この記事は 3 分で読めます

ビジネスインテリジェンス(BI)とは|実現に必要なBIツールについても解説

URLをコピーする

「ビジネスインテリジェンス(BI)」という言葉はご存知ですか?聞いたことはあるけれど、詳しい意味は分からないという方もいらっしゃるかと思います。

今回は、ビジネスインテリジェンスの意味や、実現に必要なBIツールの機能・メリットを解説します。

ビジネスインテリジェンス(BI)とは、データの収集・分析によって経営や営業活動を支援すること

ビジネスインテリジェンスとは、企業に蓄積されたデータの収集・分析によって結果を可視化し、経営や営業活動の意思決定を支援することです。企業にとって非効率な部分を改善するために利用されます。英語の「Business Intelligence」の頭文字を取り「BI」と略されることが一般的です。

ビジネスインテリジェンスを実現するには、BIツールが必要

ビジネスインテリジェンスに利用するソフトウェアや情報システムのことを「BIツール」「BIシステム」と呼びます。BIツールは、専門的な知識を持っていない人でもデータを分析できたり、レポートにまとめて可視化できたりする機能が搭載されています。ビジネスインテリジェンスを実現するためには、BIツールが必要と言えます。

BIツールの代表的な機能

データ管理機能

データ管理機能は、ビジネスインテリジェンス実現のために、膨大なデータを収集・分析するための機能です。代表的なデータ管理機能には、以下のものがあります。

  • ETL(データ加工)機能
    複数のシステムからデータを抽出し、使いやすいよう加工・変更し書き出すための機能です。ETLとは、「Extract(抽出)」「Transform(加工)」「Load(格納)」の頭文字に由来します。
  • DWH(データウェアハウス)機能
    複数のシステムからデータを分析するために、保存したり整理したりする機能です。条件に該当するデータの抽出や、データの重複を避けての保存が可能です。

分析機能

分析機能は、企業に蓄積されたデータを様々な角度から分析するための機能です。代表的な分析機能には、以下のようなものがあります。

  • OLAP(オンライン分析処理)ツール
    蓄積されたデータを多方面から参照・分析する機能で、「On Line Analytical Processing」の略語です。特定条件での売上の増減に対する要因を深掘りし、その要因を分析することができます。
  • データマイニング機能
    蓄積されたデータを分析し、統計的な処理によって、規則性や相関を見つけ出してくれる機能です。

データ分析の詳細は、以下の記事をご参照ください。

合わせて読みたい記事
【マーケター必見】基本的なデータ分析手法の概要を紹介しますマーケティングのためにデータ分析をしたいけど、どのような手法を用いれば良いのかわからない、というマーケターの方もいらっしゃるのではないで...

レポート機能

レポート機能は、分析したデータを把握し、グラフや表を用いて可視化・共有するための機能です。代表的なレポート機能には、以下のようなものがあります。

  • 定型レポート機能
    週次報告や月次報告などに必要なレポートを自動で作成する機能です。同じフォーマットで作成することができるため、複数のデータが効率的にまとめられます。
  • ダッシュボード機能
    様々なデータからグラフや表を作成し、一覧表示したり共有したりできる機能です。

ダッシュボードの詳細は、以下の記事をご参照ください。

合わせて読みたい記事
ダッシュボードとは?機能やメリット、おすすめのツールを紹介します「ダッシュボード」というツールをご存知ですか?ダッシュボードを導入すると、会社の現状を把握するのに役立ちます。 今回はダッシュボー...

BIツールを利用するメリット

大量のデータでも速やかに集計・分析できる

BIツールを利用すると、大量のデータを速やかに集計・分析できるというメリットがあります。データの可視化や共有に必要なレポート作成を短時間で行えるため、膨大な情報を素早く分析できます。必要な情報を短時間で把握できると、問題の早期解決につなげられます。

データを可視化できるため、容易に現状把握ができる

BIツールを利用することで、複雑なデータを表やグラフで可視化できるため、現状把握が容易に行えるというメリットがあります。そのため、議論すべき点を迅速に見つけ出すことができ、企業戦略の正しい意思決定につなげられます。

問題や課題を早期発見し、対策が立てられる

BIツールの分析結果を元に、問題や課題の早期発見ができるというメリットがあります。企業活動において問題を早期に発見できると、トラブルを未然に防いだり、対策を事前に立てたりできるようになり、企業戦略を円滑に進められます。

BIツールの営業活動での活用場面

営業活動において、BIツールを活用して顧客分析や購買分析を行うことで、売上の向上につなげられます。

  • 顧客分析
    顧客分析は、購買日や購買頻度、購買金額などの顧客データを分析することです。BIツールは、優良顧客を見つけるための手法である「RFM分析」にも対応しています。
  • 購買分析
    購買分析とは、コストの削減や安定した調達、法律遵守を実現するために、製造・販売やアフターサービスに関するデータを分析することです。BIツールは、調達価格の妥当性や相手先の信頼性などを分析する際に役立ちます。

BIツールの選定には、以下の記事をご参照ください。

合わせて読みたい記事
【厳選10選】BIツールを比較|意思決定効率化のためのツールを選ぶ「BIツール」をご存知ですか? 迅速な意思決定が求められる現代では、企業にとって必須のツールとして注目されています。 今回は、B...

ビジネススキル・知識おすすめの記事

2020年9月17日

【新人必見!】効率のよい仕事の進め方とは?手順に沿って紹介します

2020年3月24日

ビジネスにおける定量分析とは?定性分析との違いも解説

2018年10月1日

無料の営業日報用アプリ・ツール5選!課題を見える化して売上を伸ばそう