

Musubuは、140万件以上の企業情報を提供するクラウド型企業情報データベース。
業界最多の25項目以上の絞り込み項目から、自社のターゲットに合うセグメントをピンポイントで抽出し、必要な件数だけをダウンロードし法人営業にご活用いただけるサービスです。

▼Musubuの詳しい記事はこちら

企業リストが必要!競合サービスにはどんなものがある?

企業リストを提供しているサービスは、Musubu以外にも多数存在しています。
たとえば、帝国データバンクのように調査員がヒアリングや文章作成を行う「与信管理」が目的のものや、機械・プログラムによって情報を自動で取得する「自動取得代行・スクレイピング」が挙げられます。

それぞれ情報量や情報の質、費用など異なるため、目的に応じた選択をする必要があります

「与信管理」を目的としたデータベースを利用した場合

「与信管理」を目的としたデータベースであれば、財務状況などの情報など、実際に企業にヒアリングをして得た情報を提供しているため、情報の質が高い特徴があります。しかし、これらの情報は一件あたり数千円する場合もあり、新規営業の開拓に使うにはコストがかさみすぎる欠点があります。

「自動取得代行・スクレイピング」によるデータベースを利用した場合

「自動取得代行・スクレイピング」によるデータベースであれば、機械を使って情報を取得するので一件あたりのコストを抑えることができます。

しかし、機械的な情報取得であるため、必要な情報が揃っていなかったり、取得した情報が企業ごとに少しずつ違っていたりするなど、データの質が期待ほどではなかったり、購入してから活用するまでの手間が増えてしまったりする恐れがあります。

Musubuは高品質で低コスト。法人新規営業に適したサービス

Musubuは法人営業の新規開拓に役立つことを目的に、自社で1社1社のデータから作成したツールです。

そのため、売上高や従業員数などの企業情報や、代表電話番号や代表メールアドレスなどの連絡先情報など、新規開拓に必要な情報を高い精度でカバーしつつ、検索性も非常に高いにもかかわらず、一件あたり数十円とお求めやすい価格で提供可能になっています。

 

なぜMusubuは高品質な情報を低価格で提供できる?

Musubuのデータ作成や更新作業は、人力とテクノロジーを組み合わせて行われています。

作成する企業データは一件ずつ弊社スタッフによる三段階のチェックを行い、その上でテクノロジーの活用により人的ミスの予防も行っています。
それにより、自動取得代行・スクレイピングよりも高品質で、人力作業の比率が高い与信管理を目的としたデータベースよりも安価に企業データをご提供できています。

新規法人営業においてMusubuは効果的

ここまでお読みいただきありがとうございます。
ぜひこの機会に、Musubuを知っていただけましたら幸いです。

Musubuには、無料で利用できるフリープランもご用意しております。
この機会にお試しくださいませ。

フリープランに登録する

特集おすすめの記事

2021年10月18日

営業は面白い!日本最大級の営業コンテスト「S1グランプリ」が目指す先

2018年5月12日

法人営業に特化したクラウドサービス「Musubu」を使って、営業先の選定から管理まで実現!