この記事は 3 分で読めます

PoC(概念実証)とは|実施する目的やフロー、具体的な事例も解説

URLをコピーする

PoCとは何かご存知ですか?PoCとは「概念実証」とも呼ばれる言葉で、新しいアイデアを実現するために重要な取り組みです。
今回は、PoCの概要や目的に加えて、実施するときのフローや具体的な事例も紹介します。

PoC(概念検証)とは、新たなアイデアの実現可能性を検証すること

PoC(概念実証)とは「Proof of Concept」の略で、新たなコンセプトやアイデア、技術が実現可能かどうかを確かめる取り組みのことです。また、新しい理論や原理の有効性を証明する際にもPoCが行われます。

ビジネスでのPoCは、新規事業を立ち上げるときに「利益を出す見込みがあるか」「計画実行の資本はあるか」などを確認するために実施されることが多いです。PoCでは、計算などの机上での議論には留まらず、簡易的で小規模な実装や試作を行い、事業として成立する見込みがあるかを確かめます

PoCと似た言葉に、「実証実験」「プロトタイプ」があります。実証実験は問題点の洗い出しを目的としたものを指す場合が多いですが、PoCの目的にも問題点を見つけることが含まれるため、正確な線引きは難しいです。
一方、プロトタイプは方向性が固まってから作る試作品のことで、ユーザーの声を聞きながら修正するために作成されます。PoCによって実現可能性が証明された後、製品開発と同時にプロトタイプは作成されます。

プロトタイプに関する詳細は、以下の記事をご覧ください。

合わせて読みたい記事
【基本解説】プロトタイプとは|種類や作成する目的を紹介しますプロトタイプという言葉を聞いたことがある方は多いかと思います。しかし、プロトタイプに種類があることや、プロトタイプを作る目的を知っている...

PoCは医薬品業界やIT業界、研究機関で実施されることが多い

医薬品業界では、新医薬品の候補となる物質を対象にPoCを行います。物質をヒトや動物に投与し、効用や安全性が確保されると新薬の開発に移行できます。

IT業界では、新規事業が技術的に実現可能であるかを検証するためにPoCを実施します。Webシステムの開発が期限内に終わるのか、想定できるバグを解決するリソースはあるか、などを検証して実現可能性を確かめます。

研究機関では、新しい理論やアイデアが現実で適用できるか、社会の役に立つものであるかをPoCで検証します。また、開発コストが予算内に収まるかどうかも確かめます。

PoCを実施する目的

開発リスクを低減するため

PoCは、小規模で開発や試験を行うため、最小限のリソースで実施することができます。そのため、事業に実現可能性がないと分かっても、多大な損失を出すことなく打ち止めできます。もし、技術面や安全面などの実現可能性を検証せずに、大規模な開発に取り掛かってしまい途中で実現できないと分かれば、それまで割いてきたリソースを全て無駄にしてしまいます。

PoCによって机上の議論だけでは想定できないような問題点を見つけることが、開発リスクの低減につながるのです

コストと効果を検証するため

PoCでは、新しいアイデアを実現する際にかかるコストや、実現した際に見込める効果を検証します。どれほど素晴らしいアイデアでも、実現するための経営資産が足りない場合はそもそも実現できません。実用化できても需要がない場合には、それまでの投資を無駄にし、これ以降も期待がないとして打ち止めせざるを得ない状況に陥ります。

そのため、PoCで見込まれるコストや効果を検証し、投資する価値があるかどうかを確認しておくことが重要です。また、あらかじめPoCによって実現可能性を証明しておくことで、その事業への投資を受けやすくなります。途中で打ち止めになるリスクがなく効果も期待されるため、投資家や投資会社に投資する価値を示せるのです。

具体性を追求するため

実現可能性の検証とともに、「どのように実用化させるか」という具体性を追求することもPoCを実施する目的の1つです。抽象的なイメージだけで議論するのではなく、小規模な開発での実践を通して、実用化までの具体的な方針を見据えることができます。具体的な方針がイメージできれば、目標や計画を容易に決めることが可能となります。

また、PoCによって実用化までの具体的な工数が分かり、必要とされるおおよその期間も想定できます。アイデアが実現したときに、そのアイデアは未だ画期的であるか、評価されるものであるかを検討することも可能でしょう。加えて、具体的な問題点も見つかるため、大規模な開発に取り掛かる際に修正を加えながら進められます。

PoCを実施するときのフロー

PoCを実施するときは、4段階のフローに従います。

  1. PoCの目的を決める
    まず、「自社に実現するための技術はあるかを検証する」「コストと効果を検証してアイデアの有効性を確かめる」など、どのような面でアイデアの実現可能性を示すのかという明確な目標を決めます。あくまでPoCはアイデアを実現するために行うものなので、PoCを実施することを目標と捉えないようにしましょう。
  2. PoCの実施方法を検討する
    目標を決めたら、次にPoCの実施方法を検討します。アイデアをどのように実用化まで持っていくのか、具体的な方針を定めましょう。PoCの実施方法は、小規模で迅速に取り掛かれるものであると同時に、実際に開発を行うときと同じ条件であることが重要です。
  3. PoCを行う
    PoCの実施方法が決まれば、PDCAサイクルを回しながらPoCを行います。
  4. 効果測定によって改善を進める
    PoCを実施しながら効果測定を行い、適宜改善を進めていくことが重要です。

PoCを実施した事例

BOLDLY(ソフトバンク)

(出典:https://www.softbank.jp/drive/service/demonstration/

BOLDLYとは、ソフトバンクが実施しているPoCで、路線バスの自動運転が実現可能であるかどうかを検証しています。初めはテーマパーク内やイベントでの走行を確認し、現在では自動運転用の公道での走行にも成功しています。また、実際に人を乗せての走行も実施しています。

スマート農業実証プロジェクト(農林水産省)

(出典:https://www.affrc.maff.go.jp/docs/smart_agri_pro/smart_agri_pro.htm

スマート農業実証プロジェクトとは、農林水産省が実施するPoCであり、ロボットやAI技術の農業進出を試みています。人手不足が問題化している農業界で、日々の作業を自動化することは可能かどうかを検証しています。現在、技術面を実証するとともにコストや効果を検証中です。

ビジネススキル・知識おすすめの記事

2020年9月17日

【新人必見!】効率のよい仕事の進め方とは?手順に沿って紹介します

2020年3月24日

ビジネスにおける定量分析とは?定性分析との違いも解説

2018年10月1日

無料の営業日報用アプリ・ツール5選!課題を見える化して売上を伸ばそう