この記事は 2 分で読めます

バーティカルメディアの特徴とは?特化型メディアのメリットを解説

URLをコピーする

バーティカルメディア」というメディアの種類をご存知ですか?
キュレーションメディアやオウンドメディアなど様々なメディアの中でも、専門性の高い特化型メディアとしてメディアの運営企業に注目されています。

今回は、バーティカルメディアの特徴や運営によるメリットを解説します。

バーティカルメディアとは、特定の分野に特化したメディアを指す

バーティカルメディアは、料理や旅行などのカテゴリ、主婦やビジネスパーソンなどのターゲットに特化して、専門性の高い情報を提供するネットメディアを指します。バーティカルメディアの代表的な例として、「クックパッド」や「ホットペッパービューティー」などがあります。

他の有名なメディアの種類として、オウンドメディアキュレーションメディアが挙げられます。オウンドメディア企業が自社の得意な分野に特化した情報を提供して、自社のサービスや商品などを知ってもらうことが目的のメディアです。また、キュレーションメディアすでに他のサイト等で公開されている情報などを要約して公開しているメディアを指しています。

バーティカルメディアが狭く深い情報を提供するのに対して、キュレーションメディアは広く浅い情報を提供するのが特徴です。

オウンドメディアやキュレーションメディアに関する詳しい説明は、以下の記事を参考にしてください。

合わせて読みたい記事
自社で所有する「オウンドメディア」のメリット・デメリットを紹介「オウンドメディア」について知っていますか?情報を発信するために自社で所有しているWebサイトやブログ、カタログなどを指します。トリプル...
合わせて読みたい記事
キュレーションメディアとは?ジャンル別主要サイトをご紹介します皆さんは「キュレーションメディア」をご存知ですか?「キュレーションメディアという言葉は知っているけど、どんなものかわからない」という方も...

バーティカルメディアの特徴

ターゲットとなるユーザーのみが集まる

バーティカルメディアは専門性の高い情報を提供するため、サイトを訪れるユーザーもその分野に精通している人や、興味を持っている人が多くなります。例えば、料理に関する知識やコラムに特化したバーティカルメディアを訪れるのは、料理に興味がある人や主婦などが多くなります。一方で、キュレーションメディアの場合、料理以外の情報も載せているため、関心度が低いユーザーが訪れることも多くあります。

そのため、企業が知名度の向上や自社商品の宣伝を目的にメディアを運営したい場合は、バーティカルメディアの方が顕在層と潜在層にピンポイントで訴求できます

ユーザー同士がコミュニティを形成しやすい

バーティカルメディアにはメディアの領域に関心がある人が集まるため、メディア内でユーザー同士、あるいは運営企業とユーザー間でコミュニティを形成しやすくなります。メディアを訪れるユーザーにとっては、自分と同じ関心や悩みを共有しやすい環境があり、その分野に精通した企業がメディアを運営しているため、おのずとメディアへのロイヤリティが高くなります。また、運営企業としても関心度が高いユーザーが多いため、ユーザーとのコミュニケーションが円滑に進みやすいというメリットがあります。

このことから、バーティカルメディアではキャンペーンやPR活動をユーザーと接点が持ちやすい環境の中で実施できます

ユーザーのニーズの発見に活用しやすい

バーティカルメディアでは、関心度の高いユーザーがサイトの閲覧や商品の購買などを行うため、ユーザーのニーズを汲み取りやすいという特徴があります。また、会員制のコンテンツを提供することでユーザーの年齢や職業、属性などの詳細なデータを収集でき、顧客に関する詳細な情報を入手できます

このように、ターゲットの把握やそれぞれのニーズを発見しやすくなるため、新たな企画や戦略が生み出しやすくなります。加えて、試験的にメディアのユーザーにリリースすることで、市場に投入する前のテストも実施できます

高品質な情報を提供しやすい

バーティカルメディアは他のメディアと違って、特定の分野に特化した情報を提供しているため、運営企業の専門性を十分に発揮できるというメリットがあります。そのため、一般的なユーザーに配慮する必要がなく、存分に自社の専門性や独自性などの強みを発揮でき、専門性や熱量の高いユーザーに自社をアピールできます。

バーティカルメディアを運営するメリット

関心度の高いユーザーに効率よくアプローチできる

バーティカルメディアはその専門性の高さから、そもそも関心度が高いユーザーが訪れやすい傾向にあります。そのため、他のWeb広告などのマーケティング活動を通した集客よりも、質の高いユーザーが自ら集まって来やすい傾向にあります

また、自社の専門分野に関するメディアの作成費用は比較的低いと考えられるため、バーティカルメディアを通したPR活動は効率的であると言えます。

ブランディング、テストマーケティングがしやすい

競合メディアが少ない領域のバーティカルメディアを運営する場合、「料理のレシピを探すならクックパッド」のように、効果的なブランディングが行える可能性があります。また、関心度とメディアへの信頼度が高いユーザーが繰り返しメディアを訪れることから、広告やイベントなどの試験的な施策を実施する、テストマーケティングが行いやすくなります

広告主を集めやすい

バーティカルメディアが十分な規模に成長すると、集客力やユーザーの熱狂度合いが評価され、メディアでの広告を掲載を希望する企業が集まりやすくなります。広告主を獲得することで、メディアの運営を通じて安定的な収益を上げられるようになります。

マーケティングおすすめの記事

2020年7月22日

【マーケティングに必須】市場分析とは?フレームワークも併せて紹介

2020年4月28日

製品戦略(プロダクト戦略)とは?具体的なフレームワークも紹介

2018年8月1日

無料のマーケティングオートメーション(MA)ツール4選!簡単に使いこなそう