この記事は 3 分で読めます

フロービジネス・ストックビジネスとは|メリット・デメリットを紹介

URLをコピーする

「フロービジネス」という言葉はご存知ですか?聞いたことはあるけれど、詳しくは分からないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

今回は、「フロービジネス」と併せて用いられる「ストックビジネス」の概要とメリット・デメリットを紹介します。

フロービジネスとは、1回の取引ごとに収益を上げるビジネスモデルのこと

フロービジネスとは、顧客との関係が1回で終わり、取引ごとに収益を上げるビジネスモデルのことを指します。顧客との関係が1回限りであるため、継続的な利益は得られないという点が特徴です。フロービジネスには、飲食業界や小売業界、不動産業界や士業の単発契約などが該当します。

フロービジネスのメリット・デメリット

メリット:収益を得るのに即効性がある

フロービジネスには、開業後収益を得るのに即効性があるというメリットがあります。例えば、飲食店や小売店の新規開業の際、オープンセールを実施することで集客が見込めるため、開店直後でも短期間で多くの収益が上げられます。開業して短期間で収益を上げられるため、運転資金を確保しながらの経営が可能な点が特徴です。

メリット:大きな収益が得られる可能性が高い

フロービジネスには、大きな収益を得られる可能性が高いというメリットがあります。収益を得るまでの即効性が高いため、商品が売れれば売れるほど収益につながります。また、自動車業界や不動産業界などでは、1度の取引が数千万円から数億円になる場合もあります。

デメリット:継続性が低く収益が安定しにくい

フロービジネスは、1度商品やサービスを購入しても、その後購入し続けてくれるとは限らないため、収益の継続性が低く安定しにくいというデメリットがあります。季節や一時的な流行、競合店舗の存在など様々な外的要因により売上げが左右されるため、収益の安定性が低いと言えます。

ストックビジネスとは、継続的にサービスを提供し収益を上げるビジネスモデルのこと

ストックビジネスは、継続的に商品やサービスを提供することで、長期的に収益を上げるビジネスモデルです。フロービジネスと異なり、顧客との関係が継続的という点が特徴です。ストックビジネスには、定額動画配信サービスや携帯電話サービス、インフラ事業や顧問型の士業などが挙げられます。

ストックビジネスの例

代表的なストックビジネスの例には、以下のものが挙げられます。

ビジネスタイプ 具体例
賃貸型 不動産賃貸、月極駐車場、レンタルオフィス、有料老人ホーム
教育型 塾、家庭教師、英会話スクール、幼児教室、パソコン教室、料理教室
保険型 生命保険、医療保険、自動車保険、火災保険、損害保険、積立型保険
インフラ型 電気、電話回線、インターネット回線、携帯電話の基本使用料金、ケーブルテレビ料金
定期購入・
定期契約型
新聞、定期購読サービス、定額音楽配信サービス、オンデマンド動画配信サービス、弁当宅配サービス、消耗品の定期購買
リース型 ウォーターサーバー、オフィスプリンター、カーリース、カーシェアリング、携帯電話の分割代金
メンテナンス型 置き薬、ビルメンテナンス

ストックビジネスのメリット・デメリット

メリット:収益の安定性が高い

ストックビジネスの1番のメリットは、収益の安定性が高い点が挙げられます。フロービジネスと違い、季節や流行などの外的要因に売上げが左右されにくいため、一定の顧客を確保することで確実に収益につなげられます。

メリット:営業活動が効率化しやすい

ストックビジネスでは、顧客と一定の関係が維持されるため営業活動が効率化しやすいというメリットもあります。新規顧客を獲得するコストは、既存顧客を維持するコストの5倍かかるという「1:5の法則」が示すように、営業活動を効率化し既存顧客を維持することで収益の安定につながります。

デメリット:収益を上げるまで時間やお金がかかる

ストックビジネスは、安定した収益を得て資産を蓄積するために一定の顧客を獲得しなければなりません。そのため、収益を上げるまで時間やお金がかかるというデメリットがあります。一定の顧客を獲得するまでの仕組みやインフラを整えるためには、時間や十分な資金が必要であることを考慮しておきましょう。

自社の戦略に応じてフロービジネスとストックビジネスを使い分けるとよい

企業の経営を安定させるためには、フロービジネスとストックビジネスそれぞれのメリット・デメリットを理解し、自社の商品・サービスや戦略に応じて使い分けなければなりません。

例えば、駐車スペースを時間単位で貸し出すフロービジネスと、月極駐車場として貸し出すストックビジネスを組み合わせるビジネスモデルもあります。また、ストックビジネスで一定の収益を維持しながら、フロービジネスで新しい業界に参入するケースも見られます。

経営・マネジメントおすすめの記事

2020年3月12日

魅力的なブランドコンセプトとは?事例や作る際のポイントを紹介!

2018年8月8日

無料のグループウェア5選!求める機能に応じて選ぼう

2018年7月5日

ニッチ市場とは?戦わないことで成功した企業の事例を紹介