この記事は 3 分で読めます

コンピテンシーとは|関連用語や人事での活用方法を紹介

URLをコピーする

コンピテンシーという言葉をご存知ですか?近年、コンピテンシーは人事活動での導入が注目されています。今回は、コンピテンシーの意味と関連用語に加えて、人事での活用方法を解説します。

コンピテンシーとは、業績の高い人物に共通した行動特性のこと

コンピテンシー(competency)とは、高い業績をあげる人物に共通して見られる行動特性のことです。具体的な行動や知識・スキルだけでなく、行動につながる性格や価値観のような潜在的な特性も指します。コンピテンシーは人材育成や人事評価、採用面接で活用されています。

コンピテンシーが注目されている背景

コンピテンシーという言葉は1950年代に生まれた心理学用語です。1970年代にハーバード大学のマクレランド教授が実施した外交官に関する研究で、採用時のテストの成績と配属後の実績には相関がなく、高い業績をあげる人には共通した行動特性が見られるという結果が得られたことから、人事用語として広まりました。

近年では、評価制度が年功序列から成果主義になっています成果主義では実績だけでなく、実績をあげるための行動ができているかを評価対象に入れる必要があるため、コンピテンシーが注目されています。

また、社会の少子高齢化による人材不足や、技術の発展による環境の急激な変化から、社員一人ひとりの生産性向上が求められています。各社員がコンピテンシーに基づいた行動をとる重要性が増していることも、コンピテンシーが注目されている理由です。

コンピテンシーの項目を分類した「コンピテンシーディクショナリー」

コンピテンシーは職務や役割によって必要な特性が変わります。必要なコンピテンシーを知るには、「コンピテンシーディクショナリー」が役に立ちます。
コンピテンシーディクショナリーとは、コンピテンシーの研究を行うライル・スペンサー氏およびシグネ・スペンサー氏が『コンピテンシー・マネジメントの展開』の中で提唱したものです。コンピテンシーディクショナリーでは、コンピテンシーの一般的な項目が以下の6領域20項目に分類されています。人事評価などに使うときは職種や役職に合った項目を選びましょう

領域 項目
達成行動 達成思考
秩序・品質・正確性への関心
イニシアチブ
情報収集
援助・対人支援 対人理解
顧客支援指向
インパクト・対人影響力 インパクト・影響力
組織感覚
関係構築
管理領域 他者育成
指導
チームワークと協力
チームリーダーシップ
知的領域 分析的志向
概念的志向
技術的・専門職的・管理的専門性
個人への効果性 自己管理
自信
柔軟性
組織コミットメント

コンピテンシーの関連用語

コア・コンピタンス

コア・コンピタンスとは、企業の中核となる強みのことで、他社には真似できないような差別化ポイントを指します。ホンダのエンジンやナイキのブランド力などがコア・コンピタンスに当たります。

コンピテンシーとコア・コンピタンスは高い実績を上げるための特徴という点で類似していますが、コンピテンシーは人物の行動特性、コア・コンピタンスは企業の強みを指す点で異なります

スキルとアビリティ

スキルとは、特定の分野に対する高度な技術のことを指します。経験やトレーニングを通して身につけることのできる、熟練した技術とも言えます。
一方で、アビリティはものごとを上手く行う力量や能力を表します。身につける技術だけでなく、生まれつきの才能も指しますが、スキルほど高度な技術であることは求められません。

スキルとアビリティは技術や能力そのものを意味しますが、コンピテンシーはスキル・アビリティを発揮するための行動特性を指す点で異なります

コンピテンシーの活用方法

人材育成:パフォーマンスの高い行動特性を共有できる

コンピテンシーは人材の育成に活用できます。自社におけるパフォーマンスの高い行動特性を共有することで、各社員は業績を上げるためにどのような行動をすべきかが分かります。そして、社員がコンピテンシーを意識した行動をとるようになるため、全社員の生産性が効率的に上がります

人事評価:客観的な指標で正当に評価できる

コンピテンシーに基づいた人事評価を行うことで、客観的な指標による正確な評価が可能になります。また、上司の好みや相性に評価方法が左右されることがなく、評価の透明性を保てるため、社員は高いモチベーションで業務に取り組めます。コンピテンシーを用いた評価方法を「コンピテンシー評価」と呼びます。

コンピテンシー評価については、以下の記事をご覧ください。

合わせて読みたい記事
コンピテンシー評価とは?メリット・デメリットと実践方法を解説コンピテンシー評価という言葉をご存知ですか?これは、従来の人事評価とは異なるメリットがある手法として近年広まっています。この記事では、コ...

採用面接:実績を出す可能性の高い人材を採用できる

コンピテンシーをもとに採用面接を行えば、パフォーマンスの高い人に共通する性格・価値観を持った人材を採用できます。採用面接では基準の設定や見極めが難しいため、コンピテンシーを導入することで可否の判断が容易になります。実績を出す可能性の高い人材を採用できるだけでなく、人事担当者の負担を減らせる点もメリットです。

経営・マネジメントおすすめの記事

2020年3月12日

魅力的なブランドコンセプトとは?事例や作る際のポイントを紹介!

2018年8月8日

無料のグループウェア5選!求める機能に応じて選ぼう

2018年7月5日

ニッチ市場とは?戦わないことで成功した企業の事例を紹介