この記事は 2 分で読めます

【用語解説】サプライヤーとは?関連用語と各業界のサプライヤーを紹介

URLをコピーする

サプライヤーという言葉をご存知ですか?ビジネスにおいてよく用いられますが、類似した言葉との違いがよく分からないという方もいるのではないでしょうか。この記事では、サプライヤーの意味と関連用語、そして各業界におけるサプライヤーについて解説します。

サプライヤーとは、必要な部品や原材料、サービスの売り手のこと

サプライヤーとは、商品や部品、サービスなどの供給者を指します。「供給する人」という意味の英単語”Supplier”をそのままカタカナにした単語です。

商品や部品を供給する製造業や販売業だけでなく、形のないサービスを供給する企業・人もサプライヤーと呼ばれます。例えば、旅行代理店にとってホテル業者は宿泊というサービスを供給するサプライヤーにあたります。このように、業界によってサプライヤーの業態は多岐に渡ります。

また、サプライヤーは人や企業だけでなく、原材料を供給する国を指すこともあります。

サプライヤーの関連用語

メーカー

メーカー(maker)とは、製品を生産する製造業者のことを指します。製造した商品を販売会社に供給している企業など、メーカーがサプライヤーを兼ねている場合は多々あります。一方、商品の流通を仲介する卸売業者や販売業者はサプライヤーではありますが、製造はしていないためメーカーではありません。

ベンダー

ベンダー(vendor)とは、仕入れた商品を消費者に販売する業者のことです。それに対して、サプライヤーは消費者ではなく、企業などに商品を供給します。元々、ベンダーはIT業界でよく用いられている言葉で、IT業界においてはソフトウェア開発やシステム導入を行なう企業を指します。

ディストリビューター

ディストリビューター(distributor)とは卸売業者を意味する言葉で、特に集荷・物流を主な業務として行なっている業者を指します。「分配する」という意味の英単語”distribute”に由来しています。ディストリビューターはメーカーから商品を仕入れて、小売業者などに販売します。

バイヤー

バイヤー(buyer)とは仕入れ担当者のことで、サプライヤー側から見た買い手にあたります。バイヤーは、自社で販売する商品や製造に必要な原材料などを買い付けます。

各業界のサプライヤーの例

製造業界

製造業界におけるサプライヤーは、製造に必要な部品を提供する企業です。特に、自動車や電子機器といった多くの部品が必要な製造業では、サプライヤーの数も非常に多くなります。

食品業界

食品業界では、食品メーカーが農家や水産業者といった第一次産業から原材料を仕入れます。そして食品メーカーが製造した商品を小売店などに販売し、消費者のもとに届けます。こうした製造・流通の経路があるため、食品業界におけるサプライヤーは第一次産業の企業や食品メーカーを指します

貿易業界

商品を輸出する場合は、輸出に関わる貿易業者がサプライヤーにあたります。それに対して商品を輸入する際は、海外の取引先企業がサプライヤーとなります。

観光業界・旅行業界

観光業界・旅行業界においては、観光や旅行に関するサービスを提供する企業がサプライヤーにあたります。具体的には、ホテル会社や鉄道、航空などの交通に関する企業、土産物店、観光施設などが挙げられます。こうした企業は、旅行代理店に対して宿泊や交通といったサービスを供給しています。

IT業界

IT業界では、クライアントから受けた案件を外部の企業に委託する場合が多くなっています。そのため、下請けをしてソフトウェアなどを開発する企業がIT業界におけるサプライヤーにあたります

ビジネススキル・知識おすすめの記事

2020年9月17日

【新人必見!】効率のよい仕事の進め方とは?手順に沿って紹介します

2020年3月24日

ビジネスにおける定量分析とは?定性分析との違いも解説

2018年10月1日

無料の営業日報用アプリ・ツール5選!課題を見える化して売上を伸ばそう