ビジネスモデル

上手なアウトソーシング(外部委託)の活用法とは?【BtoB向け】

近年、人手不足や働き方改革によって「アウトソーシング(外部委託)」が注目されています。アウトソーシングを利用することで、コストの削減や外部の専門的なスキルを活用できるというメリットがあります。

今回は、アウトソーシングのメリット・デメリットや実際の活用法を紹介します。

アウトソーシングとは、業務の一部を外部へ委託すること

アウトソーシングとは、自社の業務の一部を外部の専門的なノウハウを持つ業者へ委託することを指します。「アウト」は社外、「ソーシング」は資源の利用を意味しており、社外の資源を利用するということです。また、外部委託とも言われます。
業務の専門性が高いため自社で行うことが難しかったり、コストを削減したりする際などに活用されます。

アウトソーシングを活用するメリット

自社のコア業務に注力することができる

自社の中でルーティンとなっている業務をアウトソーシングすることで、社員が本来やるべき、重要な業務や自社でしかできないコア業務に注力できます。

例えば、採用候補者の管理や面接のスケジュール調整といった人事業務や、給与計算を行う労務業務をアウトソーシングすることで、社内の担当者は採用戦略の考案などのコア業務に時間が割けるようになります。

専門的なノウハウ・スキルを活用することができる

アウトソーシングを活用することで、自社にはない専門的なノウハウ・スキルを活用できます。例えば、ITに関する業務や社員の研修などは専門性が高く、自社でこれらに対するノウハウ・スキルを取得するには、多大なコストがかかります。
しかし、業務をアウトソーシングすることで、それぞれのプロのノウハウ・スキルを活用できます。また、常に最新の技術を活用でき、業務自体の質も担保されるでしょう。

コストを削減することができる

アウトソーシングは業務委託費用だけで活用できるため、全体的なコストダウンが可能です。専門スキルを持つ人材を自社で採用・育成するには、多大な時間と費用がかかります。ただし、アウトソーシングを活用すると、自社で雇用せずとも案件に関するコスト、つまり外注費のみ払えばよいのです。経営者にとっては、繁忙期のみ外注費を払い、必要がない期間はアウトソーシングも減らし無駄なコストを削減できます。

アウトソーシングを活用するデメリット

社内情報の漏洩リスクがある

アウトソーシングを行うと業務の一部を外部に委託するため、社内のデータを提供することになります。取り扱いに注意しなければ、企業秘密・従業員情報などの重要な情報が流出してしまうおそれもあります。

情報の漏洩リスクを考慮した上で、アウトソーシング先の企業の選定を行いましょう。

社内にノウハウ・スキルが蓄積されないおそれがある

業務を外部に委託することで、専門性の高い業務のノウハウやスキルが社内に蓄積されないおそれがあります。そのため、契約の終了などが起こった場合、社内で対応できなくなってしまいます。また、外部に任せっきりであると自社の社員の成長も見込めません。

アウトソーシングを行う業務でも委託先の企業と情報共有を行いましょう。

アウトソーシングの企業例と活用法

アウトソーシングは様々な業態で活用されています。そのため、専門的なノウハウやスキルを持った企業が存在します。
業態別の代表的なアウトソーシング企業例を紹介します。

採用アウトソーシング:株式会社ONE

(出典:https://one-group.jp/humanresource/outsource/index.html

採用アウトソーシングとは、自社の採用活動を外部の企業に代行してもらうことです。採用活動は、応募者の管理や面接日時の調整など様々なプロセスが存在します。これらの採用活動を委託することで、合否の判断や人事戦略を練るなど優先すべき重要な業務に集中できます。そのため、「人事担当の人材を確保できない」場合に活用するといいでしょう。

物流アウトソーシング:株式会社SBSロジコム

(出典:https://www.sbs-logicom.co.jp/

自社で対応していた梱包や配送などの物流業務を、外部企業に委託することを物流アウトソーシングと言います。EC事業を展開する企業などは物流アウトソーシングを活用することで、トラックや物流センターの固定資産を持たずとも事業を行えます。

法人営業アウトソーシング:株式会社EXECUTIVE

(出典:https://www.executive.jp/index.php

法人営業アウトソーシングとは、自社の営業活動を外部委託することを指します。営業活動の専門的なノウハウを利用し、売上の向上や組織の課題解決へ導きます。自社の営業活動に関する課題を明確にし、法人営業アウトソーシングを活用することで何が解決できるのかを見極める必要があります。

ITアウトソーシング:株式会社ロココ

(出典:https://www.rococo.co.jp/

IT関連の業務を外部委託することをITアウトソーシングと言います。業務の一部をアウトソーシングする場合や、自社に常駐してもらう形でサポートを受ける場合もあります。また、コールセンターのアウトソーシングも含まれます。顧客の対応を外部へ委託することで、社内のITに関するコア業務に集中できます。自社の課題に合わせて、サービスの形態を選びましょう。

 

まとめ

いかがでしたか?

アウトソーシングとは、自社の業務の一部を外部の業者へ委託することを指します。メリット・デメリットをそれぞれ照らし合わせ、効果的に活用できるかを考えましょう。様々な業態のアウトソーシングが存在するので、自社の課題に合わせて探してみてください。

新規営業の業務効率化にお困りではありませんか?
3万社以上が活用する企業情報サービスで、時間や手間を削減しましょう!