この記事は 2 分で読めます

メールでDMを配信するメリット・デメリットとは|配信のポイントも紹介

URLをコピーする

メールを使ったDMの配信を検討しているけれど、他の媒体を使ったDMと比べどのようなメリットがあるのか分からない、という方もいらっしゃるのではないでしょうか。今回は、メールでDMを配信するメリット・デメリットと配信のポイントを紹介します。

DM(ダイレクトメール)とは、個人や法人に直接送る商品・サービスに関する広告のこと

DM(ダイレクトメール)は、個人や法人に対して自社の商品・サービスの広告を直接送ることができるため、多くの企業でマーケティング方法の一つとして利用されています。どの媒体でDMを送るかによって成果に直結するため、各媒体のメリット・デメリットを理解して使い分けるとよいでしょう。

また、TwitterやInstagramなどのSNSで用いられる「DM」はダイレクトメッセージと呼ばれ、内容を問わず直接ユーザーにメッセージを送る機能のことです。DM(ダイレクトメール)とは異なります。

DM(ダイレクトメール)の種類

・メール
大量のDMを一度に送信できるため、直近のイベントやキャンペーンの告知など緊急の案件に向いています。ただし、迷惑メールと間違われ開封されないことがあります。

・紙媒体(封書・はがき)
伝えられる情報量が多いため、案内状やカタログ、新商品のサンプル送付などのDMに適しています。作成コストが高く作成に時間がかかるため、費用対効果のバランスをとらなければなりません。

・FAX
低コストでDMが送信できます。FAX機が置いてあることが多い法人に向けた告知や案内に向いています。ただし、受け取る側にも受信料やインク代がかかるため、クレームにつながる可能性があります。

ダイレクトメールの効果的な活用法は、以下の記事をご参照ください。

合わせて読みたい記事
ダイレクトメール(DM)の効果的な活用法とは?【反応率アップ】皆さんは、ダイレクトメールを効果的に活用できていますか?ダイレクトメールは、うまく活用することで大きな成果を生みますが、工夫が足りなけれ...

インターネットが発展した今日では、より多くの情報提供が行えるホームぺージを利用した営業方法が主流になってきました。ホームページへの集客が重要視されているため、ホームページに直接誘導ができるメールでのDM配信が注目されています。

メールでDMを配信するメリット

作成コストが抑えられる

メールDMは、封書やはがきと異なり紙を使用する必要がないため、コストが抑えられるというメリットがあります。また、パソコンと顧客リストのメールアドレスがあれば、大量のメールを一斉に送信できるため、費用対効果も得られます。

短期間で配信できる

メールでのDM配信は、紙媒体やFAXDMと違いテキストで配信することが多いため、原稿のレイアウトやデザインをあまり考える必要がなく、企画から送信までの時間が短いというメリットがあります。そのため、緊急の告知や直近のキャンペーン、イベントの案内が迅速に行えます。

効果測定ができる

紙媒体やFAXDMでは、DMをどの程度の人数が見てくれたのかを測ることはできません。しかし、メールDMは、アクセス解析ツールを入れることでメールの開封率や閲覧数などの効果測定ができます。

また、購入率やリピート率、DMに対してのレスポンスの量などを明確に測定することで、得られたデータを元に効果的なマーケティング施策の立案につなげられます。

Webページへの誘導が容易に行える

メールDMは、Webページと連携することで、より多くの情報が伝えられるというメリットがあります。インターネットが発展した今日では、Webページと連携することでより多くの情報提供が行える、Webページを利用した営業方法が主流になってきました。そのため、本文にホームページや商品・サービス情報ページのURLを記載しておくことでWebページにワンクリックで誘導できる、メールでのDM配信が注目されています。

メールでDMを配信するデメリット

開封率が低い

メールDMは、紙媒体やFAXDMと比べ開封率が低いというデメリットがあります。近年、セキュリティ対策が強化されているため迷惑メールと判断されてしまい開封されないまま削除されることもあります。

ターゲットが限定される

メールDMは、メールアドレスを知っている相手にしか配信できません。配信相手が限定されるため、ターゲットに偏りが生じる点に注意が必要です。

見込み顧客獲得につながるメールDMのポイント

開封されやすい件名をつける

メールDMを配信し見込み顧客の獲得につなげるには、まずメールを開封してもらわなければなりません。メールの開封率を上げるには、開封されやすいよう相手の興味を引く件名をつけることが重要です。

具体的には、「〇〇にお住まいの方限定」「今だけ!無料相談会開催中」「○個限定!」など限定性や希少性のあるタイトルをつけ、相手に特別感を与えることが大切です。その他、商品・サービスを使用することで得られるメリットやベネフィットを入れると効果的です。

メール配信サービスを利用する

メールDMは自社の顧客リストを使い送信できますが、自社の顧客リスト以外に向けて一斉に配信したい場合には、メール配信サービスを利用するとよいでしょう。メール配信サービスは、ターゲットの年齢や性別、居住地などをリスト化し効果的にDM配信が行えます。

営業おすすめの記事

sales-list-image

2020年2月10日

営業リストの作成方法と運用方法を徹底解説 | 成功事例も紹介

2020年2月3日

テレアポが成功しやすい時間帯・時期って?業種別に解説します

2018年5月18日

「潜在顧客」と「見込み顧客」の違いは?最適なアプローチを理解しよう