この記事は 3 分で読めます

ヒューリスティック分析を解説|注意点やメリット、分析手順も紹介

URLをコピーする

「ヒューリスティック分析」はご存知ですか?これは、Webサイトやアプリがユーザーにとって使いやすいものかを確認し、改善するために用いられる分析方法です。

今回は、ヒューリスティック分析の注意点やメリット、分析手順を解説します。

ヒューリスティック分析とは、専門家が経験値によってWebサイトやアプリを評価する分析方法

ヒューリスティック分析とは、UI・UXの専門家がその経験値によってWebサイトやアプリを評価する分析方法です。専門家が設計図を確認し、実際に利用することで改善点を洗い出します。その改善点を元に、ユーザーにとって使いやすいWebサイトやアプリの作成につなげます。

代表的なWebサイトの分析方法の特徴は、以下の通りです。

メリット デメリット
ヒューリスティック分析 価格と時間などのコストが抑えられる
競合に関する分析も行える
定量で分析するため根拠が乏しい
ユーザー調査 自社・競合両方の分析が可能
ユーザーの声を元に仮説が導きだせる
コストがかかるためテーマを絞らなければならない
アクセス解析 データーを元に確かな根拠を示すことができる 自社の分析しかできない

ヒューリスティック分析は、客観性を持たせるため複数人で行うとよい

ヒューリスティック分析は経験則による分析であるため、分析者の知識や経験が大きく影響するという点を理解しておかなければなりません。客観性を持たせるためには、複数人の評価者を用意して総合的に判断し、評価者の中でも経験豊富な専門家が資料にまとめましょう。

ヒューリスティック分析のメリット

分析コストが抑えられる

ヒューリスティック分析は、過去のデータや資料などを集める必要がなく効率がよいため、時間のコストが抑えられるというメリットがあります。また、Webサイトやアプリをテストするためのユーザーを用意する必要がないため、手間や金銭的なコストも抑えられます。加えて、アクセス解析ツールの埋め込みなど技術的な作業も必要ないため、分析者の予定を調節するだけで分析が始められます。

ただし、ヒューリスティック分析を外部に委託する場合には分析コストがかかります。分析コストが抑えられるというメリットは、あくまで「ヒューリスティック分析できる経験者が社内にいること」が前提という点を理解しておかなければなりません。

アクセス解析に対して定性的な根拠を示せる

ヒューリスティック分析は、アクセス解析やデータに対して定性的な根拠を示せるというメリットもあります。例えば、アクセス解析を行い閲覧人数が少ないことが分かれば、「なぜ閲覧人数が少ないのか」を、ヒューリスティック分析を用いて導き出すことができます。

ヒューリスティック分析の手順

1. 調査の前提条件を明確にする

ヒューリスティック分析を行うには、まず調査の前に前提条件や対象範囲を明確にしなければなりません。前提条件を決める時には、分析にかかる時間や予算などコストを考慮し決定しましょう。

事前に明確にしておくべき前提条件は、以下のようなものがあります。

  • Webサイトやアプリの運営目的
    商品購入につなげるのか、会員登録数を増やすのかなどWebサイトによって何を達成するのかを明確にします。
  • ターゲット
    どのようなユーザーを対象にしており、どのようなニーズを満たしたいのかターゲットに関する情報も明確にします。
  • 分析の対象範囲
    時間やコストを考慮し分析の対象範囲を設定します。成果に直結するページや課題があるぺージを優先的に分析します。
  • 競合サイトやアプリ
    競合と比較し自社Webサイトの課題点を洗い出します。
  • 対象端末
    パソコン向けのWebサイトだけでなく、スマートフォンやタブレット端末向けのWebサイトなど、どこまで分析対象とするのか検討します。

2. 分析項目を設定する

次に、Webサイトのデザインや操作性、ページの構造などユーザーにとって使いやすく有用であるかチェックできる分析項目を設定します。項目を設定する際には、UX(Webサイトから得られる経験や体験)とUI(Webサイトとユーザーの接点)の観点から指標を設定するとよいでしょう。

UX・UIの詳細は、以下の記事をご参照ください。

合わせて読みたい記事
UIとは?UXとの違いやUIデザインを設計するポイントを紹介近年、UIやUXという言葉を耳にする機会が増えましたが、2つの違いや意味を知っていますか? 今回はUIの意味や、UIデザインを設計...
合わせて読みたい記事
UXとは?UIとの違いやUX向上のポイントについても説明UXという言葉を聞いたことはありますか?これは、ユーザーに選んでもらうサービスを作るためにとても重要です。 今回は、UXの意味や、...

3. 分析を行い課題を洗い出す

分析項目を元に課題点を洗い出し、結果をまとめましょう。分析結果を出すだけでなく、どうすれば問題が解決できるのか改善策を合わせて検討することが重要です。

また、ヒューリスティック分析は経験則を元にした分析方法であるため、分析者の主観が結果に影響する場合があります。そのため、前提条件を詳細に決めておくことが重要です。必要であれば外部機関への依頼も検討しましょう。

マーケティングおすすめの記事

2020年7月22日

【マーケティングに必須】市場分析とは?フレームワークも併せて紹介

2020年4月28日

製品戦略(プロダクト戦略)とは?具体的なフレームワークも紹介

2018年8月1日

無料のマーケティングオートメーション(MA)ツール4選!簡単に使いこなそう