この記事は 3 分で読めます

アンバサダーとは|ビジネスにおける意味や例文、類義語を紹介

URLをコピーする

アンバサダーという言葉をご存知ですか。もともとは「大使」「使節」といった意味を持つ言葉ですが、ビジネスシーンでは広報や宣伝分野で使用されます。

この記事では、ビジネスにおけるアンバサダーの意味や例文、類義語を紹介します。

ビジネスにおけるアンバサダーとは、企業に任命されて商品の宣伝活動を行う人のこと

ビジネスにおけるアンバサダーとは、企業に任命されて商品の宣伝活動を行う広告塔としての役割を担う人を指します。「俳優の○○さんが○○アンバサダーに就任!」といった文言を見聞きしたことのある方もいらっしゃるのではないでしょうか。このように有名人をアンバサダーに起用し、キャンペーンの象徴として使用する例が多いほか、イメージキャラクターのような意味合いで使われることもしばしばあります。

アンバサダーとTVCMでの起用は異なります。二つの違いは、TVCMでの起用がCM出演が主な依頼であるのに対し、アンバサダーでの起用は商品・サービスを宣伝する「大使」に就任するという形を取っている点にあります。アンバサダーの起用はSNSなどの口コミ効果を狙ったもので、「アンバサダーマーケティング」と呼ばれています。
これは、アンバサダーがもともと、国を代表して他国に派遣される「大使」「使節」という意味を持っていることに由来します。

アンバサダーを使った言葉・例文

ブランドアンバサダー

ブランドアンバサダーは、企業に任命されて商品の宣伝活動を行う人のことです。一般的にビジネスシーンで使われる「アンバサダー」はブランドアンバサダーのことです。
しかし、ブランドアンバサダーは必ずしも芸能人だけに使われる言葉というわけではなく、企業から報酬をもらってSNSやYouTubeで商品を宣伝する人も含まれます。

【例文】

  • 自社のブランドアンバサダーを募集する。
  • 俳優の○○をブランドアンバサダーに起用する。
  • ブランドアンバサダーを起用して、自社の認知度向上を目指しましょう。

アンバサダーマーケティング

アンバサダーマーケティングとは、イメージキャラクターを広告塔として起用するマーケティング戦略のことです。俳優やスポーツ選手など影響力のある人が務めるほか、自社商品・サービスを普段から愛用している熱心なユーザーが務める場合もあります。

【例文】

  • 近年、アンバサダーマーケティングを取り入れる企業が急増している。
  • アンバサダーマーケティングのためにタレントと契約を交わす。
  • アンバサダーマーケティングで口コミ効果を狙う。

アンバサダーマーケティングについて詳しく知りたい方は、こちらの記事もご覧ください。

合わせて読みたい記事
アンバサダーマーケティングとは|活用のメリットや事例を紹介アンバサダーマーケティングという言葉はご存知ですか?これは、商品やサービスを愛用するユーザーに宣伝を行なってもらうための方法です。消費者...

アンバサダー契約

アンバサダー契約とは、商品の宣伝活動を行うアンバサダーとしての契約を指します。例えば、スポーツ選手が自分の活躍する分野のスポーツメーカーとアンバサダー契約を結ぶケースがよく見られます。このような場合、練習や大会で使用するウェアや靴などを自社から提供し、選手からの意見を製品開発に役立てたり、知名度の向上を狙ったりという「スポンサー契約」に近い意味となります。

【例文】

  • 水泳選手が水泳用品メーカーとアンバサダー契約を結ぶ。
  • アンバサダー契約の報酬を得る。
  • A社とのアンバサダー契約を締結した。

アンバサダーの類義語・例文

インフルエンサー

インフルエンサーはTwitterやInstagramなどのSNSや、YouTubeのようなWebコンテンツ上で多くのフォロワーを抱える、強い影響力を持つ人を指します。アンバサダーが現地に赴きイベントに参加したり、新商品の考案に携わったりするなど活動の幅が広いのに対し、インフルエンサーはあくまでSNSなどのコンテンツ上での活動にとどまる点が異なっています。

また、インフルエンサーが発信する情報を企業がマーケティングに活用することを「インフルエンサーマーケティング」と呼びます。

【例文】

  • 競合他社はインフルエンサーの囲い込みに必死だ。
  • フォロワーが100万人以上のインフルエンサーに仕事を依頼する。

エバンジェリスト

エバンジェリストは主にIT業界で使われる言葉で、技術的な課題やトレンドを社内外に開設し啓蒙する職種を指します。アンバサダーとエバンジェリストは、会社のことを広める役割であることは共通していますが、広めるものの対象が異なっています。

【例文】

  • エバンジェリストは、ITの分野で近年注目を集めている新しい職種だ。
  • SEの経験を活かせる転職先として、エバンジェリストが注目されている。

エバンジェリストについて詳しく知りたい方は、こちらの記事もご覧ください。

合わせて読みたい記事
エバンジェリストとは|具体的な活動内容・必要な能力を解説エバンジェリストは、IT業界で新しい職種として注目を集めています。とはいえ、エバンジェリストの役割や活動内容を具体的に知っている方は少な...

メッセンジャー

メッセンジャーとは、品物や伝言を送り届ける人のことを指します。メッセンジャーは「使者」「使節」と訳される場合もあり、アンバサダーと似ていますが、同じ意味として用いることはできません。

アンバサダーの役割は商品・サービスの魅力を広めることであり、品物や伝言を届けるメッセンジャーとは届けるものの対象が異なっています。

【例文】

  • 品物はメッセンジャーを使って送り届けました。
  • 配送業者はメッセンジャーを募集している。

ビジネススキル・知識おすすめの記事

2020年9月17日

【新人必見!】効率のよい仕事の進め方とは?手順に沿って紹介します

2020年3月24日

ビジネスにおける定量分析とは?定性分析との違いも解説

2018年10月1日

無料の営業日報用アプリ・ツール5選!課題を見える化して売上を伸ばそう